top of page
  • れな

真面目に生きてきたことを嘆かないで。

世の中は、誠実な人が報われるわけではありません。

欲しいものを「欲しい」と主張する人たちが快楽を得ますし、「私がやったのよ」と自慢する人が賞賛されます。

オーラの成長においても同じことが言え、保守的に堅実に生きる人よりも好奇心に任せて飛び出して行く人のほうが大きな総合力に達しやすい傾向があります。

真面目に生きてきた人は、「私の人生は虚しかったのでは」と嘆くでしょうか。

しかし、どうか嘆かないでください。



極みに達するのは、結局は真面目な人です。

「キリスト」タイプな自由奔放な人は、「平均60点」くらいの秀才的な総合力には達しやすいです。それに、多くの大衆にも愛されやすいです。

だからうらやましく感じます。


しかし、「平均70点」やアセンション、大大天使(大天使のさらに上)にまで達するのは、やはり「根が真面目」な人です。

様々な事柄で本当に高みに達するには、真面目な倫理観と「コツコツと地味な努力を続ける」という勤勉さが不可欠です。

グリーンが非常に高い人というのは、真面目に暮らし、勉強や仕事などの義務を責任感持ってこなそうとする人です。



アセンションレベルの人は、真面目な人が好き。

「平均70点」、アセンション並み、大大天使、それくらいの極めて達観した人たちは、「真面目な人」が好きです。

極めて達観した人と意気投合するのは、結局は真面目な人です。


どれだけ多彩でも、「真面目さ」という幹の(少)ない人に対して、全幅の信頼は置けません。

極めて達観した人は、何かのプロジェクトのメンバーを選ぶとき、少なくとも主要なところには真面目な人を指名するでしょう。そこに選ばれるのは、可愛いアイドルではなくあなたです。


真面目な人を信頼しますし、真面目な人の「真面目さ」が好きなのです。そこに好感やトキメキ、尊敬を感じます。



真面目さの次に快楽的要素を伸ばす、その順番で良いです。

勤勉さ、社会性、知性、そのような真面目な要素をまずは伸ばす生き方で、間違っていません。

「私は充分に立派になったな」と感じたなら、それらは少し脱力して、異なる側面を磨いていきましょう。

おしゃれを磨いたり、笑顔を磨いたり、冗談を言う練習をしたり、人を笑顔に出来る芸能を磨いたり、などです。

フリーランスなどユニークな生き方を選ぶのは、立派な社会性を発揮してからでよいです。

「真面目なのに自由」そのような人が、とてもとても魅力的です!


人に信頼される真面目さを確立できたなら、次はおしゃれに励んだらよいです。可愛くなり、セクシーになったらよいです。するとあなたは、多彩で魅力的な人になります。

あなたの真面目さや勤勉さを、おしゃれや芸術やセックスや快楽的要素に費やすなら、それらでも高みに達するでしょう。勤勉さと努力によって、非常に可愛くセクシーになるはずです。


勤勉さは、すべての能力を伸ばす重要なカギです。



「60点」な人たちでは満足できないはず。

あなたは、精神性の高い、総合力の高い人を友人や恋人や仲間として求めるでしょう。

最初のうちはテレビタレントのような「平均60点」くらいの人をとても魅力的に感じるでしょうが、しばらく一緒にいると、その人では物足りなくなってくるでしょう。

グリーンを中心に、各色がもっと高いような人でないと、「居心地がよい」と感じられないはずです。


あなたは、恋人や友人に「平均70点」くらいの人を求めてさまようでしょう。

そのような人を見つけて声を掛けたとき、あなたのこれまでの真面目さや勤勉さの土壌は非常に役に立つはずです!あなたは気に入られますし、信頼されます。



真面目に生きてきたことを、どうか嘆かないでください!

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page