top of page
  • れな

霊界に戻ればすべてが解決する?そういうわけではありません。

仕事や人間関係など壁にぶつかったときに、「もう死んで無に帰りたい」「霊界に戻りたい」などと嘆くことがあるでしょう。

しかし、霊界に戻ることで悩ましい問題がすべて解決するわけではありません。



天使とて、精神性に見合った場所に送り込まれることになる。

地球人たちに次元の修行があることは、もうご存じでしょう。2次元の精神で人生を終えたなら、地獄のような場所に赴き懲罰を受けますし、同じような醜い精神性の人々と次の人生を生きることになります。

だから人は、生きている間に精神を鍛えるべきなのです。


これは天使(クリスタルチルドレン)とて同じことです。

天使にカルマはありませんが、それに近いものはあります。

天使たちは通常、死後には「神の光」の穏やかな世界に戻ります。しかし、攻撃性の強い者や独占欲の強いものは、ここに戻ることが出来ません。場の平和を乱してしまうからです。そして同じような醜い者たちの世界に連れていかれます。

アセンションを目指す、というほど躍起になる必要はありませんが、精神の醜さは克服しておいたほうがよいです。



八つ当たりやグチを、罪なき人にぶつけないようにしよう。

暴力を振るうことはない、そのような人でも、間接的に人を傷つけて困らせていることがあります。女性にはこうした「厄介な攻撃性」を隠し持つ人が多いものです。

たとえば仕事で辛いことがあったときに、「イライラしているんだから話しかけてこないでよ!」などとパートナーに八つ当たりをしたりしていませんか?

パートナーがイライラの原因を作ったわけではないのに、そのパートナーに辛らつに当たるなら、あなたは「彼を攻撃している」ことになります。彼を困らせています。


「八つ当たり」までひどくなくても、仕事や恋愛でこうむった悲しみを、身近な人に延々とグチってしまっていませんか?

グチは、聞く人間にとっては胃が痛く、くたびれるものです。誠実な人ほど、他人のグチを聞くと胃が痛く、くたびれます。

あなたは、「私は平和な人間だ」と思っているかもしれませんが、八つ当たりやグチが酷いなら、人を傷つけています。人に迷惑を与えています。

霊界に戻ったとき、あなたが八つ当たりやグチで叫びまくっていたら、周りの天使はどう思うでしょうか?辛いです。だからあなたは排除されます。


八つ当たりやグチの癖があるなら、克服しておいたほうがよいです。



女は八つ当たりをする生き物?それは思い込み。

「女は八つ当たりをしてしまう生き物だから仕方ないのよ」などと言う人がいます。

「女はグチが好きだから女子会が必要なのよ」などと言う人がいます。

それは、思い込みにすぎません。

実情として、女性にはこうしたネチネチした人が多いのですが、「女性だからそうなってしまう」というわけではありません。欠点だと自覚し改めようとがんばる人が、少ないのです。

男性にもそのような人がおり、仕事のうっぷんを家でDVでぶつけたり、お酒の席で延々とグチったりします。ドラマなどでこのような男性を見ると「愚かだな」と思うでしょう。女性にも似たような人が多いです。


無意識で八つ当たりをしてしまう自分に気づいたら、それを改める努力をすべきです。



独占欲・嫉妬心を克服しておいたほうがよいです。

恋愛感情における独占欲や嫉妬心を克服しておいたほうがよいです。

魅力的な男性を独り占めしたい心理はわかります。しかし、それは好ましい感情とは言えません。「独占したい」と思った自分に気づいたとき、「あぁ、これはいけないことだわ」と自分を律しましょう。そのことを考えるのをやめましょう。

その魅力的な男性に微笑みかけてほしいのは、他の女性も同じです。他の女性たちにもその幸せを分けてあげるべきです。彼の愛撫がほしいのは、他の女性も同じです。他の女性たちにもその幸せを分けてあげるべきです。


霊界に戻ったところで、あなたは魅力的な男性を探してくっついていようとします。しかし、そのときにあなたに独占欲が強いなら、その人のそばにいることが出来なくなります。あなたが和を乱してしまいそうなら、近づくことは許されません。


独占欲や嫉妬心は、生きている間に克服しておいたほうがよいです。



八つ当たりをすることは、横暴な暴力です。イライラを感じても、罪なき人にぶつけないよう自制すべきなのです。

グチることは、相手を傷つけます。同じようなグチを何度も繰り返すことは、相手をとても疲れさせ、傷つけます。グチをこぼしてばかりであなたが改善の努力をしないとき、相手は絶望を感じてとても辛い思いをします。あなたはライフルを抱えた野蛮人のように、人を傷つけています!

改善の努力をしましょう。


そしてもちろん、八つ当たりやグチをぶつけたその人に対して、丁寧に謝罪や償いをしましょう。彼の腕を折ったのと同じようなものですから。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page