top of page
  • れな

真面目な女性は股間が蒸れやすいです。

元来、股間が蒸れやすいのはピンクパーソンです。

ピンクのソウルカラーを持つ女性は、膣の中にあるピンクのオーラが生まれつき活性しやすく、このあたりに汗をかきやすくなります。だから股間が蒸れやすいです。

ピンクパーソンはおしゃれや楽しいことが好きな快楽主義な人が多いのですが、それとは反対の真面目な女性も、股間が蒸れやすいです。



第1チャクラが活性するから。

この記事において「真面目」というのは、仕事や学校の授業を生真面目にこなすような人のことを指しています。

いつもしっかり体を動かし、体育の授業も真面目に受け、怠けずによく歩くでしょう。

このような女性は、第1チャクラがよく活性します。

第1チャクラは会陰、つまり女性器のあたりにあります。ピンクのチャクラと同じような場所なのです。

すると、真面目な女性もまた会陰のあたりが熱を持ちやすく、股間が蒸れやすくなります。



股間が蒸れると、かぶれやかゆみになりやすい。

股間が蒸れてしまうと、かぶれてボツボツになってしまったり、それによってかゆみにさいなまれやすいです。デリケートゾーンの塗り薬など欲しくなるでしょう。そうしたものを使っても上手く治らないこともあります。

股間のかぶれの悩みは人に相談しにくく、なおさら厄介です。医者に見せるのもなんとなく嫌ですね。



スカートをはくとよいです。

ピンクパーソンは、かわいいおしゃれを本能的に好む傾向にあり、スカートをよくはきます。股間が蒸れて不快に感じたとき、さっとスカートをはくでしょう。そのため、かぶれやかゆみの問題を軽減することができます。


しかし真面目な女性は、スカートを嫌う傾向にあります。

蒸れを感じてもスカートをはこうという発想にならず、かぶれやかゆみはどんどん悪化してしまいがちです。

外出時にスカートをはきたくはないかもしれませんが、せめて家の中ではスカートをはくとよいです。部屋着をワンピースにするとよいです。

それだけでもかなり違ってくるでしょう。



VIOのムダ毛処理をするとよいです。

性器まわりのムダ毛を処理することでも、股間の蒸れ、その不快感やかぶれを軽減することができます。

必ずしもサロン脱毛や永久脱毛でなくてもよいです。

いわゆる「ぱいぱん」と呼ばれる状態で、真面目な女性はこれを恥ずかしがる人も多いでしょう。その場合、性器の上の丘の部分の毛を少し、形を整えて残すとよいです。

はたからはぱいぱんには見えません。



女性にスカートをはかせるのは性差別。それは間違っていないが・・・

女子中高生が制服でスカートを着用する、OLがスカートスーツを義務付けられる、そのような社会習慣を不快に感じる人が、真面目な女性には少なくないでしょう。

たしかに、男性や権威者が女性たちに対してスカートを強要することは、性差別と言えます。現代の世の中は性差別が横行しており、それは問題です。


しかし、上述のように、女性たちは真面目な人もおしゃれの好きな快楽的な人も、股間が蒸れやすいのです。これはズボンをはいているよりもスカートをはいているほうが、快適に健康に過ごせるのです。


だからといってスカート社会が肯定されるべき、というわけではなく、あなたはあなたで、スカートとズボンを適宜使い分けられるようになるとよいです。それはあなたを快適にするでしょう。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page