top of page
  • れな

罪悪感を感じるなら使命を生きましょう。

スピリチュアルや宗教に熱中する人には、過去の自分に対する罪悪感を動機にしている人も少なくないようです。

罪悪感や罪悪を解消し、地獄に落ちないようにするためにはどうすればよいのだろうか?という模索です。

世の中には、罪を洗い清めると謳うグッズやセッションが数多いようですが・・・



カルマを浄化するセッションなど何もない。

罪悪感を抱くタイプのスピリチュアリストが陥りがちな過ちがあります。

「生き方を改めよう」と決意してスピリチュアルな書物など漁るのですが、その中で「〇〇のセッションを受ければカルマを浄化することができる」などと読んで、それで罪を洗い流そうとしてしまうのです。

しかし、どんなセッションにもヒーリングにもグッズにも、罪やカルマを洗い清めるような効果はありません。そんなものに散財をしないように、だまされないように注意してください。

カルマの解消に対してラクをしようと考えると、あなたはだまされ、散財するでしょう。



宗教信仰や参拝でも、罪を洗い清めることはできない。

宗教信仰や寺社参拝にも同じことが言えます。

たとえばキリスト教の懺悔は、罪を告白して献金することでその罪を洗い清められると説きますが、それはでたらめです。

たとえばチベット仏教では、マニ車というものをくるくる回すだけで罪を洗い流せると説きますが、それもでたらめです。

多くの宗教が、「〇〇の宗教行為で罪を清められる」と説くのですが、それはすべてでたらめです。彼らは、献金が欲しいのです。



罪悪感を解消したいなら、奉仕をしましょう。

罪悪感を解消したい、過去に行ってしまった罪悪行為をつぐないたいなら、奉仕をしましょう。見返りを求めずに人のために尽くすのです。

仏教的な言葉で言えば、カルマを解消できるのは徳を積むことだけです。

とはいえ、仏教で「徳を積む」と言われている行為のすべてが奉仕に該当するわけではないです。たとえば写経などに徳を積む効果はないですし、お遍路に徳を積む効果はないです。(お遍路歩きは有意義なものではあります。)

神棚を祀ったりお供え物をしたり、墓掃除、先祖供養なども、徳を積むことにはなりません。奉仕には該当しません。

神棚やお供え物をするなら、子ども食堂でも開いて実際の子供や飢えた人に食事を提供してあげてください。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page