top of page
  • れな

長距離移動に慣れるとフットワークが軽くなる。

夜行バスやLCC格安飛行機による長距離移動に、慣れることを推奨します。

フットワークが非常に軽くなり、夢や理想の暮らしを実現する速度が格段に上がります!



夜行バスに乗れるようになっておくとよい。

夜行バスは非常に便利です。

関西から東京、東北から東京など、非常に多くの路線が一晩で格安で移動できます。

たとえば大阪から東京まで、夜行バスなら3,000円程度で行くことができます!新幹線は1.5万円くらいしますが、1/5の安さです。さらにホテル代が浮きます。

夜行便ですから、仕事が終わったとに東京に出る、ということも可能になります。

3,000円で行けて仕事後に出発できる、となると、非常にフットワークが軽くなります!


夜行バスで上手く眠れないとしても、よいでしょう。

1日くらいは寝不足でも動けるはずです。その日は訪問先でゆっくり眠れば、睡眠不足はもう解消できるはずです。


タフな人は、夜行バスで行ったその日に夜行バスで帰ってくる、という0泊3日の旅行をしたりもするそうです。



LCCも片道3,000円程度で日本全国を繋いでいる。

夜行バスが届かない路線は、LCC格安航空会社の飛行機を活用するとよいです。

LCCの路線も非常に充実を見せ、今では日本各地が片道3,000円程度で繋がれています。

ピーチエア、ジェットスターなどのメールマガジンを登録したりLINE登録をしたりすると、格安のセール情報が簡単に手に入ります。バニラエラはピーチエアに統合されたそうです。



ディズニーランドやUSJに行くのは実は簡単なこと。

「いつかディズニーランドに行ってみたい」と憧れている地方在住の人は少なくないのではないでしょうか?しかし、その夢は意外と簡単に叶いそうです。

あなたの町から東京まで、片道3,000円で行けるのかもしれません。

USJに憧れている関東の人にも同じことが言えます。


夜行バスに慣れた人にとって、東京から関西、関西から東京というのは非常に近いのです。「今週末行こうかな」と思い立って実行できてしまうのです。

京都旅行も近いのです。



引越しの下見は数週間で済んでしまう。

関西に住んでいて、東京近郊に移住したいと考えている人がいるでしょうか。

遠方への移住は、下見や物件選びが大変です。多くの人は、「何かの予定があって東京に行くことがあったらついでに情報収集をしよう」などと考えるでしょう。そして1年、2年が過ぎてしまいます。

しかし、夜行バスやLCCに慣れている人にとって、たった1か月の間に東京への視察が2回も出来てしまいます。

その気になれば、たった1か月で遠方への移住が実現できてしまうのです!



会いたい人には、今週末にでも会える。

インターネットが発達した現代、「会いたい人が遠くに住んでいる」ということも多くなってきました。

しかし、やはり夜行バスやLCCに慣れた人にとって、遠方に住んでいる人は今週末にでも会いにいけるのです。「週末急に休みがとれた。それなら会いに行こうかな」それも可能なのです。



したいことをすぐに実行できるなら、人生で出来ることはものすごく多くなる!

「何々がしたいな」と思ったときにそれがすぐに実行できるなら、今月の末にはさらに違うことも実行することが出来るようになります。そうしてフットワークが軽くなると、皆と同じ80年の人生、30年の青春の中で、ものすごく多くのことが実行できるのです!

ある人はディズニーランドに行くまでに5年かかり、しかしある人は1週間で済んでしまうのです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page