top of page
  • れな

誠実な男性は、女性を口説いてこないです。

スピリチュアルセックスに憧れる人はすなわち、「もっと良いセックスがしたい」と現状に不満を抱いているのではないでしょうか。

今の彼や、これまでの彼氏のセックスが、身勝手だったり粗雑なのでしょう。



口説かれるのを待っているうちは、良いセックスにはなりません。

女性の多くは、恋愛に受け身です。男性から口説かれるのを待っています。

しかし、そのようなスタンスでいるうちは、良いセックスには巡りあえないでしょう。


女性を口説いてくる男性には、そもそも誠実な人が少ないのです。

「セックスしようか」とお酒を飲みながら口説かれるとあなたはうれしいのかもしれませんが、良いセックスにはならないです。そのような男性は、セックスが身勝手で、粗雑でしょう。



誠実な男性は、女性を口説いてこないです。

あなたは、「誠実で優しい男性に愛情深く抱きしめられたい」と憧れているのでしょう。

であれば、受け身な恋愛スタンスはやめたほうがよいです。


誠実な男性は、女性を口説いてこないです。

誠実な男性は、「男性たちの性欲や恋愛感情が、女性を不愉快にさせてしまうことが多い」とわかっています。そのため、女性に対して下ネタなど振りませんし、「彼氏いるの?」などとも聞きません。そればかりか「好きだよ」とも言わないです。

「〇〇ちゃんに恋愛的好意を持っていると知ったら、〇〇ちゃんは不愉快に思うのではないか」と、女性のデリカシーを配慮しているのです。

実際あなたは、好きでもない男性に、「好き」「セックスしようよ」と言われたら、不愉快に思うでしょう。気持ち悪いと思うことすらあるでしょう。誠実な男性は、それをわかって自制するのです。



誠実な男性とセックスしたいなら、あなたのほうからアプローチが必要です。

つまり、「誠実な男性とセックスしたい・恋愛したい」と願うなら、あなたのほうから男性にアプローチする必要があります。

「誠実そうだな、素敵な人だな」と感じる人を見つけたなら、高飛車にならずにあなたから声をかけましょう。「LINE交換をしませんか」「お食事に行きませんか」という具合に。

好きかどうかまだよくわからないとしても、それくらいは声を掛けて親睦を深めるべきです。


食事などしてみて、セックスしてみたいと感じたなら、「あなたとセックスしたいです」と自分から切り出しましょう。

誠実な男性は、あなたが食事に誘って目をキラキラさせていても、あなたを押し倒してはこないです。「ホテル行こう」とも言ってこないです。

あなたの方から、「セックスしたい」と伝える必要があります。

女性が誘えば、まず間違いなく男性は「いいよ。うれしいよ」と言います。


スピリチュアルセックスを体験したいなら、アセンションを達成しているくらいの精神性の高い男性を振り向かせなければなりません。

スピリチュアルな(神秘現象を伴う)セックスを体験したいなら、霊感の強い男性を男性を振り向かせなければなりません。



プライド、高飛車、高慢を克服しましょう。

自分から男性にアプローチしない理由は何でしょうか?

それは多くの場合、「男性にアプローチするなんてプライドが障る」といった高慢な心理でしょう。

そうなのです。プライド、高飛車、高慢を克服しないと、素晴らしい男性と恋仲になることはできないのです。

恋愛においてプライドは邪魔です。


「ラブホテル代は私が出すので、セックスの相手になってくれませんか」そう言えるくらい、謙虚に、素直に、なりましょう。理想のセックスを求めているのは、あなたのほうなのですから。


最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page