top of page
  • れな

運動をすることはセックスの充実にも役立ちます。

健康やダイエットのためなど、運動習慣を作りたいと願っている人は多いことでしょう。しかし、なかなか続けられなくて戸惑っているかもしれません。

モチベーションを維持するにはどうしたらよいのでしょうか?



「セックスを充実させるため」という動機を持つのもよいかも。

運動の習慣を続けられない人の多くは、モチベーションが維持できないようです。頑張る気力が続かないのです。

現代日本人女性は、何にせよモチベーションの維持が難しいようです。ほとんどのことはお金や便利なもの、社会福祉が解決してくれるのでそれでどうにかるのですが、運動だけは他の人でカバーできるものではありません。

何か、大きなモチベーションを持つ必要があるでしょう。

それなら、「セックスを充実させるために運動をがんばろう」というモチベーションを抱くのはいかがでしょうか?

それが善いことと言えるかは定かではありませんが、とても効果的ではあるかもしれません。



プロポーションが良くなると、男性にモテる。

運動の習慣を続けて脂肪を減らし、やせると、男性にモテるようになります。

ほとんどの男性は、スリムな女性が好きです。太った女性よりは標準体型な女性が好きです。

「恋愛を得たい」「セックスを得たい」と願っている場合、外見磨きは重要ですが、メイクやおしゃれだけでなく、体型づくりもとても重要です。



プロポーションが良くなると、セックスレスに陥りにくい。飽きられにくい。

すでにセックスのパートナーがいる女性にとっても、美しいボディラインを作る・保つことは役に立ちます。

男性の性欲は、視覚つまり「見た目」に触発される面が大きいです。彼女が可愛かったりセクシーだったりすると、ムラムラしやすいということです。

お腹のお肉のたるみを見ると、男性は性的興奮が冷めてしまいます。

スリムになる努力をしたり、プロポーション維持の努力をすると、セックスレスに陥りにくくなります。

また、若い結婚前の女性にとっては、彼氏に飽きられにくくなります。


太ももが太いのは、運動習慣を続けないと治らないでしょう。ダイエットサプリ、痩身グッズなど頼っても改善しないでしょう。

セックスをするようになった彼に対して、太ももの太さはもう隠せません。しかし太ももが太いことは、あなたの性的魅力を下げてしまうのが実情です。恋愛のために、努力する価値が高いことと言えます。



濃いセックスをするには筋力や体力が要ります。

快感の強いセックスをするには、筋力が要ります。少しアクロバティックな体勢で自分の体を支えたりすることが必要です。それは男性だけでなく、女性側も同じです。女性側も、筋力が要るのです。

たとえば腕立てふせの全然できない女性は、バックの体位でセックスすることができないでしょう。しかし多くの女性にとって、バックの体位は最も快感度が高いです。


性的に官能すると、思わず体に力が入ります。このささいな力みでも筋力を使っています。筋力のない女性は、ちょっと快感を得ただけですぐに疲労してしまいます。セックスをやめたくなってしまうのです。

これは、どこというわけでもなく全身の筋肉で、ジョギングをしたりダンスのような全身運動をしたり、長時間の立ち仕事をしたりしてじわじわと鍛えていく必要があります。



相手を気持ちよくしてあげるためにも、体力が要ります。

自分の快楽だけでなく彼のためにセックスをがんばりたい、と考えている女性にとって、体力づくりはもっと重要です。

たとえばフェラチオをする際、長い時間していると首の後ろが疲れてくるでしょう。体が弱いと、3分でもうフェラチオをやめたくなってしまうでしょう。

男性は、出来れば10分も20分もフェラチオを続けてもらいたいと願っているものです。彼の満足度の高いセックスをするには、首の体力といいますか、フェラチオや愛撫を長い時間続ける体力があったほうが良いわけです。


たとえば、騎乗位でセクシーに躍動するためにも、足腰の体力、そして腕で体を支える体力など必要なことがわかるでしょう。


様々な部位を愛撫したり、長い時間セックスを続けたりするためには、やはりどことも言えない全身の筋力・体力が必要になります。



ストレッチもとても有意義です。

筋トレだけでなく、ストレッチもとても有意義です。

股関節が柔らかく、180度開脚が出来るくらいにも柔軟性が高いと、ペニスがとても奥のほうまで入るようになります。気持ちよさが全然違ってくるでしょう。

また、大きく足を開いた姿はとてもセクシーで、彼は視覚的に興奮します。彼のペニスはますます堅くなり、それはあなたの快感に跳ね返ってきます。彼がセックスをしたがる頻度は増え、長時間セックスしたがるようにもなります。


体が柔らかいと、様々な体位が出来るようになります。



汗を流す習慣があると、体臭が薄くなります。

運動をした直後や汗をかいたあとは、体臭がきつくなりがちです。しかし、汗を流す習慣ができると、普段から老廃物を輩出することができているため、体臭が薄くなります。汗をかいた直後でさえあまり臭わなくなります。

運動をあまりしない人は、体を舐めたとき(舐められたとき、)苦く不味い味がしてしまいがちです。これも老廃物による苦みで、普段から運動をして汗をよく流していると、この苦みが減ります。


セックスでは、特に男性の側はよく女性の体を舐めます。このとき、苦い味がすると、性的な興奮や好意が冷めるものです。苦みのない体を作っておいたほうが、飽きられにくくなります。丹念に愛撫してもらえるようになります。



ジムは不要。自己流で充分です。

汗を流すだけでなく、ある程度筋力をアップし、体力(持久力)をアップさせる必要があるでしょう。

とはいえ、ジムに通う必要性はありません。

家で、自分でなんとなく行うだけでも充分です。アイドルの動画を見ながら、真似て踊るだけでもかなりの運動になります。上手に踊れなくてもよいのです。ウォーキングをしたり、ジョギングをするだけでかなりの運動になります。

こつこつと継続し続けることのほうがずっと重要です。


大きなダンベルを上げるなど、器具を使って派手に運動をすると、かえって逆効果になってしまいそうです。筋肉が付き過ぎて、ムキムキになってしまうからです。

筋力を付けることは大切ですが、ムキムキになるほどまでは必要ないでしょう。


また、家事を丁寧に行うだけでも、かなり運動になります。

窓を拭いたり廊下を雑巾がけしたりすると、ものすごい筋トレになります!一石二鳥とはまさにこのことです。



体を動かすことの大切さに気づいて。

「セックスを充実させたいから」といった快楽的な動機でもよいです。しばらく運動を続けてみましょう。


女性には、「体を使うことはおっくうだ・不幸だ」と感じている人が多いです。車で送り迎えされないと不幸ですし、窓拭きしなければならないことを不幸だと感じます。そうして、男性や家電、お金にラクな生活を作ってもらいたいと願います。

しかし、そうしてラクをしようとすることが、どんどんあなたの体を退化させているのです・・・。


掃除機かけをすることが適度な全身運動になっていることに気づくと、掃除機かけが楽しくなるでしょう。自分がその担当であることをありがたいと感じるようになるでしょう。

スーパーに買い物に行って大きな買い物袋を提げて歩くことが適度な運動になっていると気づくと、ジムに行くことがとてもバカバカしく思えるでしょう。10万円も出して電動自転車を買うことが愚かだと感じるでしょう。


汗を流すことがとても健康や美容に良いと気づくと、エアコン依存が治るでしょう。


ジョギングが苦でなくなると、日々の倦怠感・ダルさを感じなくなるでしょう。


美しさを保ちたいなら、若々しさを保ちたいなら、健康を保ちたいなら、適度に運動し、家事や仕事を通して毎日体を動かしていたほうが良いのです。


あなたはあまりお金がかからなくなるでしょうし、月収30万円の旦那さんを愚かだと卑下しなくなるでしょう。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page