top of page
  • れな

男性のほうが女性よりもえっちなの?

「男性のほうが女性よりもえっちだ」と思っている女性は多いでしょう。



昔の女性は、セックスに興味がなかった。

戦後世代くらいまでの日本人女性は、あまりえっちではありまんでした。セックスに興味は薄く、性欲が高まることもあまりありません。セックスとは子孫繁栄のためにあり、結婚をした後に義務的に交わすものだと考えていました。

第2チャクラのあまり活性していない女性は膣があまり濡れず、性欲が高まらないのです。

戦後世代くらいまで、日本人女性の多くがこのような感じでした。


日本人女性の性意識は、そんな昔の世代の女性たちの性意識を今でも引きずっており、だから「女性は男性よりもえっちでない」と思っているのです。


しかし、団塊世代くらいから女性の気質は大きく変わり始めました。



男性はオープンで、女性はむっつりスケベ。

団塊世代くらいからは、女性も性的関心の高い人が増え、性的な快感を求める人が増えました。

セクシーなタレントや性情報が氾濫し、セックスへの興味をそそられることが増えました。

シャワーや近代的な道具の数々が、女性たちの性的快感への目覚めを速めました。

今では、女性たちの多くもえっちです。


男性は、性欲に対してオープンな人が多いのです。下ネタを言わないとしても、「セックスしたい」という思い自体は隠さない人が多いです。

対して女性は、セックスに感心があってもそれを表に出さない、いわゆる「むっつりスケベ」な人が多いのです。セックスやオナニーは好きで、しかしそれを素直に言わないのです。



女性のむっつりスケベは、間違ったことでもない。

女性たちのむっつりスケベな気質は、必ずしも悪いことではありません。

女性たちは、自己防衛のために、性欲を隠して振る舞うことも大切です。

「えっちがしたいなぁ」とクラスや会社で毎日のようにしゃべっていると、多くの男性に口説かれたり、強引に押し倒されたり、下ネタを振られたりと、不快なことを繰り返すことになります!それは女性にとって辛いことで、自己防衛は必要です!

「私も男性たちと同じようにとてもえっちだな」とあなたが自覚しているとしても、クラスや職場やインターネットのSNSで、無暗にえっちなことを言わないほうがよいでしょう。

清楚なフリをすることは、間違ったことではありません。

自己防衛の意識は、高いほうがよいです。



本音は、むしろ女性のほうがえっちなほど。

オナニーやセックスの快感を充分に知ったなら、むしろ女性のほうが男性よりもえっちなほどです。女性の体のほうが性的快感が強いため、女性のほうが「もっと!もっと!」と多くの快感を欲しがるようになります。

それは男女の体の構造上、自然なことです。

「私は淫乱すぎるかもしれない」と悩んでいる女性がいるかもしれませんが、安心してください。あなたは異常ではないです。


えっちな話をしたい、俗っぽい下ネタを話したい、と感じることもあるでしょう。それも人として自然なことなのです。



いかに安全に性欲を発散するか、が大切です。

性欲の強さを、無暗に発散するのは危険です!女性たちはえっちですが、だからといって奔放にセックスをむさぼるのが正しいわけではありません!

出会い系サイトで毎晩違う男性を漁るのは間違いですし、レイヴやフルムーンパーティに参加して大麻に陶酔してセックスをむさぼるのは間違いです!


あなたがえっちでもよいのですが、「いかに安全に性欲を発散するか」ということを、賢く冷静に考えてください。自制心を働かせてください。



誠実で優しい、自制心の強い男性を選ぶべきです。

淫乱な女性は、クラスの中でいつも下ネタばかり言っているようなえっちな男性に惹かれ、セックスの間柄になったりします。それは間違いです!彼はモラルが低く無神経で、あなたの体を乱暴に扱います!激しい快感を得られるかもしれませんが、同時に激しい苦痛や不快感をこうむり、あなたは辛い思いをします!妊娠させられたり性病をうつされたりします!


性欲が強いなら、「誠実で優しい、自制心の強い男性」をボーイフレンドに選ぶべきです!

男性は、さわやかに見える人も誰しもセックスが好きです。アダルトビデオを見て、一通り激しいセックスも知っています。さわやかな男性もあなたの激しい性欲に付き合ってくれます。

誠実な男性は、あなたが傷つかないように優しく誠実に、激しい愛撫をしてくれます。

精神性の高い男性は、2人がセックスに中毒しないように、「今日はこれでもうおしまいにしようね」と歯止めをかけてくれるでしょう。


あなたの性欲が強いとしても、快楽主義な男性を選ぶべきではないのです!歓楽街や出会い系サイトに繰り出すべきではありません!



男性は射精で鎮まる。女性は際限なく快感を欲する。

男性の性欲は、射精によって強制的に鎮まります。体の構造上、射精をするともう性的興奮が収まるのです。


しかし女性の体は、オーガズムに至ってもまだ性的興奮や性的快感を欲します。女性の性欲には際限がないのです。体の構造としては、女性のほうが淫乱で貪欲です。多くの女性は、肉体的に疲労するので、「もういい!」と感じます。


20分のセックスで彼が射精に至り満足をしていても、あなたの側はまだ物足りず、悶々とすることがあるでしょう。それは自然なことです。

そんなとき、素直に「もっと気持ちよくして」と求めるのもよいでしょう。彼のペニスがもう勃起しないとしても、手や口で愛撫をしてもらえばよいのです。

優しい男性は、自分が射精して満足したあとも、彼女を愛情深く愛撫してくれます。

そのような優しい男性を、見極めて選んでください。そういう男性を上手く選べた女性は、セックスライフが幸せなのです。えっちで優しい男性が、世の中にはいるのです。



彼よりあなたのほうが激しくあえいでいても、それが自然なのです。

セックスをしているとき、自分は激しく官能しているのに彼はずっと理性的で、それを気まずく感じたり、「私は淫乱すぎるかも」と不安になる女性がいるでしょう。

しかし、それも問題はないです。自然なことです。

女性のほうが体の快感が強く、そしてあえぎ声や官能のリアクションが大きく出てしまいます。

男性はそれがあまり出ないものなのです。

あなたの官能する声やリアクションで、男性はとても興奮します。だから、素直に官能すればよいです。素直に官能したほうが、よいです。

「あん、あん」と声が出てよいのです。



信頼できる男性にだけ、ありのままの姿を見せればよいです。

たとえば学生のときに、クラスの中のやんちゃな感じの男性と付き合ってセックスをしたら、「〇〇ちゃんは超淫乱!」などとクラス中に言いふらされて、辛い思いをさせられた女性がいるでしょう。

たしかに、淫乱な姿をありのままに見せすぎることは、危険な場合もあります。それを周りに言いふらす男性もいますし、あなたが激しく官能していると彼が興奮しすぎて、レイプじみた乱暴なセックスになる男性もいます!


ありのままの淫乱な姿を表現するのは、心から信頼を感じられる男性だけにとどめたほうがよいです。今の彼氏がそれに値しないなら、あなたの本性を封印するのも間違ってはいません。

女性がセックスを心から楽しむにあたって、相手選びはとても大切なのです。



「最高に官能してみたい」と憧れるのは自然なこと。

「一度でいいからお腹いっぱいスイーツが食べたい!」と多くの女性たちは憧れます。それと同じように、「一度でいいからセックスで最高に官能してみたい」と憧れるのは、性情報の氾濫したこの社会にとって、自然なことです。

人々はそれが思うように満たせず、抑圧を抱え続けます。人生や青春に心残りを抱え続けます。

だから女性たちは、どこか曇った表情をし続けます。


「最高に官能してみたい」と憧れるのは自然なことで、それは上手に満たせばよいのです。誰にでもその権利はあります。

しかし、それは本当に人生で一度だけかもしれません。強烈なセックスを何度も繰り返すのは難しいでしょう。セックスは相手のあることであり、リスクと隣合わせのことですから。

しかし、一度だけならそれを満たすことも可能でしょう。あなたが適した男性を見極めればよいことです。そしてセックスを請えばよいことです。プライドの高い女性は性欲を満たせずに老いていきます。


それを体験すると、表情から曇りが晴れるでしょう。得体のしれない不安や不満が吹き飛ぶでしょう。青春や若さに対して、心残りを感じなくなるでしょう。いつもイキイキと微笑みます。

仕事や社会貢献、子育てなど、快楽以外の事柄にも深く打ち込むことが出来るようになるでしょう。



「疲れを癒すためのセックス」も、女性は良いでしょう。

心身が疲弊していてスッキリしたいとき、温泉旅行に行くのではなく、一夜のセックスで異性に癒してもらうのもよいでしょう。


男性の場合はだめです!

落ち込んでいるときに女性の友達を飲みに誘ったりして、「辛いから慰めて」などと女性を押し倒す男性がいます。これはレイプと同じです!同情心を濫用して相手が断れないようにし、無理やりセックスに持ち込もうとするのはレイプです!

こうしたセックスを求めるなら、それは風俗に行くべきです!


女性の場合は、「癒してもらいたい」という目的だけでひと時のセックスを男性に求めるのも、悪いことではないです。それで男性が傷つくことがないからです。

お互いが健全でいられるなら、こうしたセックスもよいでしょう。

ただし、相手選びは簡単ではありません!あなたが一夜限りのつもりでも、相手があなたに中毒することも起こり得ます!自制心のある、恋愛慣れした男性を選ぶべきです。

実際には簡単なことではないでしょう。こういうセックスも悪いことではない、と書いているだけです。



オナニーやセックスを一通り知ってしまうと、女性はとてもえっちです。

それを思いきり解放したいと願うでしょう。

安全な、信頼できる誠実な男性を選ぶべきです。

最新記事

すべて表示

言葉をにごすべきでないが、合言葉を使うのはよいでしょう。

意中の男性に好意やセックスしたい思いを伝える際、言葉をにごさないほうがよいです。 しかし、二人だけの言葉を用意するのはよいでしょう。 セックスの意思は言葉をにごすべきでない! 恋愛的好意を伝えたいのに「尊敬しています」では、相手にちゃんと伝わりません。そのまますれ違いで、恋愛できずに終わってしまう可能性が高いです。 セックスをしてほしいのに「抱きしめて」と伝えると、「ハグをしてほしいのかな」と勘違

バストを大きくする方法。~「ドルフィン」の意外な課題~

「バストが大きくなりたい」と憧れる女性は増えています。 その方法を、宇宙人の魂の一種である「ドルフィン」の人生傾向を重ねて解説していきます。 急激な豊胸は難しいものがある。 女性誌など眺めていると「AカップからGカップに!」などと極端な文字の踊る怪しいサプリメントの広告を見かけたりします。 お察しかとは思いますが、「AカップからGカップ」などの極端な豊胸は難しいものがあります。整形手術を行えば可能

天使たちにカルマはないが、役割が分かれる。

肉体転生をしているクリスタルチルドレンの天使たちには、厳密に言えばカルマはありません。よほど性悪な人生を過ごさないかぎりは、死後は地獄ではなく「神の光」に還れます。 しかし、どのように生きるかによって、次の人生の役割が大きく変わってきます。 天使たちの役割は。 天使系クリスタルチルドレンたちの役割は、大きく分けて2つです。 1つはピンクです。セックスの喜びや、可愛らしさを提供すること、社会をお洒落

Commentaires


bottom of page