top of page
  • れな

裕福な男性は結婚相手として魅力的なの?

「裕福な男性と結婚したい」と憧れる女性は多いものです。

しかし、裕福な男性は本当に、結婚相手として魅力が高いのでしょうか?



営業マンのような気質をした人が多い。

裕福な男性には、営業マンのような気質をした人が多いです。

あなたの家に、営業マンが新聞や浄水器など勧誘しに来たことがあるでしょう。

とても愛想よく礼儀正しく話しますが、高額なものを売りつけたいがために必死に弁を立てているだけです。「帰ってください」と言っても、「そうですよね、お忙しい時間ですよね。それはよくわかります。1分だけ、お時間頂戴できませんか?」と図太く会話を続けます。「1分だけ」と言いながら1時間も居座ります。

裕福な男性は多くの場合、営業マンでないにしてもこうした営業マンのように客や上司や同僚に取り繕い、大きなお金を稼ぎます。図々しく、ずるがしこく、裏表が激しいのです。

愛想がよく楽しいですが、自分が利益を得るためのものです。


あなたは営業マンと一緒に生活したいと思うでしょうか?

思わないでしょうに、営業マンのような人と結婚をしようとする、コッケイな女性が多いのです。



浮気や風俗が大好き。

裕福な男性は大抵、浮気や風俗が大好きです。

愛想よくあなたに声をかけてきたような人なのであればなおさら、彼はすぐに浮気をする人です。女性に声をかけることにためらいがなく、駆け引きを心得ています。

そして、社交性に乏しく浮気をしない男性の場合は、風俗に走ります。


男性が大金を得たい理由は、もっぱら「女遊び」です。

「いい女を掴むには大金がいる」「大金があれば大勢の女と遊べる」と考えて、懸命に稼ぐのです。社交性の低い男性は風俗を多用します。


このような男性と一緒に生活したいでしょうか?

このような男性と子供を育てたいでしょうか?



バレても平気、と考えている。

「浮気や風俗が万が一バレてもいいや」と彼らはたかをくくっています。

妻が専業主婦や低収入であればなおさらです。風俗がバレても、生計への不安から夫にさからえないだろう、と考えています。妻の足元を見ているのです。



支配的な性格をしている。

富裕者の男性は大抵、支配的な性格をしています。

事業者や管理職であればなおさらです。

妻を支配しようとしますし、高圧的な態度で人を制圧しようとします。

来客がいるときには礼儀正しくほがらかにしゃべったかと思えば、妻しかいないところではキレて罵倒したりします。キレるそぶりをして反論を封じ込めようとします。


「お金を差し出している人間には逆らえまい」と彼らは考えています。

お金を差し出している側が支配して当然、と考えています。


「男性は皆高圧的だろう」とあなたは思っているのかもしれませんが、そんなことはありません。

女性を支配しようとしない男性もいます。


女性の多くは、「男性に貢がれたい」と願いますが、男性は金品を貢ぐ変わりに相手を支配しようとします。


支配的な男性と、あなたは一緒に生活したいですか?



「でも、みんな裕福な男性と結婚したがるじゃない!」とあなたは言うでしょうか。

しかし、大衆女性の価値観が正しいわけではありません。

既婚女性の多くは幸せそうではありません。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page