top of page
  • れな

看護師・介護士を親に持つ人は、啓蒙の使命を持つことが多いです。

自分の使命が何であるか、誰についていきどんな人生を送るべきか、悩む人は多いでしょう。

幼い頃に親から与えられた環境の中に、そのヒントが隠れていることがあります。



看護師・介護士を親に持つ人は、啓蒙の使命を持つことが多いです。

両親または祖父母あたりに看護師・介護士を持つ人は、啓蒙の使命を持つことが多いです。

どちらかと言えば、同性親の職業は「真似すぎべき職業」で、看護師の母を持つ女性が芸能界を目指したり作家になったりするのは間違っている感じがします。しかし、そうでもないのです。

母親が看護師なのに、歌手や作家やブロガーになるブループリントを持った人もいます。



看護師や介護士を目指してもよい。

学生時代に、母と同じ様に看護師になりたいと憧れ、懸命に医療の勉強をしたり医療の学校に進んだりしてもよいです。病院で看護師として働いてもよいです。

看護師としての基礎的な知識や努力熱心な気質、大きな月収を稼ごうとする自立精神などは、あなたが啓蒙活動を行ううえでとても重要なパーツです。

介護士についても同様です。


看護師や介護士をしていて、「この仕事に違和感がある」と感じて辞めたくなったなら、あなたはいよいよ、看護師よりも啓蒙のほうを使命に持っている可能性が高いです!

「医療業界が不正ばかりで、これに加担するのが苦しい」「患者を甘かすことが有意義だと思えない」「化学医療ではないもので患者を健康にしたい」などと強く感じるなら、あなたはロイヤルブルーの感性が高いのです。

高い慈愛とロイヤルブルーの感性を併せ持つ人は、素晴らしい啓蒙者になります!



歌が好き?文章を書くのが好き?

看護師・介護士として立派に仕事をこなしていながも、歌が大好きであったり文章を書くのが大好きであったりするでしょうか?

それがあなたの啓蒙の道具になります!

歌も文章もどちらも好きなら、両方を使ってもよいです。

漫画を描く、というのでももちろん良いです。



美人であることが多い。

啓蒙の使命を持つ人は、美人であることが多いです。

看護師にはもともと美人が多いですが、啓蒙の使命を持つのは瞳の大きなアイドルっぽい美人であることが多いです。



芸能界に入らなくてもよい。

啓蒙をするにあたって、必ずしも芸能界に入らなくてもよいです。

Youtubeで歌ってみたり、無料のブログで文章を書いてみたり、小説投稿サイトにライトノベルを投稿したり、そのような取り組みで充分です。

あなたのルックスも上手く使って、大勢の人があなたの作品を見るようにアピールをしてください。


従来の仕事をしながら啓蒙を行うことも可能でしょう。

芸能の仕事で生計を立ててもよいです。

どちらでもかまいません。

が、大金持ちを目指して貪欲になると、啓蒙の説得力がなくなってしまいがちです。気を付けましょう。



美人だけど露出をしない、でもよい。

美人の顔立ちは普及力の高さを見越して持って生まれたものです。それは啓蒙活動に大いに役立ちます。

しかし、大勢の人に自分の顔や素性を露出したくないと感じるならば、顔を出さずに啓蒙活動を行ってもかまいません。

ただし、顔を出さないとほとんど人に注目してもらえない、ということもあり得ます。

顔を出さずに可愛いアニメキャラのアバターを使って気を引く、など、他の注目を浴びる手段を講じる必要がありそうです。



歌を歌ったり、自己表現をすることが楽しいと感じているのではないでしょうか?

楽しみながら行えばよいです。

啓蒙のために心身をボロボロにする必要はありません!

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page