top of page
  • れな

聖と性を併せ持つ、「大天使サンダルフォン」の魂。

「オールドソウル」「花の鎖」などの魂の種類を語る記事です。

オーラソーマを知っている人は、「大天使ミカエル」以外にも大天使の名を冠するボトルがあることを知っているでしょう。解説を期待しているでしょうか。

大天使の名を冠するするべてのコードネームを語る必要があるとは思っていません。

今回は「大天使サンダルフォン」についでです。



聖と性の人。大天使サンダルフォン。

「大天使サンダルフォン」というコードネームを持った魂があります。

大天使サンダルフォンの転生者ということではなく、サンダルフォンに似たオーラバランスをしています。

オーラソーマのボトルにあるように、ヴァイオレットとペールコーラルのオーラを強く持ち、そしてそれ以外のオーラもバランスよく内包しています。

ヴァイオレットは聖の色であり、ペールコーラルは性の色です。

この人は聖と性を併せ持つような気質をしています。


非常にセックスを好みますが、その一方で上品でもあります。

実は芸能人の壇蜜さんが「大天使サンダルフォン」で、彼女はこの魂の人の特徴を非常によく表しています。


「大天使サンダルフォン」の魂を持つ人は、女性しかいません。



奉仕というよりも気品がある。

ヴァイオレットは奉仕の色ですが、「大天使サンダルフォン」がマザーテレサのように奉仕活動に人生を投げ打つことはあまりないようです。

この人のヴァイオレットっぽさは、「上品さ」「気品」といった雰囲気に表れます。成熟した大人の魅力を感じさせ、上品で柔らかいです。(しかし顔立ちは童顔であったりします)

幼いうちに華道、茶道などの上品な習い事を体験するか、そういう振る舞いを生まれながらに持っています。

または、旅館・料亭の女将の娘として上品な振る舞いの教育を受けたりします。

京都の舞妓さんにも多いです。

声優志望者にも多いです。アニメ声の、セクシーな役もいとわないような声優さんです。ミニスカートの衣装で踊ることを好んだりもします。


奉仕をしないまでも、献身的な性格はしており、人に優しく施すようなことは好むでしょう。打算なくそれを行い、その行為自体を気持ちよく感じているでしょう。



セックスを好み、啓蒙心がある。

「大天使サンダルフォン」の魂を持つ女性は、セックスを非常に好むはずです。少なくとも生前の魂はそういう気質をしています。

さらに、「セックスやオナニーはとても大切なことだ!」「みんなを性的に喜ばせてあげたい!」といった思いにあふれ、そのために行動したいと感じるでしょう。それがペールコーラル的気質です。


手近なところでは、風俗嬢やアダルトビデオ女優を志したりします。

また、レズセックスを好む人が多いです。女性好きというよりは男性も女性も両方好きで、女性たちにも性的な喜びを与えてあげたい、といった思いからレズセックスをします。

アロマテラピーのセラピストになり、ちょっとえっちな気持ちを抱きながら丹念にマッサージすることを好んだりします。


セックスを、一人の男性とだけ交わすものだとは思っておらず、様々な人と交わしたいと望みます。それが人にとって自然だと感じています。

自分の快楽のためだけでなく、たくさんの人を喜ばせたい、幸せにしたいと感じています。

もちろん、それが理解されなくて苦しむことも多いでしょう。



多少なりともスピリチュアルに興味があるはず。

「大天使サンダルフォン」は、天使の魂を持つクリスタルチルドレンです。

クリスタルチルドレンの例に漏れず、生まれながらに霊視程度のサイキックを持つことが多く、不可視の世界があることを知っているでしょう。

自己成長に積極的、というストイックなタイプではないでしょうが、スピリチュアルには多少なりとも興味を持っているでしょう。

アロマテラピーやヨガ、リンパマッサージなどを好むケースが多いです。


自然と、怪しいヒーリングに夢中になるなど過剰神秘主義に陥ってしまうことも多く、危うさもあります。そうしたものの講師をしていたりもします。



身近にロイヤルブルーな人がいるはず。

「大天使サンダルフォン」の女性は、キリスト教的な美的なスピリチュアリズムを好む傾向です。裕福さを愛し、美的なものを好みます。ロイヤルブルーを苦手とする傾向です。

しかし、身近なところにロイヤルブルーな人がいるでしょう。

才能があるのに無欲な芸術家や、昇進しようとしない献身的なサラリーマンや、仏教的な清貧の哲学を説くスピリチュアリストなどを、親や兄、隣人、親族に持っていたりするはずです。

その影響を少なからず受けるはずです。


裕福で快適な暮らしを愛しながらも、「人は清貧になるべきでは」という思いを頭の片隅に抱いていたりするでしょう。

若いうちにぜいたくや華やかさに飽きてしまうと、ニ十歳でもう、仏教的な質素なスピリチュアリズムを好んだり、アセンションに興味を持ったりもします。

お金儲けに走るセラピストよりも、ブッダのようなストイックな思想家のほうが優れていることをわかっていたりするでしょう。つまり、私の書くスピリチュアルコラムを好んだりするでしょう。


華やかさと清貧さ、その両方を愛する感じでよいです。

あなたが大勢の人に啓蒙するにあたって、華やかなものを好んでいるほうが、上手くいきやすいです。ブランドを好むような人々にこそ、あなたの思想を伝える必要があるのです。



恋愛に対して大きな理想を持つでしょう。

複数の男性とセックスをしたがるような人です。が、その反面、「素晴らしい男性と愛し合いたい」という大きな理想を抱いているでしょう。

優しい男性を好むはずです。セックスやスキンシップにおいて、優しさやいたわりがとても重要だとわかっているからです。グリーンの強い優しい男性を好み、かつおしゃれなさわやかな、カッコイイ人が好きでしょう。その理想はなかなか叶わず、悶々としているかもしれません。

要はこの人も、「オールドソウル」男性に強烈に惹かれるでしょう。芸術に長けた、おしゃれさを持つタイプの「オールドソウル」です。


ベッドの中で互いに献身しあい、大きな官能に包まれることに至上の喜びを感じるでしょう。


男性に対して臆せず声をかけられる人が多く、30歳を過ぎるころにはある程度自分の理想のセックスを叶えているのではないでしょうか。


セックスばかりを求めて、ちゃらちゃらした男性にばかり体を預けてしまうこともあります。ある程度ラフなセックスも可能ではあり、そうした人生を謳歌することに違和感を持たないかもしれません。

セックスの仕事を天職に感じていたりもするでしょう。



大天使サンダルフォンから啓示を受けることも。

セックスに対して抑圧がなく、かつ自己成長的なスピリチュアリズムを好む(れなのコラムを好むような人)場合、大天使サンダルフォンから霊聴などで啓示を授かることがあります。

あなたがセックスを交わすべき男性についてアドバイスが下りたり、セックスの啓蒙をするためのアイデアについて提案があったり、するでしょう。


神なるものがセックスの話ばかりしてくる、ということにあなたは戸惑うかもしれませんが、「大天使サンダルフォン」の魂を持ち、性と聖を両立しているなら、そうしたことはあり得ます。

「低級霊ではないか」と不安に感じるなら、当サイトの管理人様にチャネリング相談で「本当にサンダルフォンが語り掛けてきていますか?」と確認してもらうとよいです。



セックスの啓蒙の使命を持ちます。

要は「大天使サンダルフォン」の魂の人は、セックスの啓蒙の使命を持ちます。

人々の性的抑圧を解放したり、一途にこだわる恋愛観を改めさせたりします。

また、直接的に多くの人に性的な喜びを与えることも含みます。

この人はセックスを上品な顔で扱うので、相手はセックスに罪悪感や嫌悪感を感じずに楽しむことができるでしょう。それが大切なことです。あなたがあまりに下品だと、意味がないのです。


「女性向けの安価な性感エステを作りたい」などと考えていたりするなら、それはあなたの使命に適っています。「女性が安心して楽しめるアダルトビデオを作りたい」というのも良いです。

性的トラウマを持つ若い女性に、自ら優しく愛撫して恐怖心を溶かしてあげるのも、とても素晴らしいことです。カウンセラーのセンスもあったりするでしょう。


実際には、啓蒙するというところまではいかず、多数のセックスを謳歌するだけにとどまっていることが多そうです。



このサイトの常連読者さんの中に、「大天使サンダルフォン」の魂を持つ女性がいらっしゃるようです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page