霊視やチャネリングを正しいかとうか見極める方法はある?

チャネラー、霊能者などに鑑定を依頼した際、「この人は本当にチャネリングが出来ているのだろうか?この人の回答は正しいのだろうか?」と疑問を抱くことがあるでしょう。

回答が正しいかどうか、見極める方法はあるのでしょうか?



本来、ペンジュラムがその役割を担う。

本来は、ペンジュラムが、チャネリングの正否を審議する役割を担います。

ペンジュラムが、といいますか、「ペンジュラムを適切に回せる者が」ですね。

ペンジュラムは誰にでも回せるわけではなく、基本的には霊視、霊聴よりも第3の目や各チャクラが発達していないと回りません。クリスタルチルドレン、バイオレットパーソンなど、まれに未熟でも回ってしまう人がいますが、「適切に回せる人」とは言えず、このような人たちに審判役は任せられません。

ペンジュラムがくるくると回り、かつ霊的な知識に長け、深い見解を持ち、欲が薄い、そのような人のペンジュラム回しが、霊視やチャネリングの正否を審議できます。

ペンジュラムは、右回りか左回りか、その2択でしか答えを示せませんが、チャネリングの中でも特別な立場にあるものなのです。


当サイトの管理人様がペンジュラムを操りますが、彼はもともと、「審議をする人」なのです。「審神者(サニワ)」です。



「知るはずのないことを言い当てた」は信頼の基準にならない!

チャネラーや占い師を頼ったとき、その鑑定者が信頼できる人か切り分ける手がかりとして、「この人が知るはずのない私のプライベートなことを、言い当てるかどうか」を基準に考える人は多いです。

一見、理にかなっているように思えますが、実はそれでは不十分です。


知るはずのないことを言いあてた人に色々と相談をしてみると、でたらめな答えや実現しない予知が出てくるでしょう。なぜなのか、わかりますか?



「言いあてたフリ」をする悪徳霊能者・占い師は多い。

まず、そもそもチャネリング能力がないのに「言いあてる」人がいます。「言いあてたフリ」をしているわけです。

たとえば、ホピのシャーマンにはるばる人生相談をしに行った人が、「あなた、お腹に何か病気を抱えているね」と指摘され、見事言いあてられたのでびっくりした!などと騒ぐスピリチュアリストをよく見かけます。

女性の多くは子宮に病気を抱えやすく、出産を経た女性ならなおさら出産の傷跡など残しがちなため、「お腹に病気がある」と言えば多くの人に該当するのです。便秘も含めれば、ほとんどの女性が「お腹の病気」に該当します。多くの人に該当しそうなことを、ペテンの霊能者は言います。

占い師にも多いものです。「最近よくないことがあったでしょう?」「失恋で悩んでいるね?」「恋人、嫌な人だね?」などと、相談者の多くが該当しそうなことを言って、相手を信用させようとします。



低級霊は巧妙に人をたぶらかす!

霊視やチャネリングの能力を持ってはいるが、ガイド霊からの回答を拾えていない鑑定者も多いです。非常に多いです。

低級霊は、人をたぶらかすことを喜びとしています。そして悪知恵がよく働くのです。

そのため、まず最初は正しいことを言って、相談者を信じ込ませたりします。

「5年前にお祖父さんが亡くなったね」「右足に古傷があるね。マラソンで転んだんだね」などと、非常に具体的な「知るはずのないことを」を言いあてます。

そうして相談者を信頼させたあとに、でたらめなことを言って嫌がらせをするのです。

「今の彼は運命の人だから、どんなに辛くても離れてはいけないよ!」

「あなたが追いかける彼は運命の人だから、芸能人だろうと気にせずあきらめず、追いかけるべきだよ!ライブには毎回行きなさい!話せるチャンスがあるかも」

などと言うのです。真実ではないのです。


意味がわかりますか?

「右足に古傷があるね。マラソンで転んだんだね」などと、非常に具体的な「知るはずのないことを」を言いあてたとしても、信頼できる鑑定者とは限らないのです!


そのため、本当に誠実なサイキッカーは、「知るはずのないことを言いあてる」というデモンストレーションなど見せようとしないです。それが不毛なことだと理解しているからです。

「知るはずのないことを言いあてる」ということを最初にやりたがる霊能者は、むしろ信用できません。



アセンテッドマスターと繋がれる人も、低級霊と繋がることがある!

バシャール、シルバーバーチなどの有名なアセンテッドマスターと繋がれるチャネラーなら全面的に信頼できるのでしょうか?

それも誤りです!

アセンテッドマスターと繋がれる人でも、時によっては低級霊と繋がってしまうことがあります。もちろん、自分が低級霊と繋がってしまったと気づきません。


霊的存在と繋がって言葉をおろすなら、その都度、毎回、サニワの技術のある人に「今のは正しいチャネリングが出来た?」と審議を仰がなくてはいけないのです。

しかし、現代のチャネラーにそのような慎重な人はいません。