top of page
  • れな

男性はフェラチオよりも挿入のほうが気持ちいいんじゃないの?

私(れな)はセックスの記事の中で、「男性は挿入よりもフェラチオのほうが気持ちいい」と書くことがあります。

それに対して疑問を感じる読者さんがいらしたようです。

男性はフェラチオよりも挿入のほうが気持ちいいんじゃないの?と。



まずは挿入したい、が男性の心理。

「フェラチオよりも挿入のほうが気持ちいい」というのも間違ってはいません。


男性たちは、可愛い女性とセックスをしたいと願います。それは、ペニスを女性器に挿入して1つになりたいのです。そして可愛い女性の裸やセクシーな姿を見たいと願います。


しかし、彼女が非常に上手にフェラチオをするなら、挿入律動の快感よりも、フェラチオの快感のほうが大きいと感じます。そのまま口内に射精をするほうが、彼女の膣で律動して直前に引き抜いてお腹のうえに射精するよりも、気持ちいいと感じます。


フェラチオよりもセックスを交わしたい、という願望が強いのはそのとおりです。達成欲求、獲得欲求といいますか、美しい女性の秘められた姿を手にしたい、といった欲求は男性にとってなによりも興奮するものであるようです。

女性のぬくもりや質感を全身で感じたいのです。



彼女のフェラチオが上手かどうにも左右される。

また、フェラチオが至高の快感になるかどうかは、彼女のフェラチオが上手かどうにも左右されます。

彼女のフェラチオがあまり上手でない場合、膣の中で律動する時間のほうが気持ちいい、と感じることもあるでしょう。


フェラチオの持久力がない彼女に対しては、フェラチオしてほしいとあまり感じないこともあるでしょう。「それだったら挿入しているほうがいい」と感じます。


フェラチオの技術は奥が深いもので、あなたのフェラチオがあまり男性を満足させないとしても、仕方ないです。あなたの努力不足もあるかもしれませんが、彼がそれほど魅力的でないからがんばる気もしない、という要因のこともあるでしょう。

がんばってはいるがなかなかコツが掴めない、ということもあるでしょう。


あまり魅力的でない彼に対して、女性がフェラチオをあまりがんばれないのは自然なことです。好きでもない男のペニスなどくわえたいものではありません!



中出しよりもフェラチオ口内射精のほうが気持ちいい。

「男性は中出しが気持ちいい」という話もよく聞かれます。

射精の直前に引き抜いてお腹のうえに射精するよりも、膣の中で射精するほうが気持ちいいです。

コンドームを付けたまま膣の中で射精するよりも、生挿入のままで膣内射精するほうが気持ちいいです。


しかし、彼女のフェラチオが上手な場合、生挿入で膣内射精するよりも、フェラチオで口内射精するほうが大きな快感に達します。膣内での単純律動での快感よりも、フェラチオで舌や手でぐりぐりと絞る刺激のほうが、快感が大きいからです。


生挿入(コンドームを付けない)で膣内に射精することは、快感というよりも幸福感といいますか、「憧れ」や「背徳感」のような魅力があるようです。

美しい女性の膣内でコンドームを付けずに射精してみたい、といった大きな憧れは、誰しもあるようです。



ずっとフェラチオよりも、やはり抱きしめ合いたい。

あなたのフェラチオがとても上手であるとしても、彼はあなたとセックス(挿入)もしたいと願うでしょう。やはり、抱きしめ合ってぬくもりを感じたり、女性の体の美しさを体で感じたりすることを望みます。



フェラチオは奥が深い、と書いているだけです。

「男性は挿入よりもフェラチオのほうが気持ちいい」と私が書くのは、「フェラチオは挿入よりも気持ちいいものになり得る」と書いているだけです。

フェラチオは奥が深いので、上手になればなるほど彼に大きな快感をもたらします。


大好きな男性を喜ばせたいと願うとき、フェラチオの技術を磨いたり長い時間フェラチオしてあげたりすることは非常に有意義です。美味しい玉子焼きを作ってあげようと研究するよりも、ずっと彼を喜ばせるものであるのが実情なのです。

または、夫とセックスレスにならずセックスライフを充実させたいなら、フェラチオが上手になることは彼への大きな求心力を持つでしょう。



可愛いあなたとセックスすることも、彼にとってとても幸せです。

「フェラチオが上手でないとだめなのか」などと委縮しないでください!

そうではないのです。


可愛いあなたと、彼はセックスをしたいと願っています。それが叶ったとき、彼は天にも昇るほどに幸せな気持ちになります。セックスの技術や経験が乏しいとしても、あなたが彼とセックスをするだけで、彼をものすごく喜ばせることが出来ます。

可愛いあなたと一つになったり、あなたの裸やセクシーな姿を見ることで、彼は人生で最高の喜びを感じるのです。女性とは男性にとってそういう存在です。

女性は、自分が女性であることに自信を持ってください。


「快感」と「幸福」の違い、という感じでしょうか。



最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page