top of page
  • れな

股間がムレやすい。どうしたらいいの?

平成世代には、股間がムレてかゆくなったりかぶれたりすることに悩んでいる人が多いことでしょう。あまり人に言える悩みではなく、これに言及する情報記事なども少ないです。

なぜ若い世代に多いのでしょうか?どう対処すればよいのでしょうか?



ピンクのソウルカラーを持つ人は、股間がムレやすい。

生まれながらにピンクのオーラを多く持つ人は、股間がムレやすいです。

ピンクのチャクラは会陰にあるからです。チャクラが活性していると熱を帯びやすくなり、ピンクのチャクラが活性している人は股間が熱を発しやすいのです。

それがムレにつながり、かぶれやかゆみにつながります。

クリスタルチルドレンにはピンクのソウルカラーを持つ人が多いのです。平成世代の女性の30%くらいがこれに該当します。



オシャレの好きな可愛い人も股間がムレやすい。

後天的な努力でピンクのチャクラが活性している人も、股間がムレやすくなります。

オシャレの好きな人、メイクの好きな人、可愛くなろうとする努力の盛んな人はピンクのチャクラが活性しやすいです。

やはりピンクのチャクラ、すなわち会陰が熱を発しやすくなり、ここがムレやすくなります。



可愛い女性がスカートを好むのはこのため。

可愛い女性には、パンツ(ズボン)よりもスカートを好む人が多いですが、その要因の1つがここにあります。

ズボンは股間の気密性が高くムレやすいため、それが不快に感じ、自然と通気性のよいスカートを好むようになります。

ピンクのソウルカラーを持つ人は幼少時から股間のムレやすさを感じており、物心つく前からスカートを好むようになります。この習慣から、体裁でズボンをはく年齢になっても、彼女はスカートをはくことが多くなります。

スカートをはく女性はモテますが、モテようと意識しなくても自然とモテるようになってしまうわけです。



薬も出ているが、通気性を上げて暮らすのがよい。

近年では、デリケートゾーンのかゆみを抑える市販薬が流通しています。こうしたものを使ってかゆみを抑えるのもよいですが、それと同時に普段の生活から股間の通気性を上げて暮らすほうが健全です。

つまり、なるべくスカートをはいて過ごすということです。

服装の自由があるときは、スカートをはいているとよいです。なるべく短いスカートのほうが、ムレにくいです。

寝巻きは、ズボンのものではなくワンピース型のものを選ぶとよいでしょう。

股間のムレやすい人は、冬場でもワンピース型の寝巻きで寒くないのではないでしょうか。



防犯に気を付けなくてはならない。

ムレを防ぐにはスカートやワンピースを着用するほうが良いのですが、そこにはリスクもあります。

スカートをはいていると、下着が見えやすくなり、それを狙う男性にじろじろと付け回される危険性が高まります。痴漢やレイプにも遭いやすくなります。

なるべくスカートを着用しつつも、人前ではひざ上のものは避けたり、ズボンをはく、スパッツをはくなどして防衛にも努めましょう。

あなたの娘さんがスカートをはきたがる場合、家の中でもこうした防犯をしつけてください。来客があったときに、下着を他人に見られないようにしたほうがよいですし、父親や男兄弟にも下着をあまり見せないほうがよいです。レイプの多くは父親によるものです。父親は、実の娘に性的興奮を覚えるものなのです。

また、兄や弟は、露出の多い女きょうだいの寝室をのぞいたりすることがあります。(実はとても多いです)


家族に裸や下着を見られることは避けられるものではないので、しょうがないと割り切ることも必要かもしれませんが、防犯意識は持っていたほうがよいでしょう。7歳くらいでもう、持っていたほうがよいです。



ぱいぱんにするのもムレ対策に効果的。

性器周りの毛をばっさりと脱毛するのも、ムレ対策として効果的です。

髪の毛の多い少ないで頭のムレ具合がずいぶん違うことをご存じかと思いますが、これは股間とて同じことです。

ぱいぱんにすることは、性病の予防や生理痛の軽減にもつながります。

彼氏に喜ばれる、という効果もあります。



安心できる人と暮らすべき。

股間がムレやすい人は、スカートやワンピースで暮らしたい、帰宅したらすぐズボンを脱ぎたい、下着だけで寝たい、といった願いを持つでしょう。

それを実行したいですが、自制心の低い男性と一緒に暮らしているなら危険なのです。実の家族であっても、あまり誠実でない父親や男兄弟と暮らしているなら、むやみに下着姿で暮らさないほうがよいです。

下着姿で暮らしていたいなら、よほど自制心の強い安心できる男性と暮らしたほうがよいです。または、「彼ならいつちょっかいを出されてもいいわ」と思える男性とです。

男性は、下着姿の女性を見るとムラムラし、セックスがしたいと感じます。それをこっそり眺めてオナニーがしたいと感じます。


ピンクのソウルカラーを持つ女性は、美人でモテますが、悩ましいところもあります。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page