美人の恋のアドバイス。プライドを捨てましょう。

美人は、たくさんの恋を重ねる人が多いです。うらやましいですね。

しかし、意外にも、「良い恋」はあまりしていないようで、恋愛の満足度は高くないようです。

美人が良い恋をするにはどうしたらよいのでしょうか?



プライドが邪魔してしまう。

美人は、恋愛で優位な立場に立ちたいと考えることが多いです。

アプローチされたいですし、相手の気持ちが自分を上回っている状態を好みます。チヤホヤされていることに安心感を覚えるようです。恋愛に対してプライドが高いのです。

しかし、そんな恋を続けていても、今以上の喜びには達しないでしょう。



恋愛の喜びは、チヤホヤされることだけじゃない。

チヤホヤされることの恍惚は、気持ちはわかります。

しかし、恋愛の喜びというのはそればかりではないのです。人は、「愛する」という感情の中で、大きな恍惚を感じます。その「愛する恍惚」は、どれだけチヤホヤされても、優位に立っても、得られはしないのです。気づいていましたか?

恋愛においてより大きな恍惚を、満足感を得たいなら、「愛する恋愛」に取り組みましょう。



好意を感じる男性にアタックしよう。

「愛する恋愛」とはどうやるのでしょうか?

あなたに尽くしてくれる、チヤホヤしてくれる男性に応じるのではなく、あなたがトキメキを感じる男性を追いかけます。

あなたのほうから声をかけ、お友達になります。今の時代で言えば、LINEのIDを交換したり、SNSでフレンド申請をしたりします。

それを実行する美人は少なくないでしょう。しかしそこから、プライドが顔をのぞかせてしまってはいませんか?



「惚れさせる」ことに切り替えないで!

知り合うキッカケを作ると、それからは「惚れさせる」ことに躍起になってしまう美人が多いです。やはり相手より優位に立とうとするのです。また、自分から告白するという事実を避けたがります。プライドが許さないのでしょう。

美人なら、それで上手くいく恋も多いでしょうが、上手くいかずに逃した恋のほうが、上質な相手だったのでは?

なぜいつも、上質な男性の場合その作戦が上手くいかないのでしょうか。



性的魅力が高くかつ誠実な男性は、あまり女性を口説かない。

性的魅力が高く、かつ誠実な男性は、あまり女性を口説かないのです。恋愛を匂わせると女性が不快になりがちだと理解している彼らは、相手を不快にしないように、恋愛的好意を出さずに交流を続けます。愛想はよいでしょうが、「知人の一人」という感じで接し続けます。

魅力的で誠実な男性は、このような傾向があります。


つまり、魅力的で誠実な男性と恋愛がしたいなら、あなたのほうから、女性の側から積極的にアプローチしていかないと成就しません。美人はこれが苦手で、だから最高の恋は手に入れられなくなってしまいがちなのです。

プライドを捨てることで、その失敗は回避できます。



魅力的で誠実な男性は、追いかけるプロセスも楽しい。

「追いかける恋は苦しい」とあなたは思っているのかもしれませんが、相手が魅力的で誠実な男性なら、苦しくはないでしょう。

何気ないやりとりがもう楽しく、恍惚で、プロセス自体がすでに楽しいのです。


そして人は、魅力的な人を思うとき、そこに恍惚を感じます。彼が何を貢いでくれなくても、何をしてくれなくても、「彼を思う」だけで幸せな気持ちになってしまうのです!愛とは本来、この「思う恍惚」のことを言います。

要は、本当に魅力的で誠実な男性を選べるかどうか、そこが最重要なのです。お金や肩書きで男性を見ているうちは、そこには達しないでしょう。



イケメンに恋をしても、その感覚は抱けない。

「魅力的な人を思うとき、そこに恍惚を感じる」この話をするとき、あなたはイケメン男性のことを思い出すかもしれませんね。イケメン男性のことを思い浮かべると、たしかに女性たちは恍惚な気持ちになります。

しかし、「イケメン男性を追いかける」とき、そのプロセスはそう恍惚ではないでしょう。イケメンは、誠実でない人が多いからです。言動が自分勝手で、思いやりが薄いです。そのため、あなたが何か言ってもぶっきらぼうなリアクションばかりで、あなたはヤキモキしてしまいます。ストレスを感じます。そのぶっきらぼうを愛情深いものに変えさせたいと躍起になりますが、彼の利己主義は変わらないので、いつまでもヤキモキし続けるのです。付き合うことが出来たとしても、まだヤキモキし続けるでしょう。

「恋人」という位置にたどりついたとしても、彼のリアクションがぶっきらぼうで利己主義なら、女性は苦しいのです。


性格の良い男性というのは、もっと愛情深いですし、優しいです。コミュニケーションのたびに、あなたを幸福な気持ちにしてくれます。



ですから、恋にプライドは捨てましょう。

ですから、恋にプライドは捨てましょう。

自分が尽くすくらいのつもりでいましょう。

自分から彼の駅まで会いに行くくらいのつもりでいましょう。

それくらい素直に、彼に愛情表現をしてみてください。「あなたの細い指がステキです」「あなたに会いたいな」「ぎゅーっとハグしたいな」そんな少女のような思いを素直に伝えてください。そして実行しましょう。

あなたが好意を感じている魅力的で誠実な男性は、手に入るでしょう。あなたは彼と見つめ合って恍惚し、彼の話を聞いて笑顔になり、彼とセックスをして至福を極めます。


彼に愛されたとたんにワガママ姫にもどらないように気を付けてください。彼に尽くしを求めようと切り変わった瞬間に、その最高の恋はほころびはじめるでしょう。恋は終わってしまうでしょう。

「調子に乗るなかれ」ということを、女性たちはなかなか理解できないようですが・・・