精神性の高い人は友達が少ない?

友人が少ないことを悩んでいる人、いることでしょう。

友人が少ないことそのものだけでなく、それはすなわち、自分は性格が悪い魅力のない人間だからではないかと、自己卑下にも陥っているかもしれませんね。

しかし、そうとも限りません。



精神性の高い人は友達が少ないです。

精神性の高い人は、友達が少ないです。

精神性の高い人は、同学年の人々や大衆の好み・言動が幼くくだらなく感じられます。それと一緒になってワイワイしたいとは感じません。そのノリについていかないので、自然と孤立します。ついていかないので、「この人は気が合うな」と思ってもらえることは少なくなります。

本当は、精神性が高いなら精神性の高い人々と引き合って友人関係が出来るわけなのですが、現代日本には精神性の高い人が少ないので、彼らは孤立するのです。



精神性の高い人はワイワイとつるまない。

また、精神性の高い人は、とりとめのないおしゃべりや女子会、飲み会、といったものを嫌います。好まないです。SNSでリア充自慢などもあまりせず、そもそもSNSの周囲の投稿が幼く感じられるので、あまり顔を出しません。

すると、精神性の高い人は、友人がたくさんいるとしても、毎日周囲がワイワイとしたりはしないのです。

彼らは、年に1回くらい食事をしては、上品に語り合ってさよならします。そうしたさばさばした交流を好みます。親友だと感じていても年に1回2回しか合わなかったりするので、あなたの日常は孤独がちになります。



精神性の高い人は、都会のにぎやかな場所に出ていくことも嫌います。

都会に出れば、友人と会っていなくてもにぎやかさを感じられますが、都会に出ないのでそれさえ少ないわけです。


「孤独でもいいじゃん」と開き直ることです。

精神性の高い人は、どうしても孤独がちになります。

それを嘆いてもしょうがないので、「孤独でもいいじゃん」と開き直りましょう。

孤独を、ミジメだとは思わないようにしましょう。



芸術や読書など、一人で時間のつぶせる趣味を作ろう。

孤独な時間に虚しさや退屈さを感じやすいなら、一人で時間のつぶせる趣味を作るとよいです。

ギターを弾く、絵を描く、手芸をするなどの芸術は、たくさんの時間を黙々とつぶせます。

または文学小説に夢中になるなど、読書も一人でたくさんの時間をつぶせます。



芸術や読書を好む人には、精神性の高めな人が多いです。

すると、これらの趣味を持っていると、その共通話題を通じて精神性の高めな友人を作りやすいというメリットも生じます。

SNSなどで、その趣味の話題について遠くの友人と語りあうだけでも、楽しいでしょう。多少は時間がつぶれますし、孤独をまぎらわしてくれます。



孤独は、恋愛しやすいメリットがあります。

たとえば学生時代、精神性が高いゆえに気の合う友人が少ないなら、無理に級友たちの輪の中に入ろうとしないほうがよいです。小説でも読みながら一人でたたずんでいるとよいです。

学生時代、ある異性が気になっても、友人たちに囲まれているその異性に声をかけるのは難しいものです。しかしあなたが一人でたたずんでいるなら、あなたのことが気になる異性はあなたに声をかけやすいのです。

その異性も、きっと精神性の高い人でしょう。

あなたたちはワイワイした流行遊びが出来なくても、良い恋ができます。



「気が合わない」と「無愛想」は違う。

あまり気が合わないなら、無理にクラスメイトや同僚と仲良しごっこをしなくてよいのですが、しかし、無愛想につんけんするのはよくないです。

彼らに話しかけられたなら、にこやかに微笑んで、愛想よく応じましょう。必要があるときにはにこやかに話しかけ、親切に、フレンドリーに接しましょう。

社交性は、しっかりと磨いておいたほうがよいです。社交性は、重要なものだと認識しておいたほうがよいです。

無愛想で排他的だと、異性からも好かれないですし、友達が少ないばかりか嫌われてしまいます。