色彩心理学は当たるの?心理テスト、カラー占いは当たるの?【充実色彩診断付き】

オーラソーマが日本に普及してきた頃から、色彩心理学に基づく心理テストや占いも脚光を浴びるようになってきました。雑誌には小さな特集が組まれ、新書もあちこちで出ています。資格検定も盛んになっています。

ところでこの色彩心理学というのもの、信ぴょう性はあるのでしょうか?つまり、当たるのでしょうか?



好きな色で、気質はわりと当たる。

「あなたの好きな色は何ですか?」と尋ねるタイプの心理テスト・カラー占いにおいて、気質・性格の診断はわりと当たります。

人は色を好む際、その色が持つ大衆イメージも無意識的に考慮しながら選んで(好んで)います。とはいえ、色の持つ大衆イメージをまるで気にしない人もまれにいるため、この手の心理テスト・カラー占いが確実に当たる、とは断言できません。



気になる彼の服装を、1カ月くらいチェックしてみよう。

気になる彼など、他人の性格を色彩心理学から推測したい場合、「私服」を観察するとかなりの確率で参考になります。人は、自分の最も好きな色の服飾品を多く持つ傾向にあるからです。

今日の服装をチェックするだけでなく、1カ月くらいはその人の服装動向をチェックする必要があります。1カ月くらい観察して、青が多いなら、彼は青が好きなのです。

成人男性の場合、スーツなど、黒を強要される場面が多いため、女性よりも色の好みを推察するのが難しいです。スーツを着ている場合、「黒が好き」と考えるのではなく、ネクタイやシャツの色に着目しましょう。

また、冬場も服装による好みの推測は難しくなります。冬場は黒・茶を中心としたダーク色を着なければという心理が働きやすくなるためです。


なお、服装による気質診断は、男性よりも女性のほうが的中します。男性は社会の風潮から、黒、グレー、紺といった「無個性色」が多く、男性は無個性色を着るものだという風潮もあるからです。女性のほうが、服装の色に好みや気質が反映されやすいです。



気質診断の際、1つの色にこだわらないで。

複数の色を同じくらい好む人もいますし、複数の気質を並列して持つ人もいます。

芸術とスポーツを同じくらい好む人がいますし、都会と自然を同じくらい好む人もいます。

すると、「この人は青の気質だ」と1つに特定できないケースも多々あります。

彼の服装をチェックしていて、青い服の日が7日あって緑の服の日が5日あったなら、彼は青の気質も緑の気質も併せ持っている、と考えたほうが適切です。

なお、5つ6つの色の気質を持つ多才な人もいます。それが服装に反映されないこともあります。心理テストで1色だけを選ばせるやり方は、気質を診断するうえで適切とは言えません。



「今日の心理」「今日の占い」は当たらない。

色彩心理学に基づいた心理テストや占いでは、「今、気になる色はどれですか?」と尋ね、今日の運勢を占うものがあります。

残念ながら、これは当たりません。

好きな色は日によってそうころころ変わるものではなく、運勢や気分によって気になる色が変わっていくことも少ないです。

オーラソーマはたびたびボトル選びをさせますが、これは意味があります。

オーラソーマの場合、単なる色彩心理学ではなく、霊感が関与します。目に飛び込んでくるボトルが、霊感の作用によって変わることがあるのです。



色彩心理学:ピンクにはどんな意味がある?

それでは実際の色彩心理学診断に入っていきましょう。

ピンクを好む人は、恋愛が好きな傾向にあります。可愛いものが好きで、または男性を喜ばせたい、という意識が強く働いています。

性欲の強い人もピンクを好む傾向にあります。男性はもちろんのこと、女性もピンク色を見ることで少なからず性的興奮が刺激されます。

恋愛をしたいときには、ピンク色の服飾品を多く取り入れると、効果テキメンです。そのためにピンクの服飾品をたくさん買うわけにもいかない、という場合には、マフラーやハンドバッグなど、いつも身につけるアイテムにピンクを選ぶと良いです。

若々しい印象を他人に与えたい、若々しくありたい、と願う人も、ピンクの服飾品はおすすめです。

ピンクのことを、「小さな女の子の色」と思っている人は多いです。セクシーな色ではなく、セクシーに目覚める前の純粋な女の子の色、というふうに。しかし、男性から見てピンクは「セクシーな色」です。小学生の女児にピンクを着せると、幼くても男性からの性的視線の対象になりやすいので注意が必要です。チカンなどに遭いやすくなる、ということです。



色彩心理学:赤にはどんな意味がある?

赤を好む人は、目立ちたがり屋やワガママな人が多いです。

赤は信号などで危険色と言われていますが、これは人間にも当てはまります。赤を好む人は身勝手な傾向にあるので、同性・異性問わず、あまり近寄らないほうが良いです。

または、「自分が主役!」と思っている人なので、彼・彼女のその欲求を立ててあげると、円滑になりやすいです。

ファッション雑誌などでは赤は、「恋愛色」「勝負色」などと説き