top of page
  • れな

美容整形は罪(負のカルマ)なの?罪悪感を抱く必要はありません。

自分の顔・容姿に自信が持てず、整形手術を望む人は少なくありません。

望みどおりに整形手術に踏み切る人もいますが、ためらいとどまってしまう人も数多くいます。

その要因は、費用の負担の重さや失敗することへの不安など様々ありますが、整形手術に罪悪感を感じている人も少なくないことでしょう。

ピアスの穴を開けることでさえ、「親にもらった体に穴を開けるなんて悪いことだ」と怒る人がいるくらいですものね。



美容整形は「負のカルマ」ではない。

スピリチュアルな観点から言えば、美容整形によって体の形を変えることは、罪悪ではありません。負のカルマが蓄積されるようなものではなく、親の魂との因果を作ってしまうようなことはありません。

顔の整形手術はもちろんのこと、乳房の形を整えたり(豊胸手術)、陰部の形を整えたり、脂肪吸引をしてスリムになることなども同様です。

霊的な意味では、罪悪感を抱く必要はありません。ご安心ください。



親が反対している場合、この文章を見せてあげて。

しかし、罪悪感の要因というのはカルマの問題だけではありませんよね。

あなたのご両親や恋人などが整形手術に否定的な考えを持っているなら、それを押しのけて整形手術に踏み切ると彼らを悲しませることになります。その罪悪感については、霊的な節理で解決することは困難です。

とはいえ、この文章を見せてあげることで、「整形手術は悪いことではないのだ」ということを理解してくれるかもしれませんね。あなたのご両親や恋人が、整形手術は罪深いことだと思いこんでいる場合には、それで解決することができるでしょう。



整形手術がはらむたくさんのリスクには、くれぐれもご注意を。

カルマの面からは整形手術を否定しませんが、しかし実際問題として整形手術はたくさんのリスクをはらんでいることは事実です。その点は注意が必要です。

整形手術を扱うクリニックや医師は、不誠実な人が多いです。口調は丁寧だとしても、それは接客マニュアルにすぎず、心の内は汚れていることが多いのです。準じて、美容整形では非常に大きな価格が付けられています。それを工面することにもリスクがつきまといますから、ご注意ください。

さらに、美容整形には「手術の失敗」というリスクもつきまといます。これは、神社に願掛けをしたりパワーストーンのブレスを持ったりすることで回避できるものではありません。こうした二次的なサギにも引っかからないようにご注意ください。



天使が守ってくれたりはしない。自分で慎重に検討をして。

「スピリチュアルな感性を持っていれば、天使が整形の失敗や悪徳から守ってくれるはず」などと考えている人がいますが、残念ながらそうもいきません。

あなたが霊聴サイキックを持っているなら、お勧めのクリニックを教えてくれたりするでしょうが、「天使があなたを守る」というような魔法はなく、物理的にも無理なので、あなた自身が慎重に進める必要があります。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page