top of page
  • れな

霊的真理と神秘は異なります。

「霊的真理を探究すること」と、「神秘に恍惚すること」は、同じ行為ではありません。

れなが書いているのは霊的真理の啓蒙です。

巷のスピリチュアル本やブログの大半が書いていることは、「神秘に恍惚すること」への誘惑です。

霊的真理とは、「天使やガイド霊に助けてもらおう」という話ではありません。

天使や守護存在は、ときに主人(あなた)を助けますが、だからといって、天使や守護存在に助けてもらうことを前提に生きていくべきではないのです。


れなのコラムで書いている、オーラに関連するあれこれはつまり、「自立しましょう」という啓蒙です。「様々なことを、自分で出来るようになりましょう」という啓蒙です。


オーラの成長を怠けて、守護存在のアドバイスや助けによって近道をしようと企むのは、れなの啓蒙とは相いれません。その人の価値観とれなの価値観は違うのです。



スピリチュアルな知識を仕入れることに酔いしれているなら、れなの執筆目的とあなたの閲覧目的は異なっています。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comentarios


bottom of page