HSPとクリスタルチルドレン⑬ HSPの女性は性欲が強い?

HSPを自覚する女性には、複雑な戸惑いを抱く人が多いかもしれません。

HSPの特徴が出る人には、天使系のクリスタルチルドレンが多いです。

そして天使の魂を持つ女性は、性欲の強い人が多いです。生まれつき、体質的に膣が濡れやすく、性的な快感を感じやすいのです。



男性が怖いがセックスがしたい、という戸惑い。

HSPの女性には、男性の粗暴さを怖い・不快と感じている人が多いでしょう。または男性たちの汗や臭いが苦手で、あまり近づきたくありません。

しかし、体質的に膣が濡れやすいため性的快感は知っており、「セックスがしたい」「恋人が欲しい」といった恋愛欲求は強く抱きそうです。


または、もっと複雑な性観念になってしまうかもしれません。



過激なセックスへの好奇心。でも男性は怖い。

HSPの繊細気質で男性が怖いと感じており、恋愛に消極的になります。しかし性欲が募るので、スマホでレディコミやセクシーな少女漫画、萌え漫画などを見て、自分で性欲処理をするでしょう。

レディコミや萌え漫画など2次元のセクシュアルコンテンツは、リアルの恋愛よりも過激なセックス描写を描きます。こうした漫画を見る中で、過激なセックスプレイや様々なセックスプレイを知ってしまい、好奇心を抱いたりします。

過激なセックスに好奇心・興奮を感じるが生身の男性は怖い、というジレンマに陥ってもおかしくはありません。


ボーイズラブ、壁ドンなど、昔に比べて過激な少女漫画が流行るのは、現代女性たちのこうした複雑な性観念の表れでもあるのかもしれません。



世の中にはごくわずかですが、誠実で優しい男性もいます。

「セックスがしてみたい」「過激なセックスがしてみたい」そのような好奇心で悶々としているでしょうか。誰にも性欲を満たす権利があります。


HSPで「私は繊細」「男性は怖い」と自覚しているなら、男性選びに慎重になりましょう。

世の中には、ごくごくわずかですが、誠実で優しい男性もいます。急に押し倒してなどこないばかりか、勝手に手をつないできもしない男性もいます。「男が急に手を繋いだら、女の子は不愉快になっちゃうかもな」と、女性のデリケートな心理を気遣って振る舞える男性も、いるのです。

自分の性欲や女性に触れたい欲求を抑えて、女性を尊重できる男性もいるのです。


こうした男性は、セックスのときも女性を優しくいたわってくれます。

あなたが痛いことや不快なことはしないように、配慮してくれます。

そのような男性を選んでセックスをすれば、トラウマを負ったり不愉快になったり、気持ち悪くなったりせずにセックスが楽しめるでしょう。

そのような優しい男性に、「少し乱暴に突いてみてほしい」と言えばよいのです。彼は、あなたが苦痛を感じないようにコントロールしながら、あなたの欲求を満たしてくれるでしょう。



食事のヘルシーな男性は、体臭も口臭も薄い。

体臭や口臭は、食べるものに大きく影響を受けます。

男性も食事のヘルシーな人は体臭や口臭が薄い傾向があります。

まず、「お酒もタバコもしない」という男性を第一に、恋愛候補(セックスの相手)に選びましょう。「お酒もタバコもしない」は最低限の重要条件です!

他にも、お肉をあまり食べない男性がよいです。焼肉の食べ放題など嫌うような男性が、まれにいます。分厚いステーキを好まず、お肉は少しあればよい、という人もいるのです。


野菜を好み、特に豆乳を好む男性は体内浄化が進んでおり、体臭も口臭も薄いでしょう。


「フランス料理を食べにいかないか?」とあなたを誘う男性は、すべてアウトです!

「辛いものが好き」「ニンニクが好き」という男性も、親密になるのはやめておきましょう。