top of page
  • れな

膣液が非常にたくさん出てしまう。私は病気なの?

オナニーやセックスをする際、膣液(精液)が異様なほどに溢れ出てしまう女性がいるでしょう。アダルトビデオで垣間見た他の女性のそれとはずいぶん違うように見えたり、彼氏に驚かれたりして、密かに悩んでいるでしょうか。

しかし性の問題は病院で相談するのも恥ずかしいものです。



ピンクのオーラが高い人は膣液の分泌が潤沢。

あなたはおそらく、ピンクのオーラが非常に高いです。70点くらいはありそうです。

ピンクのオーラが高ければ高いほど、膣液の分泌が盛んになるのです。ほとんど例外はありません。


そうしてオナニーやセックスに対して積極的な場合、行為の際の膣液の分泌は驚くほどに潤沢なことがあります。それは、シーツがびしょ濡れになってしまったり、下着がびしょ濡れになってしまったり、いわゆる「潮吹き」というおしっこのような現象になってしまうほどです。


これは病気ではないです。



膣液の分泌が潤沢だとセックスの官能度が高い。

膣液の分泌が潤沢だと、それが潤滑油になり、女性器の周りに痛みを感じにくくなります。愛撫やペニスの律動などを気持ちよく感じやすくなります。

基本的に、膣液分泌が潤沢であることはセックスの質・快感度を高めます。良いことと言えます。


極端に言えば、強引にレイプされても痛みを感じない、ということもあるでしょう。気持ちよく感じてしまう、ということもあるでしょう。



膣液の分泌が潤沢だと膣が臭くなりにくい。

膣液の分泌が潤沢だと、膣内の不純物・毒素をどんどん洗い流せるため、膣が臭いを放ちちくくなります。

性病にもかかりにくくなります。

えっちな女性ほど、セックスに適した体になっていく、ということです。

努力をすることで、セックスに適した体にすることが出来るわけです。



膣液の分泌が潤沢だと美容が進みやすい。

膣液が女性ホルモンを潤沢に含む、という話を聞いたことがあるでしょう。

すると、膣液の分泌が盛んな女性は、美肌になりやすいのです。肌荒れが治りやすく、色白になりやすく、また女性らしい体付きになりやすいです。(バストの大きさはブループリントに関連する面もあります)



バスタオルを敷くなど工夫をして。

膣液の分泌が潤沢なのは良いことなのですが、実情としてはベッドが汚れすぎてしまったりなど不便な面もあるでしょう。

オナニーやセックスの際、先にシーツの上にバスタオルを敷くなど、工夫をするようにしましょう。

彼氏とのセックスデートでショーツが濡れすぎてしまい、帰りに不快で困るなら、ショーツの替えを持っていくとよいです。



膣液の分泌を増やすにはどうしたらいいの?

この記事を見て、逆に「膣液の分泌を増やしたい」と思った女性もいるのではないでしょうか。

ピンクのオーラを高めることで、膣液の分泌は増えます。

ピンクのオーラが高まるのは、このようなことです。


  • 可愛いおしゃれの努力をする。

  • ひざ頭の見えるスカートなど、セクシーなおしゃれを愛する。

  • スキンケアやダイエットなど、継続的な美容に取り組む。

  • ムダ毛処理をする。

  • ピンクや女性らしい色を着る。

  • 柔らかい言動を心がける。

  • 女性らしい、可愛らしい言動をする。

  • セックスを愛する。

  • オナニーやセックスを頻繁にする。(オナニーは毎日してもよいです)

  • 自分から男性にアプローチするような恋愛をする。

  • 「好き」「キスして」など愛情表現を素直にする。


他にもありますが、とりあえずはこの程度で良いでしょう。




恋愛に気を付けて!

膣液の分泌が潤沢なら、恋愛には注意が必要です!

あなたは可愛いうえにセックス(オナニー)が好きでしょう。とても魅力的ではあるのですが、それゆえに男性があなたに中毒してしまいやすいのです!

あなたを性奴隷のようにもてあそんだり、あなたが「別れたい」と切り出しても、執拗にしがみつかれたりしやすくなります!

つまり、あなたがえっちであればあるほど、「モラルの高い、自制心の高い男性を選ぶべき」なのです。

何も考えずに巷のチャラチャラした男性とばかり交際していると、あなたはセックスで身を滅ぼすことになってしまいそうです。嫌な恋愛ばかり、繰り返してしまいそうです。

セックスが好きでしょうが、精神性の高いしっかりした男性を選んでください!

「真面目な男性は恋愛相手としてつまらない」とあなたは言うでしょうか。それはわかりますが、「真面目かつえっち」という感じの多面的な男性も、少しはいます。そのような男性を上手く見つけましょう。



性病などの可能性も。

膣からの分泌液が多いのは、性病など他の要因の可能性もあります。

婦人科などの病院で診てもらいましょう。

または、当サイトの管理人様にチャネリング相談を依頼してみるとよいです。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page