90年代の音楽が好き?「オールドソウル」かもしれません。


人は基本的に、今の時代に流行っている音楽を好みます。

しかし、現在20代、10代であるにも関わらず、1990年代に流行っていた音楽が好きだという人がいるでしょう。または2000年頃の音楽が。

あなたは優秀で誠実な宇宙人の魂を持つ「オールドソウル」かもしれません。



90年代、または2000年頃の音楽が結構好き?

あなたの周りのお友達は、韓国ポップスやアイドル音楽、アニソン、ジャニーズ音楽を好む人が多いでしょうか。または米津幻師や菅田将暉あたりでしょう。

そんな中で、「私はちょっとポップスの好みが違うな」と感じている人が、たびたびいそうです。たとえばこのような音楽を、あなたをとても好むでしょうか?


  • Mr.Children

  • スピッツ

  • My Little Lover

  • CHARA

  • JUDY AND MARY

  • the brilliant green

  • BUMP OF CHICKEN

  • hitomi

  • DoAsInfinity

  • LINDBERG



あなたは「オールドソウル」かもしれないです。

上記のような音楽を好むなら、あなたは「オールドソウル」かもしれません。

優秀で誠実な宇宙人の魂を持つ人のことで、大衆啓蒙を使命に生まれてきています。

1990年以降に生まれた平成世代の場合、出生児の1%ほどしかいません。周りとは少々価値観が異なり、孤独な思いをしたり、社会に対して何かを叫びたいと思ったりしそうです。

「オールドソウル」でないとしても、「オールドソウルっぽい感性をしている」と言えます。どのみち孤独を感じやすいですし、アイドルグループの中に混じって歌いたいとは思っていないでしょう。



90年代音楽好きのすべてがそうというわけではない。

90年代の音楽を好む人のすべてが、「オールドソウル」っぽいわけではありません。

小室サウンドや宇多田ヒカルなど歌姫系、バンドの中でもビジュアルバンドを好む、モー娘。などのアイドルを好む、そのような人は「オールドソウル」ではなさそうです。



平成世代の「オールドソウル」はもっとポップだが、孤独は感じているかも?

「オールドソウル」はロイヤルブルーやグリーンのオーラが強いため、流行や都会的なものをあまり好まず、やや渋い感性をしています。女性なら、紺色の服を着ていたりします。

しかし、平成世代の「オールドソウル」の場合、時代的な影響を大きく受け、やや様子が異なります。華やかな天使系クリスタルチルドレンのようにお化粧が上手だったり、パステルカラーを着こなしていたりすることもあります。話題のスイーツや高級外食を好んだりもするかもしれません。


しかし、それでも、振る舞いや生き方に関する感性は、やはり周囲と差が出ます。

そのため、クラスの子たちとあまり合わないと感じたり、音楽の道を目指すとしてもアイドルグループのオーディションにはまったく興味を示さなかったりするでしょう。

孤独を感じたり、生きづらさを感じたりしがちです。ナイーヴになったり、ウツになったり、死を考えたりしがちです。

「理解者が欲しい」と渇望しているのではないでしょうか?



年上の世代に目を向けるとよいです。

あなたが平成世代の「オールドソウル」で、理解者を欲しいと願っているなら、年上の世代に目を向けるとよいです。1976年~89年に生まれた世代には「オールドソウル」がやや多く、また、ブルー系の感性を持った人が多いです。

あなたにとって、10歳以上年上かもしれませんね。「10歳上なんて話が合うはずない!」と思うかもしれませんが、Kポップアイドルや流行りのアニメで語ろうとしなければ、想像以上に話が合うでしょう。感性が似ており、テンションが似ているはずです。



恋愛相手も、音楽仲間も、インディゴ世代が合う。

親友を求める際だけでなく、恋愛相手やバンド仲間を求める際なども、1976年~1989年に生まれた世代が合います。この世代で、タバコもお酒もしない人が、あなたと相性が良い傾向にありそうです。

また、この世代にはそもそも「オールドソウル」も少し多いので、この世代の人々がいる場所などに足を運ぶと、「オールドソウル」を見つけやすいでしょう。



コピーだけでは物足りないのでは?

あなたは、芸術が好きでしょう。鑑賞するだけでなく、自ら描いたり奏でたりするのが好きなのではないでしょうか?自分はあまり上手くないと思っているかもしれません。でも、「上手くないけど自己表現したい!」と思っているのではないでしょうか?


芸術好きな人の多くは、人気のアニメキャラを描いたり、流行のポップスを歌ってSNSで発信することで、あらかた満足します。またはプロになりたい場合も、有名なプロデューサーが作る曲を歌って人気が出れば、それで満足します。

しかし、あなたは違うでしょう。

人気作品のコピーをするだけでは物足りず、「自分らしい作品を発信したい」と強く感じているはずです。オリジナルの絵を描いて認められたい、自分で作詞をしたい、出来れば作曲までも自分でしたい、と考えているのではないでしょうか?

芸術に対するスケールが、周りの子たちとは違うのです。


そう感じているなら、あなたはあなたらしく、オリジナリティある表現活動をすべきです。売れるかどうかの問題ではなく、あなたの心が大きな充足感を感じるでしょう!

出来れば、あなたの考えをその作品に込めるべきです。当たりさわりないラブソングを作るのではなく、あなたらしい感性の詞を書いてください。

「自分らしい作品を作りたいけど上手くいかない!」と戸惑っているなら、あなたの感性に近いものを創っている人を探して、その人の作品を使わせてもらいましょう。自分から積極的に声をかけるべきです。おそらく、使わせてもらえるでしょう。



「オールドソウル」や「キリスト」は「彼」の作ったメロディが好き。

なぜ現代の「オールドソウル」は、90年代の音楽を好む傾向にあるのでしょうか?

それは、ある音楽に長けたアセンテッドマスターのメロディが、この時代のミュージシャンに数多く提供されたからです。

ミュージシャンは、自覚のないうちにチャネリングをしていることがあります。自分が思いついたと感じたメロディが、実はガイド霊からチャネリングで耳打ちされたものであったりするのです。それがチャネリングだと自覚できることはまずないです。(霊聴ではなく直感チャネリングです。)


90年代のミュージシャンの幾らかは、大衆の精神啓蒙を期待されていました。政治家よりもミュージシャンのほうが、世の中を変えられるだろうと、アセンテッドマスターたちは考えています。

啓蒙的な歌詞や生き様を得意とするミュージシャンに、「彼」のメロディはひっそりと提供されました。「オールドソウル」たちは「彼」のメロディが好きで、暮らしの中でそれを耳にすると、本能的に好んで注視します。そこで「あるがままの心で生きようと願うなら~」と歌詞が聞こえると、ハッと我に返って、自分の生き方を見つめ直すのです。

または、自分も同じようなメッセージを歌や絵や小説に載せて発信しようと考えます。


「キリスト」も「彼」のメロディを好む傾向です。

「キリスト」は事業者など権力者の地位に就くことが多く、たとえばレコード会社やプロダクションの社長をやっていて、「彼」のメロディを耳にすると、「このミュージシャンは良い!」となんとなく気に入って、積極的にプロモーションをします。そうして「彼」の音楽を大衆に広めていきます。


こうしたことが何十年にも渡って繰り返されています。先駆けは1970年頃の欧米のミュージックシーンで、ビートルズやカーペンターズ、エルトンジョンなどに「彼」のメロディは数多く提供されました。

すると、80年生まれくらいの世代の「オールドソウル」や「キリスト」は、あなたが90年代の音楽を好いたように、1970年くらいの欧米の名曲に妙な懐かしさや好感を覚えるのです。あなたよりも1~2世代前の「オールドソウル」は、ビートルズやカーペンターズが好きです。


この音楽啓蒙の流れはもう途絶えるでしょう。

現代のミュージックシーンに、「彼」のメロディを託すに相応しい精神性のミュージシャンがとても少ないからです。2010年代頃から、シンガーソングライターの有名人がほとんど出なくなりました。「彼」のメロディを提供される人も、高い精神性や技術を持った人も、平成世代には少ないのです。

また、商業主義になりすぎた音楽業界において、レコード会社やプロダクションの幹部に「キリスト」や精神性の高い人はほとんどいなくなってしまいました。現代の業界有力者に、「彼」のメロディを発掘するセンスはなく、それを広めようとする気概もないのです。

音楽シーンから、美しいメロディを持った名曲は減るでしょう。



「オールドソウル」でないとしても。

厳密にはあなたが「オールドソウル」でなくても、この記事に書かれていることが自分にあてはまると感じるなら、やはりこのように生きるとよいです。あなたは、より良い価値観を大衆に届けるセンスがあるはずです。

グリーン、ブルー、ロイヤルブルーのオーラが高いはずです。そのうえポジティブでもあるでしょう。