top of page
  • れな

結婚願望が強い人ほど、複数の恋愛を経験したほうがよいです。

結婚願望の強い人には、結婚願望が強いわりに恋愛には消極的な人がいます。そして彼氏が出来ると、その人とあっさり結婚してしまう、というような人がいます。学生時代に付き合った人とそのままゴールインすることが美しい、といった考えをする人がいます。

いいえ、結婚願望が強い人ほど、複数の恋愛を経験したほうがよいです。



恋愛経験が1人だけでは、視野が狭くなってしまう。

男性を一人しか知らないまま結婚してしまうと、視野が狭くなってしまいます。

そして、その彼の振る舞いが当たり前だと思ってしまうのです。

たとえば、「早く夕飯作ってくれよ」などと偉そうに言う男性がいます。「彼が稼ぎ彼女が家事担当」といった構図が二人にとって暗黙の了解であるとしても、こんな横柄な言い方は良くないことです。しかし、この彼しか知らない女性は、「男性はこういうふうに言うものなのだろう」と思い込んでしまいます。

いいえ、もっと謙虚な男性が大勢います。

他にも、臭い靴下を脱ぎ散らかしにする、とか、口臭がやたらきつい、とか、夫婦の会話をせずにスマホに熱中している、とか、様々な問題点に対して、「お給料を稼いできてくれてるからそれくらいはいいだろう」と妥協してしまうことが多いのです。

そうして、結婚をしてから後悔します。


複数の男性と恋愛を重ねると、自然と視野が広くなります。

「こういう男性もいるがこういう男性もいる」ということをたくさん理解するようになります。

自分にとってどういう気質が心地よく、どういう振る舞いが心地よくないのか、わかるようになってきます。「私の場合、こういう気質の男性は選ばないほうがよいのだわ」ということがわかるようになってきます。

男性の贈り物が、表面的な優しさにすぎないということがわかってきます。

「気前のよい男性よりも、無神経なことをしてこない男性のほうが良いな」ということがわかってきます。



そして、離婚が出来なくなってしまう。

「彼がダメ男なら離婚をすればいいからいいじゃない」とあなたは言うでしょうか。

しかし、恋愛経験の少ない女性は離婚を苦手としがちです。

別れることへの免疫がないため、別れが怖くなってしまうのです。「気ごころの知れた彼がいなくなることが寂しい」「また新しい男性を見つけられるか不安」「経済的に頼りきっていたので、労働に戻れるか不安」といったことです。

そして結局、彼に支配されて辛くても、離婚ができないのです。


付き合う、別れる、ということを繰り返してきた女性は、別れの寂しさや不安を乗り越えることに免疫が出来ています。だから、「彼はあまり良くないかもしれない」と思ったとき、すんなり別れを切り出すことが出来ます。大きな苦しみを感じずにそれを乗り切ることが出来ます。


また、結婚する前に、「情と愛情は違う」ということを理解すべきです。

「彼は嫌なところも多いが、共に過ごした期間が長いので愛着がある」といって別れられない人がいますが、情と愛情は違うのです。

そのような考えをしていると、贈り物と無神経を交互に繰り返す精神性の低い男性に支配されてしまいます。



別れを恐れると、彼に支配されてしまいがちです。

「彼と離れるのが寂しい」「自分で稼げるか不安」といった心情から、別離できないでいることを見透かされると、大抵の男性は調子に乗ります。

「こいつは俺が少々わがままを言っても、別れることはできないだろうな」と思うのです。

そして仕事の帰りが遅くなったり、金遣いが荒くなったり、お酒がひどくなったり、言動が無神経になったりします。

そのわりに「働きに出るな」「飲み会に行くな」などと妻を支配します。

不倫や風俗をします。不倫や風俗がバレたとしても、妻は別れられなくて我慢をするだろう、と調子に乗ります。


男性の中には、あなたを支配しない人もいるのです。



セックスに不満な結婚生活になりがち。

すぐに結婚を決めてしまう女性は、セックスに不満な結婚生活になってしまいがちです。

セックスにおいても比較を知らず、探求を知らないからです。

結婚を急ぐ女性は大抵、セックスに重きを置いていませんが、結婚をして子作りのためにセックスの回数を増やすと、性感帯が敏感になりだし、セックスの快感に気づき始めます。しかし、旦那のセックスが淡泊であったり乱暴であることに気づいても、もう後戻りができません。

もっと他の男性ともセックスをしてみたい、と思っても、もう恋愛の自由はありません。


セックスの酸い甘いを知らずに、結婚をすべきでないのです。

結婚は、「セックスは一通り知って、満足したわ」と思えてからしたほうがよいです。


そして、あなたのセックスが上手でないと、彼は不倫や風俗に走るでしょう。



恋愛経験が少ないと、どうしても視野が狭いのです。

そして自分の視野が狭いことがわかりません。

彼の無神経さや幼稚さがわからず、不愉快をこうむり続けることになります。

そして、辛くなったときに恋愛相手を変えるスキルも育っておらず、手詰まりになってしまいます。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page