top of page
  • れな

輪廻転生の仕組みとは?

人は、様々な人生を繰り返しながら魂を成長させていきます。それを輪廻転生といいます。

お姫様の人生に憧れるなら、庶民に生まれた今生は早々に自殺をすればよいのでしょうか?そう思い込んで人生を終わらせようと考えるナイーヴな人も見かけます。



輪廻転生の仕組みは大きく分けて3つ。

「次にどのような人生になるか」という仕組みは、大きく分けて2つのパターンがあります。


1つの課題をまっとうすることで、次の課題の人生に切り替わる。

仏教では「6回の人生を経るとその次には天国に行ける」といった教えがあります。これは正確ではありませんが、輪廻転生の概要の一種を示してはいます。

ある人が、レッドのオーラの課題を80点まで高めて人生を終えたなら、次はオレンジのテーマに取り組みやすい環境で生まれます。

レッドの課題は非常に土着的・保守的で、それしか磨かなかったとしても、次はニューヨークのような街に生まれおち、激しい快楽や高度な勉強、ビジネス、激しいセックスなどを体験しやすい転生になります。たとえば社長の息子として生まれ、厳しい教育やしつけを受ける代わりに富や名声やセックスを得ます。


負のカルマを積むと、それを清算するペナルティの人生に進む。

犯罪や怠惰が過ぎて負のカルマを積みすぎるなら、次の人生は「清算」の人生です。懲罰の人生です。

たとえば上記のトピックで、社長の子として生まれエリートになったとします。しかし身勝手に富やセックスをむさぼって生きてしまったなら・・・次の人生は地獄です。地獄のような人生です。

たとえばスラム街に女性として生まれ落ち、5歳の頃からレイプされながら悲しみの人生を生きます。

戦国時代、紛争地域の貧困家庭など、苦痛にさいなまれる日々が確約されたような人生を生きます。


そしてまたレッドの課題の人生からやり直します。


人生で培ったスキルを次の人生で活用できる。

ある色のオーラを80点まで高めることが出来なかったとしても、その人生で培った様々なスキルを次の人生に持ち越すことが出来ます。

土着の村の息子として並みの人生しか送れなかったとしても、歌うスキルを高めて死んだなら、次の人生では歌の才能を生まれ持ちます。


これらの法則の組み合わせで、人々の人生環境は決められていきます。



つまり、人生から逃げても恵まれた環境に生まれることは出来ない。

つまり、あなたが今生において、「働くのは辛いから死にたい」と感じて自殺をしたとしても、次にお姫様の人生を生きることはできません。

「働くのが辛い」「人間関係が辛い」というのは主に1次元・レッドの課題で、そこから逃げても先へは進めないのです。


もちろん、あまりにもひどいいじめやブラック企業に耐える必要はないのですが、平均程度のからかいや労働にも耐えられないような人は、命を絶ったところで同じような人生を繰り返すだけです。

人は、様々な痛みを乗り越えてたくましく生きなければなりません。



愛されるのは、愛した人。

可愛い顔を生まれ持つ人は、男性から愛されやすいです。そのような女性をうらやましく思うでしょう。「私は親ガチャに外れたのだ」と親を憎んだりするでしょう。

違うのです!

男性たちから愛されやすい可愛い顔を持った人は、過去世において、自ら男性を深く愛したのです。美人でなかろうと臆せず彼の懐に飛び込んでいき、深く愛し、尽くし、彼を喜ばせようとセクシーに色づいたのです。ピンクのオーラで80点を超えるほどの女性的魅力を発揮したために、次の人生でピンクの才能を生まれ持ちました。

「私は不細工だから恋愛はしない」「誰も愛してくれないから愛さない」「貢いでくれる人がいないから愛さない」などと卑屈になっているうちは、愛されやすい容姿を生まれ持つことはできません。


ただし、天使のクリスタルチルドレンは別です。

天使の転生者たちは、無条件で可愛らしい顔を生まれ持つ権利を持ちます。何の努力もしていないのに、アイドル並みに可愛らしい顔を生まれ持つ子もいます。

しかし、「うらやましい」とは言い切れません。天使のクリスタルチルドレンたちは知性が弱い傾向で、可愛らしい顔を生まれ持ってもその性的魅力を男性たちに搾取されてしまいがちです。レイプや痴漢の憂き目に遭ったり、悪徳プロデューサーに性的魅力を悪用されます。



恋愛の使命のために転生を繰り返す天使も。

恋愛に対して素直で、美意識が高く、セックスが上手。なおかつ奉仕精神の高い天使は、恋愛の使命のために転生を繰り返したりもします。

「オールドソウル」のような精神性の高い男性に恋愛の喜びを提供する、そんな目的のために適した環境に何度も転生し、恋愛の喜びを味わいながら生きます。

あなたがそうなりたいなら、そのスキルを今生で磨くとよいです。(ベッドの上では)セクシーで奉仕的な女性になりましょう。



「美人の顔に生まれたかった」と嘆く女性は多いでしょう。

そう願うなら、今生で男性を愛することです。尽くされるのを期待するのではなく、自ら素直に男性を愛し、尽くすことです。もちろん、尽くす価値のある精神性高い男性を選ぶべきですが。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page