美しく奉仕的なクリスタルチルドレン「親切心」。

「オールドソウル」「キリスト」「ドルフィン」などのような魂の種類を解説するコラムです。

このシリーズ、ご好評とのこと。

たしかに、自分がどのような魂の人かを理解すると、胸を張って生きやすくなります。「あぁ、変わり者でいいのか」と「性欲が強いのはピンクパーソンだからか」と腑に落ちると、生きやすくなるでしょう。


今回は「親切心(カインドネス)」について解説します。



ヴァイオレットとピンクのソウルカラーを持つ「親切心」。

「親切心(カインドネス)」の魂の人は、ヴァイオレットとピンクのソウルカラーを持ちます。

「チャリティ」の魂の人もヴァイオレットとピンクのソウルカラーを持ちますが、「親切心」のほうがピンクが強く、ヴァイオレットが弱いです。

ピンクとヴァイオレット、つまり当サイトのスピリチュアルコラムで頻繁に話題となる色を持つ人で、熱心な読者さんの中には「親切心」の人が多いかもしれません。

・・・いえ、多くはないようです。

この人はヴァイオレットのソウルカラーを持ちますが、スピリチュアルというよりも占いや願掛けに興味を抱く程度の人が多く、ストイックなこのサイトにはあまり興味を抱かないようです。占い好き、アロマテラピー好きの平成世代の美人女性に多いです。1980年代生まれにもやや多いです。

またはパワースポット巡り、御朱印集めなど好むでしょうか。


ヴァイオレットパーソンの一員と言えます。



あまり優秀ではなく、信仰心が強い。

ヴァイオレットパーソンは、多才で優秀な人が多いです。

しかし「親切心」の場合、多才な人は少ないです。過去世で虹の7色すべてを研鑽してきたわけではなく、ヴァイオレットについてのみ研鑽してきました。

宗教信仰者の過去世を持つ人が多く、修道女が多いです。

神や牧師の言葉に従順に従い、穏やかな暮らしを送り、祈りに身を捧げるような人生経験を持ちます。



親の環境によって、今生の生き様は様々。

「尊敬する人を従順に真似る」といった性質を持つ「親切心」です。

今生では、どのような親元で育つかによって、得意分野や好みが大きくばらけます。

基本的に、母親に似ます。または、母親に放り込まれた習い事を、懸命にこなします。

素直で従順、体力があるため、自分の選んだ習い事について、かなり高いレベルに達するでしょう。美しい顔を持つことが多く、それゆえにステージに引っ張り上げられやすいです。芸能人になったり、人気者になったりすることが少なくありません。

近年、「美人すぎる〇〇」といった形容の様々な専門職者がメディアに取り上げられたりしますが、「親切心」の人が多いです。

本人に、名声欲はあまりないでしょう。


一般的に、知的分野はあまり得意ではなく、芸術や体を動かすことで大成をすることが多いです。



美人だが真面目で、異色を放つ。

「親切心」の女性は、自分のライフワークに対してとても真面目な人が多いです。努力熱心、練習熱心です。

美人なのに流行遊びをしないで専門技術に打ち込んでいたりするので、異色な存在となります。「不思議な美人だね」という印象を周囲に与えるでしょう。


美やオシャレには興味があり、あまり遊ばないながらもおしゃれにはこだわりがあるでしょう。

また、よく微笑む愛想のよい人が多いです。

楽観的で、あまり深刻になりません。



モテるが、恋愛には不満が多いかも・・・

美人ですし、愛想よく微笑みますし、スペシャリストとして脚光を浴びやすいので、モテます。

しかし、派手なこの人を口説いてくるのは快楽主義な男性ばかりで、あまり良い恋愛には恵まれないようです。

恋愛観は母親や大衆に流されるので、もっぱら受け身になってしまうことが多く、男性に振り回され続けます。


母親が恋愛に自発的な人である場合、この人も自分から追いかけるでしょう。その場合、非常に幸福な恋愛を送るでしょう。美人でほがらかで献身的なので、彼氏をとりこにします。



「おしゃれだがバブリーではない」という性質に気付いて!

「親切心」の女性は、おしゃれでしょう。可愛くありたいと強く願っているはずです。スキンケアやメイクを好み、ピンク色の可愛い部屋着など好きなはずです。

しかし、バブリーではないでしょう。高級品やブランド品にはあまり興味がなく、バブル世代っぽい雰囲気の人々を好まないはずです。