HSPとクリスタルチルドレン③ 緊張したときだけワキの汗・臭いがきつい。霊的な意味はあるの?

音楽の授業の歌の発表の日など、緊張したときにワキの下にとても汗をかいたり、臭いがきつくなってしまって、悩んでいる人がいるでしょう。

このような体質は、何か霊的な意味があるのでしょうか?



意味がある。有名になるべきでない人です。

緊張するような状況で汗や臭いがきつくなってしまうことは、霊的な意味が大いにあります。あなたは、有名になるべきでないブループリントなのです。


逆説的に言って、この人は、非常に美人であったり芸術の才能があったり、頭が良かったりするでしょう。有名人になれそうな誇らしい素質を持った人であることが多いです。有名になってしまうのを防ぐために、その厄介な体質を選んで生まれてきています。

「オールドソウル」の女性、そしてバイオレットパーソンの女性に多いです。


あなたは何でも出来るでしょうけれど、「縁の下の力持ち」を生きるブループリントがあるのです。



ロイヤルブルーの感性が強いはず。そのような人を助けてあげて。

あなたは、ロイヤルブルーの感性が強いはずです。

優秀なのに欲の薄い、「オールドソウル」的な人を好むのではないでしょうか?

欲の薄い芸術家など好むのではないでしょうか?


あなたは、誠実なのに報われにくい「オールドソウル」的な人たちの素晴らしい理解者になれる人なのです。彼らを助けてあげたり癒してあげたり、相談相手になったりしてあげられるでしょう。あなたはそうしたブループリントを持っているのです。



成長の止まっているバイオレットパーソンにも多い。

過去世でなかなか奉仕に生きられなかったバイオレットパーソンにも、このような体質の人が多いです。

気質的には前に出たがる人であったり、「オールドソウル」的な人に興味がないかもしれません。しかし、汗や臭いの強い体質を持っていないと、また今生でも名声や富に溺れてしまう懸念が強かったために、そうした体質を選んでいるのです。

売れっ子霊能者、売れっ子セラピストになりたがるような気質を持っている人が多いです。


あなたの使命は、カリスマになることではなく、「縁の下の力持ち」です。神秘的なセラピストになることではなく、家事や仕事をして家族や大切な人々を支えることです。認めたくないかもしれませんが。



後天的にこうした体質になることもあります。

緊張したときにワキの汗や臭いがきつくなる。こうした体質が、後天的に芽生える人もいます。

生まれた頃はロイヤルブルーの感性は強くなかったけれど、成長していく中でそうした感性を強く身に付けた場合です。ロイヤルブルーな人が好きだけれど、でも自分は有名人になって脚光を浴びたい!というような欲深いところがあると、その野望を止めるためにこうした体質になったりします。


いえ、名声欲や野望を抱くことは必ずしも悪くはないのですが、あなたはロイヤルブルーの良い感性を持っているはずで、スターになるよりもロイヤルブルーな人々と洗練された生を生きたほうがよいのです。

それは結果的に、あなた自身の幸せにもなるはずです。



ワキ汗の強いタレントさんなどは、こういう人。

テレビなど見ていると時々、ワキ汗の強いタレントさんや女子アナなど見かけることがあります。「私、汗がすごいんです!」などと照れ笑いしていたりしますね。

このようなタレントさんはつまり、本当は有名人になるべきでないのです。

もっと目立たない場所で、その献身性や才能を披露するべき人です。もっと無欲で誠実な人々に、あなたの献身性や才能を披露すべきなのです。

あなたは、芸能界の腹黒い風潮やバブリーな気質に、不快感を抱いているのではないでしょうか?「どこか自分には合わないな」と感じているのではないでしょうか?

芸能界を、もう引退してもよいのです。

周りの人は引き留めるかもしれませんが、引退してかまいません。



緊張しやすい仕事は向かない。

インセンティブ営業や、失敗の許されないブライダル業界、精密な仕事が求められる伝統工芸など、緊張しやすい仕事は何にせよ向かないと言えます。技術がある場合、積極的にやりたくなったりもするでしょうが、「汗をかいたらどうしよう」という緊張感と毎日戦い続けることは、精神的にあなたを追い詰めていくでしょう。

もっと負担の少ない仕事を選んだほうが、健全に幸せに暮らせそうです。



恋愛相手は寛大な男性が向く。

恋愛でも、緊張するものです。

そのため、あなたには寛大な優しい男性が向きます。

5分遅れただけで怒るような人、小さな欠点をあざ笑ったり怒ったりするような男性は、緊張してばかりで苦しくなるので、やめましょう。


裕福な男性には、無神経で口の悪い男性が多いです。褒め言葉が上手いかと思えば、失礼なことをグサグサと言ったりもするもので、選ばないように気を付けましょう。



セックスに恐怖心を抱いているかも?

こうした体質の女性は、セックスをすることに恐怖心を抱いていることがあります。

裸になり、接近するものですし、緊張するので、ワキの汗や臭いで嫌われてしまうのではないかと不安になるのです。

そして恋愛に消極的になり恋愛やセックスの経験が積めず、なおさら恋愛に恐怖心が募る・・・といった悪循環に陥ってしまいがちです。


優しい、思いやり深い、誠実な男性を探しましょう。

あなたのことを馬鹿にしないでしょうし、多少臭ったくらいで嫌いになったりしないでしょう。そしてあなたのことを優しく抱きしめてくれるはずです。

そうしてセックスの経験を重ねれば、臭いにくくなる立ち回りを覚えていくでしょうし、無用に怖がらなくもなるでしょう。


汗拭きシートのようなものを携帯し、気になったら汗をふくとよいです。


あなたには、年上の男性が向きます。

年を重ねた男性のほうが包容力が高い傾向にあります。