top of page
  • れな

耳鳴りはスピリチュアルなメッセージの時もある?

誰もが時々経験する耳鳴り。ささいな症状ではありますが、ときには大きなストレスやうつ病につながることもあります。

スピリチュアル業界では耳鳴りが霊的な現象だと説くものもありますが、真実はどうなのでしょうか?



耳鳴りは神秘現象ではない。

耳鳴りには様々な要因のものがありますが、神秘現象の類はありません。

耳鳴りがするとしても、それが守護霊や天使からのサインというわけではありません。

スピリチュアルなグッズやセラピーの中には、「耳鳴りを治す」と謳うものがありますが、そのようなものにお金を注いでしまわないように気を付けてください。


耳鳴りが深刻な場合、西洋医学の医者にかかるべきです。



西洋医学に頼るのが無難。

耳鳴りは、その原因のすべてが科学では解明されていません。そのためにスピリチュアルな現象と結びつけられたり代替医療がでしゃばったりしがちなのですが、少なくとも代替医療で治せるものではないです。

耳鳴りが多発する場合、難聴を併発していることが多く、耳鼻科で本格的な検査・治療を受けることが大切です。ほとんどはそれで治ります。



整体院では治りません。

スピリチュアルに近いものとして、整体院の類でも「耳鳴りを治す」と謳うものがあります。

しかし、整体院で耳鳴りは治りません。

整体院に通院する中で耳鳴りが治るとしても、整体施術によって治ったのではなく、その期間に他の要因で治っただけです。

もちろん、タイマッサージやアーユルヴェーダでも治りません。



耳鳴りは複雑な生体反応です。

難聴を伴う厄介なもの以外は、生体反応の一種です。

たとえば風邪をひいて鼻をよくかむとき、耳の聞こえが悪くなったりします。これは病気ではなく、鼻から息を吐きだすときにその一部が耳の側に周り、耳の中に奇妙な反応を起こします。それはやがて治ります。

耳鳴りもそれと同じようなもので、体がちょっと特殊な状態に陥るだけです。これは生理機能の進行とともにやがて治まります。



耳鳴りを神秘化するスピリチュアリストには近寄らないほうがよいです。

耳鳴りが頻発する人は、地味に辛い思いをします。そして明確な原因や改善方法が知られていないため、気味悪く感じますし、耳鼻科に行こうという発想にもなりづらいです。

こうした八方ふさがりな悩みであることを一部の卑しいスピリチュアリストは気づき、これを商売や名声集めの道具にしようとします。「除霊をすれば治る」とか「このレメディーで治る」とか言うわけです。


耳鳴りを神秘的なものと結び付けて語るスピリチュアリストには、近寄らないほうがよいです。

その人の書いている他の記事、他の情報にも触れないほうがよいです。不誠実で無知な人ですから。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

コメント


bottom of page