top of page

霊触とは?~不可視のエネルギーを感じ取る触覚。サイキックの一種~

霊触。スピリチュアリストでもあまり耳にしたことのない言葉かもしれませんが、しかし霊触を扱える人はそれなりに多くいます。



霊触とは?エネルギーを感知する触感

霊触とは、不可視のエネルギー(プラーナ)を熱感やピリピリ、チリチリとした感触で感知することの出来る能力をいいます。これはサイキック能力の1つです。天使やガイド霊の存在を触感で感知することもあります。

強いエネルギーに長時間触れていると、体がしびれるような感覚になることもあります。遠隔レイキなどで体験するでしょう。



霊触があると効果のないヒーリングやグッズにだまされにくくなる。

霊触はあまり有名な言葉ではありませんが、しかしスピリチュアル業界に首を突っ込むなら霊触のスキルは持っていたほうが良いです。霊触がないと、効果のないヒーリングやスピリチュアルグッズにだまされてしまうからです。霊触があってもだまされてしまいますが、無いよりはましです。



霊触がないと、遠隔ヒーリングやパワーストーンなどの力を実感できない。

霊触がないと、遠隔ヒーリングやパワーストーンなどの作用を実感できません。

レイキに類する遠隔ヒーリングは、本当に遠く離れた場所にもヒーリングパワーが飛んできます。霊触サイキックを持っている人は、遠隔ヒーリングがスタートした途端に体が熱くなったりして、「きたきた!」とわかります。約束の時間より1分早くフライングしたこともわかります。ヒーリングされている箇所が移り変わっていくのも体感でわかるでしょう(一般的なレイキヒーリングは全身を12カ所に分割してそれぞれ順番にヒーリングします。)

逆に、霊触サイキックを持っていないと、遠隔ヒーリングを受けたところで何の体感もなく、むなしく感じてしまうでしょう。ヒーリングの作用は、無体感でも受けてはいるのですが、実感が伴わないとむなしいものです。

また、まれにヒーリングの力を持っていないのに遠隔ヒーリングなど催して注目・名声を集めている人がいますが、霊触サイキックがないとそのペテンを見抜くことができず、だまされ続けてしまいます。


パワーストーンにも同じことが言えます。

パワーストーンは身につけたり持ったりすると、熱感などでその力を感じられます。パワーの強弱や質感の違いがわかります。

霊触サイキックが無いと、何も感じられず、面白みがありません。まぁ、面白いかどうかはパワーストーンの本質ではありませんが。



対面ヒーリングを受ける場合も、霊触はあったほうが良い。

対面ヒーリングでももちろん、霊触は働きます。手を当ててもらっている場所が、手の体温以上の熱さになっていることに気づくでしょう。または、全身から汗が噴き出してきます。

霊触の発達していない人は、同じ施術を受けても何も感じませんし、熱くなったり妙に汗をかいたりはしません。

結局、霊触サイキックを持たない人はスピリチュアルなヒーリングなど受けても実感が持てず、信用もできないし面白くもないので、すぐに離れていくのです。

霊触は、食生活のこてこてした人、お酒・タバコの多い人には感じられないため、そうしたバブリーな人や男性の多くは、ヒーリングなどを好まないわけです。



レイキが続かないのも、霊触を持たない人に多い。

レイキヒーリング(霊気)のアチューンメント(伝授)を受けても、レイキの活用が長続きしない人がいますが、その多くはこの霊触が培えていないのです。

霊触が培えている人は、ヒーリングが効いていることが強く実感できて楽しくなります。レイキは地味ですが、しかしこの霊触の熱感だけでも気持ちよくて日課にしたくなる人は少なくありません。

また、他者にレイキヒーリングを施すにあたって、この霊触というセンサーはあったほうが良いもので、そのためレイキアチューンメントの教科書では、菜食の実践や21日間のセルフヒーリングの実践を受講者に課します。

レイキアチューンメントと合わせてそれらを行えば、まず間違いなくそれなりの霊触サイキックが芽生えるのですが、受講者の中には菜食もセルフヒーリングも怠る人が少なくありません。(菜食は必ずしも徹底しないほうが良いです。)



霊触サイキックを会得する4つの方法。

霊触サイキックを会得する方法は、主に下記の4つが挙げられます。


  1. レイキアチューンメントを受け、ヒーリングを継続する。

  2. 肉食を減らし、さらにアルコールやタバコの摂取も控えて体内をクリーンにする。

  3. 大量の水を毎日飲み続ける。

  4. 断食を続ける。


自己探求型のスピリチュアリストは、上記のうちの1つくらいは熱心に継続したことがあるはずで、そのため霊触サイキックを獲得しています。

パワーストーンを買ったり願望成就のパワースポット巡りなどするだけの人は霊触が芽生えておらず、そのため何のパワーもないグッズや嘘のパワースポットにだまされてしまいます。



霊触のある人はあまりスピリチュアルにお金を使わない。

基本的に、優れたスピリチュアリストというのはスピリチュアルなものにあまりお金を払いません。レイキのアチューンメントと数本のアロマ精油くらいに留まるでしょう。それ以外のものに意味がないことに気づくからです。



訓練をしなくても霊触サイキックを持つ人がいる。

上記のような修練をしていなくても、多少の霊触サイキックを備えている人がいます。

ここには2つのパターンがあります。


1つは、親御さんなどの影響により、普段の食生活がクリーンなケースです。肉食が少なく野菜が多く、お酒もタバコも摂取しない人は、普段の食生活だけでも体内がけっこうクリーンです。


2つ目は、クリスタルチルドレンである場合です。天使や妖精の魂を持つクリスタルチルドレンは、生まれながらにして繊細で、霊触サイキックも携えていることがあります。

平成生まれの日本人は、ほとんどがクリスタルチルドレンです。とはいえ、クリスタルチルドレンの全員が霊触サイキックを持っているというわけではありません。また、昔は持っていたけれど生活習慣によって失う人もいます。都会的な生活で日々汚い空気に包まれ、付き合いの飲み会など多くなると、霊触サイキックは鈍るでしょう。



生まれながらに霊触を持つなら、ナチュラルな生き方を心掛けよう。

生まれながらに霊触サイキックを持つ人は、ナチュラルな暮らしに移行するブループリントを描いて生まれてきています。最も理想的なのはエコヴィレッジで自給自足のような暮らしを送ることですが、それが出来ないとしても、都会からは離れてなるべくナチュラルな暮らしをしましょう。そのほうがあなたにとっても楽なはずです。



霊触があると、他人からの好意がわかる。

霊触サイキックがあると、他者があなたに好意を持っているときに、それを感知することが出来るようになります。

あなたに好意を持つ人があなたに近付くと、体がカっと熱くなるのです。

ただし、好意以外の理由で熱くなることもあるので、思いこみは厳禁です。


その好意が性欲を含むと、熱感はさらに強くなります。霊触のあるスピリチュアリストに恋をした場合、あなたの好意も隠し通せないでしょう。しかし、好意というのは素直に通じ合ったほうがよいのです。



遠く離れていても好意の熱感は飛んでくる。

遠く離れていても、その熱感が飛んでくることがあります。遠くで誰かがあなたのことを考えていると、あなたの体が不意に熱くなったりするのです。相手があなたのことを考えながらマスターベーションなどしていると、ものすごく熱くなります。

とはいえこれも、不意の熱感の要因が常に誰かからの好意であるとは限りません。天体の影響などでも、熱感を感じることがあります。



霊に触られている感覚がする?それは霊触です。

「何者か(霊)に、髪や肩などを触られている感覚がして気味が悪い」と訴える人がいます。

それはいわゆる霊触です。

低級霊や幽霊があなたの髪を触ったり肩に手を置いたりという概念はありません。(悪さをするときは違う方法をとります。)


レイキアチューンメントを受けた直後や頭部へのレイキヒーリングを受けた直後などは、頭頂部の第7チャクラがよく活性化していて、ここにうずまくエネルギーを霊触でよく感知します。

低級霊や幽霊のしわざではありませんし、危ない現象でもないので、特に気にしなくて大丈夫です。

霊視や霊聴などのサイキック能力がなくても霊触サイキックは芽生えることがあるため、霊感が弱い人でも霊触感覚は体験するのです。


背中がやたらムズムズしたり、翼が生えたような感覚を覚えたりするのも、霊触に関連しています。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page