top of page
  • れな

略奪愛に興奮してしまう。私は精神性が低いの?

近年は、レディコミがスマートフォンで読めるようになりました。

女性向けのアダルトビデオなども普及しています。

こうしたものでは、性描写が過激なだけではなく、略奪愛などアンモラルな恋愛事情を描くものが多いです。それを見たときに非常に興奮をしてしまい、「私はひどい人間なのではないか?」と落ち込んだり悩んだりする人がいるでしょうか。



「興奮するだけ」なら問題ないです。

友達の彼氏に押し倒されてしまった。

先生が小学6年生の男の子にいたずらをする。

このようなアンモラルなセックス描写に対して、「興奮するだけ」なら問題はないです。精神性が低いわけではなく、変態とも言えないでしょう。

こうした描写に影響されて、実際に友達の彼氏を奪おうと行動するなら、問題です!それは自制心で抑えるべきことです。



色々なものを見せられるので、興奮するのは仕方がない。

略奪愛などのセックスコンテンツを見て、興奮を感じてしまったりするのは、仕方のないことと言えます。

人は、様々なものを見聞きすることで、そこに好奇心を覚えるのです。「これは楽しい!」「これは気持ちいい!」と書かれているとなおさら好奇心をくすぐられ、憧れや興奮を感じます。


アダルトビデオなどでは、略奪愛などのセックスを、主人公が非常に恍惚する、という方向性で描くため、読者はそれに興奮したり憧れを感じたりするのは、仕方ないことと言えます。

「こんなことをしてはいけないわ。でも気持ちいい!」といった心情で描くでしょう。

人はそもそも、禁じられていることに興奮したり興味を抱いたりする性質を持っているため、セックスにおけるアンモラルな描写で人が大きく興奮するのは、自然なことと言えます。

あなたはおかしくはないですし、精神性が低いわけでもないです。



体験してみたいと感じるとしても、それは疑似体験に留めて。

アダルトビデオやレディコミなどでアンモラルなセックスを見たとき、「私もこんな快感を体験してみたい」と感じたりするでしょう。

そういう場合、その話とまったく同じようにするのではなく、疑似体験に留めるべきです!あなたの安全を守るために!


たとえは、レイプじみた激しいセックスに憧れを感じる女性がいるでしょう。

だからといって、ミニスカートをはいて満員電車に乗ったりするのは間違いです!そうではなく、レイプなど絶対にしなさそうなとても優しい彼氏に、「ちょっと激しくしてみて」とお願いするとよいです。「押し付けられるようなプレイがしてみたいの」などと。彼は、あなたの様子を見ながら、加減をしながら演じてくれるでしょう。あなたはそれだけでも充分に興奮できるはずです。


彼氏にお願いすればよい、という話ではありません!

あなたの今の彼氏が、あまり優しくもなく自制心に長けているわけでもないなら、このような危険なセックスをお願いすべきでないです。彼は本気であなたを犯すような乱暴なセックスをする危険があります!

今の彼氏があなたの要望に合っていないなら、彼氏を変えるべきです。



時代が過激になっていくほど、女性たちも淫乱になっていきます。

私たちはセックスの観念について、一つ上の世代の人々の価値観を基準に据えるのが自然です。団塊世代の人々はセックスに開放的になりましたが、自分の親の戦前世代くらいの保守的な人々の観念で育ち、「結婚するまでセックスすべきでないが、どうしてもしたい!」というような葛藤を抱えながら生きました。

その団塊世代にはセックスを解放的に楽しむ人が増え、セクシーな衣装でテレビに出るタレントも増えたため、バブル世代にはもはや、婚前セックスを不道徳と考える人はほとんどいません。

バブル世代の子の平成世代は、ミニスカートをセクシーな服装だと考えていません。


このようにして、時代が示すセックス観に大衆は染まっていくため、時代が進むほどに女性たちも淫乱になっていきます。

日本人女性は、「恋愛やセックスは自分から誘うものではない」と考えるため、積極的にセックスを誘うような女性は少ないですが、性的快楽に対しては非常に貪欲になっています。昔の女性は、アダルトビデオなど不愉快で見ようとも思わなかったのです。


あなたの親や、あなたが昔読んだ小説などに比べて、あなたはかなり淫乱かもしれません。そのために自分は醜いのではと感じるかもしれませんが、それは「時代の変化」なのです。



セックスを安全に扱うことが大切です。

セックスや性的快感を楽しむこと自体は、悪ではありません。

しかし、セックスはリスキーで危険なものではあります!

その実情を理解し、「安全に楽しもう」と慎重に行動することが大切です。

誰がセックスにふさわしい相手か、慎重に考え、見極めてください。誘われたからついていくのではなく、酔ったからセックスするのではなく、自制心を働かせて慎重に考えてください。

女性たちから見て、本当にセックスに適した男性というのは、とても少ないです。男性のうちの1%程度だと考えてください。軽はずみにセックスしたり恋愛したりできるはずはないのです。多くの女性たちはとても軽率で、だからセックスで傷ついてしまうのです。


「オナニーする姿を見られたい」などとワイルドな欲求を抱く女性もいるでしょう。それも異常なことではなく、満たしてもよいのですが、見せても安全な男性が誰であるのか、くれぐれも慎重に選んでください!あなたの淫らな姿を動画に撮っても、それを悪用しないのは誰なのか、慎重に選んでください!

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page