top of page
  • れな

風俗従事は重いカルマではないです。

風俗で働こうか迷っていて、しかしそれは罪悪なことなのではないかと不安に思っている女性がいることでしょう。

すでに風俗で働いており、自分は悪いことをしているのではないかと戸惑いを抱えている女性がいることでしょう。

風俗従事は、重いカルマではないです。



仏教の性道徳は、社会秩序のためのもの。

仏教思想では、不特定多数の異性とのセックスを悪いものだと説いています。

しかし実際には、風俗などで不特定多数の男性とセックスを交わしても、負のカルマを背負うようなことはありません。

浮気や不倫は社会が乱れるため、仏教はそのような性道徳を説くようになりました。社会秩序のための戒めです。



セックスでお金を得ているのは一般女性も同じです。

風俗従事は、大金を得ているゆえに罪悪感を感じる女性もいるでしょう。

「セックスでお金を得て良いのだろうか?」と。

しかし、今の時代、ほとんどすべての女性がセックスでお金を得ています。

日本人女性の多くは、「貢いでくれるから」という理由から恋人を選び、結婚相手を選びます。男性たちはセックスがしたいがために、金品を捧げてでも女性と付き合います。そして結婚します。

要は、一般女性は、「月に何回もセックスしてあげるから月30万円ください」というような契約を、男性と交わしているわけです。

風俗嬢は、「1回3万円」という単発的な契約を、男性と交わしているわけです。

どちらも、セックスでお金を得ている点は同じです。

厳密に言えば、一般女性たちの貢がれ体質な恋愛観・結婚観も負のカルマになるのですが、風俗嬢たちの背負うカルマはこれと同程度なもので、特別に重いわけではないのです。


これはもちろん、アダルトビデオの女優さんたちにも同じことが言えます。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page