top of page
  • れな

騒音に強い人と弱い人の違いは?

騒音に対してとても繊細な人、騒音をとても苦手とする人がいます。

保育園の喧噪に対して警察に届け出るような人も増えているようです。

騒音への強さ、弱さは、どのような原因で生じるのでしょうか?



ほとんどは、忍耐力や経験の問題です。

冒頭の保育園の喧噪問題など、周囲の大多数が我慢できているものに対して我慢できず、訴えたり苦痛にさいなまれる人は、多くの場合、忍耐力がないのです。

「騒音に耐える」という経験が乏しく、あまり深刻でない騒音でも耐え切れなくなってしまいます。


たとえば、一人っ子であったり、現代的なマンションで静かに育った人などは、騒音をあまり経験してきておらず、騒音が我慢できないのです。

一人っ子は増えており、現代的な快適なマンションも増えているため、騒音に我慢が出来ずに訴えるような人も増えているわけです。

これは、慣れるしかありません。


または、環境的に騒音への経験が数多くても、忍耐力の低い人は、騒音に対して大騒ぎしたり心身を患ったりします。

これもやはり、お姫様扱いされながら育ったバブル世代の女性や現代の女性に多いです。



霊的な要因のケースもあります。

しかし、中には、霊的な要因で騒音に弱い人もいます。

ガイド霊、守護天使の措置によって、騒音がより大きく聞こえるようにさせられています。これは一般的に、霊感を応用したものです。


理由は、大まかに言って、「騒々しい環境で生活すべきでない人だから」です。

たとえば、芸能人になるべきでない「オールドソウル」が、ライブハウスの爆音を非常に大きく感じ、苦痛に感じてそれを敬遠したりします。

たとえば「花の鎖」の魂を持つ繊細な人が、不誠実な人の多いパチンコ屋で働いたりしないように、爆音に感じるようにさせられたりします。



騒音は、ある程度は耐性を付けることができる。

騒音は、ある程度は繰り返しの経験によって耐性を付けることができます。

とにかく、我慢しながら耐えるのです。

たとえば、お嬢様育ちのおしとやかな女の子も、吹奏楽部に入ることで、シンバルのものすごい爆音を繰り返し経験することで、騒音に強くなります。


コツは、その騒音の相手や状況を憎まないことです。

「相手が悪い」と考えていると、いつまでもイライラが収まらず、苦痛に感じつづけるでしょう。

たとえば吹奏楽部の女の子たちは騒音に強いはずですが、シンバルを叩くのも、スネアドラムを叩くのも、トランペットをフォルテシモで吹くのも、悪気のあるものでないとわかっています。そのため、最初は「うるさい!」と感じて戸惑っても、仲間たちを責める気持ちを持たないでしょう。そうして部活動を続けているうちに、だんだん慣れていくのです。



「私も子供たちのために我慢すべきだ」と達観する必要があります。

近所の子供たちがうるさい、家の中で子供がリコーダーを吹いてうるさい、などの問題は、あなたの側が達観する必要があります。

子供たちは情操教育のために、ある程度騒いで暴れることが必要です。多少人に迷惑をかけようとも、そうして大人になっていくものです。

小学生はリコーダーの練習をせざるをえないものです。あなたもまた、子供の頃は家でリコーダーを吹いて練習していたはずです。

音楽を好む子たちは、騒音めいた初心者の段階を経て、上手くなっていくのです。


「大人は、子供たちの騒音をある程度我慢すべきだな」という考え方をするようになると、だんだんとそれらの騒音に耐えられるようになってくるでしょう。



「耐える」というよりも「気にしないようにする」という感じ。

騒音の克服方法は、「耐える」というよりも、「気にしないようにする」という感じです。

騒音にフォーカスせず、他のことに熱中したり考えたりしましょう。

そのコツが掴めてしまえば、騒音の中で眠ることも出来るようになります。

バンドマンたちは、ライブハウスのすさまじい爆音の中で、居眠りすることがあるのだそうです。



チャネリング相談をしてみるとよいです。

「私は騒音に弱くはないはずだったのに、最近の近所の騒音にはどうも耐えられない」そんな違和感を抱えている場合は、当サイトの管理人様にチャネリング相談を依頼してみるとよいです。

あなたの苦痛が霊的な要因によるものなのであれば、その旨を教えてくれるでしょう。

引越しをすべき、離婚をすべき、などの大きな変化を必要としている可能性があります。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page