top of page
  • れな

30歳を過ぎても処女。男性はドン引きする?しません。

恋愛は二極化していると言われます。積極的に恋愛する人と、恋愛を敬遠する人との二極化です。

その結果、30歳を過ぎてもなお、処女のままという女性が少なくありません。

そろそろ結婚も気になるし、そうでなくても一通り恋愛くらいは経験しておきたいな、という気持ちに傾いても、男性経験がないという事実が自信を奪い、恋愛に臆病になってしまうケースは多いです。

しかし、それは杞憂です。心配はいらない、ということです。



30歳の処女を笑うのは、不誠実な男性だけ。

ドラマや少女マンガなど眺めていると、30歳になっても処女である女性を嘲笑するような描写が多いです。その影響から、「男はみんな、30歳の処女にドン引きするのだろう」と思い込んでしまいます。

しかし、それは杞憂です。

30歳の処女を笑うのは、不誠実な、チャラチャラした感じの男性だけです。

穏やかで誠実な感じの男性は、初体験の遅い女性のことを、笑ったりドン引きしたりはしないでしょう。



誠実な男性を選べるかが重要。

要は、あなたが30歳を過ぎた処女であっても、「誠実な男性」を選んで親密になろうとするなら、問題はないのです。

しかし、それが意外と難しいのでしょう。

女性は、恋愛経験が少なければ少ないほど、「イケメン重視」「快楽主義」な傾向があるようです。

中学生の女の子がみんなサッカー部のエースに憧れるように、恋愛経験の少ない女性は華やかなイケメンに憧れる傾向があります。また、裕福な男性にゴージャスなデートを貢いでもらいたいという憧れも強いでしょう。

しかし、イケメンや快楽主義な富裕男性は、不誠実な人が多いのです。自分に自信満々ですが、その裏返しとして恋愛経験の少ない人をばかにしたりします。


恋愛経験が少ない状態でも、誠実で穏やかな雰囲気の男性に好意を感じ、親密になろうとする気持ちがあると、思いやりに包まれた良い恋愛になりやすいです。



リードしてもらってかまわないが、好意はあなたから伝えて。

恋愛経験が少ないと、恋愛やデートを積極的にリードするのは難しいです。どうしても相手にリードをゆだねてしまいます。

ラブホテルの使い方などもわからないでしょうから、ある程度エスコートしてもらうことはかまいません。

しかし、恋愛全体を男性任せにするのは間違いです。つまり、アプローチされるのを待つのはやめましょう。

口説き体質の男性は自分勝手で不誠実な人が多いので、待ちのスタンスではいつまでたっても良い恋愛ができません。


「彼は誠実そうだな。親密になりたいな」そう感じる男性が現れたなら、あなたのほうから声をかけていきましょう。「お茶にいきませんか?」「LINEの交換をしてくれませんか?」といった、間接的なアプローチでかまいません。



ウブな自分を隠さなくてよいです。

30歳で処女でも、強がらなくてよいです。

男性は、女性がウブだと、「かわいいな」と感じます。男性が恋愛にウブだと頼りなくて不安ですが、女性が恋愛にウブでも問題はないのです。

「デートの申し込み方がわからないのよね」

「デートが近くてドキドキして眠れない」

「手をつなぎたいのに恥ずかしくて言えない」

「いっぱいおしゃべりしたいのに、会うと恥ずかしくなっちゃう」

といった、経験が薄いゆえのドギマギを、素直に彼に打ち明けてしまいましょう。彼はそんなあなたを「かわいいな」と感じます。そして、「じゃぁ僕が引っ張って、包んであげよう」と思ってくれます。

ただし、セックスが怖いなら「セックスが怖い」というのもあらかじめ伝えておいたほうがよいです。そうでないと、セックスについてもやや強引にはじめようとするでしょう。



3人目くらいまでは、同じやり方を繰り返してもよい。

上記のような、「私、恋愛に不慣れでどうしていいかわからないの」といったスタンスは、初めての彼氏のときだけでなく、3人目くらいまで続けてもよいでしょう。

すでに処女ではなくても、「処女同然だから」「恋愛経験が浅いから」といった言葉を添えて、ドギマギしてしまう事実を素直に打ち明けるとよいです。すると余計な気苦労を背負わなくて済みますし、彼が色々と気を遣ってくれます。

5人目まで続けたってよいです。余計な気苦労を背負わずに恋愛するほうが、恋愛を楽しめます。無理に背伸びをしないほうがよいです。

そのうち恋愛に慣れてくれば、自分から色々と提案したりリードしたくもなるでしょう。物おじせずにデートに誘ったり、セクシーな振る舞いができるようになるでしょう。



初めての彼に依存しないように気を付けて!

「3人目くらいまで同じやり方でよい」と書いたのには、大きな理由があります。

というのも、恋愛体験が遅い女性は、初体験の彼氏に非常に依存してしまう傾向があるのです。

「オクテな私に優しくしてくれるのは彼しかいない!」と感じてしまい、彼を離したくなくなってしまうのです。そして彼を束縛し、嫉妬やヤキモチが強くなり、かえって彼と険悪になってしまいます。

あなたを受け入れてくれる男性は他にもいるでしょう。そして「恋愛に不慣れなの」と先回りで打ち明けてしまえば、恋愛を始める大変さも和らぎます。あまり大きな苦労をせずに、複数の恋愛を行うことができるのです。


以前、独り身でも平気だったことを忘れないようにしてください。

一度恋愛を経験すると、彼を失うことがとても怖くなったり、別れたあとの絶望感、さみしさがとても大きく感じられます。そこから出会い系サイトに手をだしたり自暴自棄な合コン恋愛をしたりと、悪循環に陥ってしまうことが多いのです。それは悪循環です!

恋愛には飽きがきて、別れがくるのが自然なことです。恋愛を目いっぱい楽しむことは大切で、でも別れたがきたなら独り身をエンジョイして暮らすことも大切です。

「恋愛も、シングルも、どちらも平気」というふうになりましょう。



オシャレすることを恥ずかしがらないで。

恋愛経験の薄い女性は、「こんな私がオシャレをするのは恥ずかしい」と感じて、引っ込み思案になってしまう傾向があります。

でも、素っ気ない服装や振る舞いはなおさら恋愛を遠ざけてしまうので、恥ずかしがらずにオシャレを楽しみましょう。

ピンクやパステルカラー、明るい色の服を着て、リップやチークなどでメイクも少しセクシーにしましょう。目をぱっちりさせましょう。

「処女のくせに生意気」などと、誰も思いはしません。大丈夫です。


男性は、可愛らしい女性が好きなのです。

可愛らしくオシャレをしているほうが、恋愛の成就率は各段に上がります。




初体験を経なくても、オナニーはしておいたほうがよいです。

処女が長い人は、オナニーでの性欲処理を屈辱的に感じる人がいるようです。「負け組だわ」「みじめだわ」といったことを思うようです。しかし、その観念は捨てましょう。

性欲処理は、人の健康にとってとても大切な行為なのです。

オナニーを自分ですることも、大切です。

彼氏がいても、ほとんどの女性はさらにオナニーもしています。性欲が正常に働いていれば、女性は毎日でも性欲処理がしたくなります。彼氏と同棲していても、セックスは週に1~2回しかできないものなので、それ以外の日は自分で解消するのです。

オナニーでの性欲処理は、まったくみじめなことではありません。

セックスはセックスの良さがあり、オナニーはオナニーの良さがあります。オナニーを積極的に楽しみ、そして様々な快感を研究してみましょう。



オナニーの経験が豊富なほうが、セックスが楽になります。

初体験の前にオナニーを豊富に経験していると、初めてのセックスでも膣が濡れやすいです。

彼のペニスを挿入しやすくなりますし、痛みを感じづらくなりますし、出血もしにくくなります。

彼の愛撫や抱擁に、より大きな官能を感じるようになります。

オナニーを豊富に経験すると、体中の性感帯が開発されていくのです。



オナニーは、美容にも健康にもよいです。

オナニーをすると、精液の分泌にともなって女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンは、美容や健康にとても役立ちます。

肌荒れを解消し、バストアップや女性らしい体つきを促進します。ケガや病気の治りを早め、病気になりにくい体を作ります。子宮系の病期の発症を防ぎます。生理痛の諸症状を軽減します。


最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page