top of page
  • れな

美人に生まれる権利を持ちながら、敢えて美人に生まれない人もいます。

「親ガチャ」などという言葉が出てきました。

「体や住環境は親次第で、運次第である」という考えですが、霊的真理は違います。子の肉体や住環境は自分で選んだものであり、過去世までのカルマやオーラの研鑽度合いによって変わります。

たとえば、美人顔であるかどうかは「親ガチャ」ではなく、オーラの研鑽度合いや魂の種類によるものです。



ピンクのオーラ、またはブルーのオーラが高い人は美人顔に生まれる。

美しい二重(ふたえ)の瞳を持つ「美人顔」の人は、運が良かったわけではありません。

これは、過去世において第10次元ピンクのオーラで80点以上にも達したからです。それはほとんどの場合において、ピンクのオーラだけが高かったわけではなく他のオーラも高く、人格者であったのです。「オールドソウル」「ドルフィン」の女性などが該当します。


次に、第5次元ブルーのオーラが過去世において80点を超えた人も、美人顔で生まれます。アイドルほどぱっちりした二重ではなくとも、上品な二重で美しい顔を持ちます。

5次元は、芸術と精神性の色です。物質主義を卒業し、精神的な充実を求めて生きた人が該当します。そう簡単なことではありません!

クラシック奏者やコーラス隊にいるイメージのちょっとした美しい女性は、このような人が多いです。



天使の魂を持つクリスタルチルドレンも美人顔が多い。

過去世で大きな研鑽を積んでいなくても、美人顔で生まれる人もいます。

それも「親ガチャ」の問題ではなく、魂の性質の問題です。

天使の魂を持つクリスタルチルドレンたちです。

天使の転生者は、初めての肉体転生であってもアイドルのような美人顔を持って生まれる権利を持ちます。実際に、タレントにはこのような人が多いです。

ただし、美人顔である反面、知性や精神性は弱い傾向があり、その美をプロダクションの社長に搾取されたり、不誠実な男性にレイプされたり、といった憂き目に遭いやすいです。


平成世代には美人が非常に多いですが、天使のクリスタルチルドレンが多いからです。

精神性が高いゆえに美人顔を授かった、という女性は少ないです。



美人に生まれる権利を持ちながら、敢えて美人に生まれない人もいます。

ようやくこの記事の本題に入りますが、美人に生まれる権利を持ちながら、敢えて美人に生まれない人もいます。

美人であることは恋愛においても芸能界を目指すにおいても、普通の暮らしをするにおいても優位なのですが、敢えてその特権を選ばない人もいるのです!



マゼンタパーソンの一部。

マジェンタのソウルカラーを持つ女性に、このような人がいます。

マジェンタは第11次元の色で、このオーラで達観している人は第10次元のピンクも達観していることが多いのですが、敢えて美人顔を選ばずに生まれてくることがあります。

マジェンタは「高度な子育て」をテーマに持つ色です。ムーミンママのように優しく厳しく、丁寧に人の世話をする色です。

こうした献身的な人生を生きるためには、「美人でないほうが都合がよい」と考えたのです。

美人だと、男性や社会から尽くされてしまいやすく、すると人には尽くさない身勝手な大人になってしまいやすいからです。



「ドルフィン」の一部。

優秀な宇宙人の魂を持つピュア・インディゴの「ドルフィン」にも、このような女性がいます。

「たくさん旅をしたい」というブループリントを掲げる「ドルフィン」には、敢えて美人顔を選ばずに生まれる人もいます。

美人だと旅先で人から手を差し伸べてもらいやすいのですが、反面、レイプやナンパの危険性も高まります。

美人でないほうが、人々は下心なしに接してくれやすいのです。


多くの女性は、「美人だから助けてもらえた」ということを喜びますが、ある種の人々は「美人だから助けてもらえた」ということに不満なのです。それは「下心」だから不満で、「純粋な人情」によるコミュニケーションが欲しい、と考えるのです。


美人だと目立ちやすく(ナンパされやすく)、ドミトリーのあるゲストハウスに泊まることが煩わしくなります。美人でないと、ドミトリー宿に泊まりやすいのです。格安の旅がしやすいですし、人情の多い旅がしやすいという意味です。冒険的な旅がしやすいのです。「オールドソウル」やスナフキン的な旅人に出会いやすくなります。



「敢えて」ではないが、美人に生まれない人もいる。

「5次元を達成した」「10次元を達成した」「天使の魂である」という条件を満たしながら、美人顔で生まれないケースがまだあります。

ヴァイオレットの「奉仕」を課題またはブループリントとして生まれる人に多く見受けられます。

つまり、バイオレットパーソンに多いです。

美人だと尽くされてしまいがちで、それでは奉仕的に生きることが難しくなるため、美人でない顔立ちで生まれ落ちます。


バイオレットパーソンには美人も多く、美人でない人も多いです。

二極しやすい、ということです。



美人でないことを卑屈にならない人に多い。

「非常に高い精神を持ちながらも敢えて美人顔を選ばなかった」という達観した女性には、やや傾向がみられます。

普通、美人顔でない女性は卑屈になりやすいものです。アイドルを妬んだり、美人なクラスメイトを妬んだりしがちです。

しかし、このタイプの達観した女性は、自分が美人顔でなくても美人を妬んだり卑屈になったりしないのです。「まぁ、可愛い!」と言って美人な人を素直に褒めたり愛でたりします。

恋愛に夢中になる人を寛大に尊重したりします。

最新記事

すべて表示

くりっとした大きな瞳の童顔美人は、天使のクリスタルチルドレンが多いです。

「私はクリスタルチルドレンだろうか?」「私は天使の転生者なのだろうか?」そのような疑問や興味を抱いても、判別することは困難です。 1つ、非常にわかりやす手がかりがあります。 くりっとした大きな瞳の童顔美人は、天使のクリスタルチルドレンが多いです。 容姿の特徴として、くりっとした大きな瞳の童顔美人には、クリスタルチルドレンが多いです。クリスタルチルドレンの中でも天使の魂を持つ人が多いです。 すぐにで

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

Comentários


bottom of page