top of page
  • れな

生理のときのセックスを、男性はどう思っている?

生理のとき、女性は性器から経血が出ます。見た目は血と同じようなものでグロテスクです。そのため、生理のときにはセックスが恥ずかしいと感じる女性が多いです。自分から彼に「セックスしたい」とは言い出せないのではないでしょうか。

しかし生理のとき、女性はむしろ性欲が高まるものです。

経血が膣を通ることでムラムラしますし、生理の諸症状でイライラするのを、セックスで解消したいと感じます。

この板挟みは、意外と女性を大きく苦しめます。

生理のときにセックスをするにはどうしたらよいのでしょうか?生理のときのセックスを、男性はどう思っているのでしょうか?



生理時のセックスを嫌がる男性が多い。

やはり血を見るのは気分のよいものとは言えず、生理時のセックスを嫌がる男性が多いです。経血を見たくないのです。血を見たくないですし、性器の経血を見ることで彼女への性的魅力が冷めてしまう男性が多いようです。


経血を見ることにあまり不快感を感じない男性もいますが、しかし今度は、経血がベッド周りや衣服を汚してしまう事情から、生理時のセックスを煙たく感じます。



結婚前、交際前の男性はそれでもセックスをするでしょう。

彼が経血を不快に思っているとしても、あなたと彼がまだ同棲前であったり、交際前であったりするなら、彼は嫌がらずにセックスをするでしょう。

あなたとどうしてもセックスがしたいからです。血を見るリスクや衣服が汚れるリスクがあっても、それでもあなたとセックスがしたいのです。男性にとって好きな女性とのセックスは、それほど大きな求心力を持ちます。


しかし、すでに同棲生活が長かったりすると、話は変わってきます。

つまり、あなたとのセックスに慣れているなら、「どうしてもセックスしたい!」とは感じないのです。彼からすれば、「生理が終わってからすればいいや」と感じます。

同棲生活が長くなるとほとんどの男性は、生理のときにセックスをしてくれなくなるでしょう。


同棲をしていなくても、交際が長くなりあなたとのセックスに大きな興奮を感じなくなっていると、やはり生理時にはセックスを望まなくなるでしょう。



ごく稀に、非常に優しい男性もいる。

ごく稀に、まったく違う行動パターンをとる男性もいます。

やはり経血を見ることは不快なのですが、しかし女性のことを思いやって、経血を気にせずに生理中にもセックスをしてくれるのです。「しょうがねぇなぁ」という雰囲気ではなく、笑顔でにこやかに、セックスをしてくれます。

生理時に女性がイライラしたりムラムラしたりして、性欲解消したくなることを、よく理解しているのです。それを癒してあげたい、と彼は考えるのです。

このような男性は、1パーセントもいないでしょう。



快楽的動機から生理時のセックスを望む男性がいる!要注意!

「俺は生理のときでも気にしないよ」と言ってくれても、その男性が優しい人だと決めつけないでください!

「生理中は射精をしても妊娠しにくい」という言われから、生理時のセックスを好む男性もいるのです。「生理でも気にしないよ」とあなたを思いやるようなそぶりを見せておきながら、いざセックスを始めると、「生理だから中に出してもいいだろ?」などと野蛮なことを言い始めるでしょう。

または、そういったことを口にせず、こっそりと膣内射精を楽しもうとする厄介な男性もいます。豪快な射精はしないかもしれませんが、いわゆる「がまん汁」が漏れだすことを気にせずに、激しくセックスをしたりするのです。



生理時のセックス、どうしたらいい?

「生理時はセックスしたい気持ちが強まる」と感じる女性は、その気持ちを正直に彼に伝えましょう。「生理のときもセックスしたいんだけど、あなたはどう思う?やっぱり抵抗ある?」などと尋ねるのです。

彼が、「あまりしたくない」と答えるなら、無理強いはしないほうがよいです。その場合、オナニーで代用するようにしましょう。バイブレーターなどのアダルトグッズを入手するとよいです。近年のバイブレーターは汚れが付きにくく、経血も洗えばすぐに落ちます。生理中に使っても問題ないのです。


彼が、「別に気にしないよ」と言ってくれるなら、彼の寛大さに甘えて生理時も気にせずにセックスを楽しみましょう。あなたの心身の健康にとって、そのほうがよいです。生理時のフラストレーションをセックスで解消できるだけで、かなり楽になるでしょう。



「生理中の中出しは妊娠しない」って本当なの?

「生理中は中出ししても妊娠しない」という噂があります。本当なのでしょうか?

やや本当です。生理中は膣の中に射精をしても、妊娠しにくいです。


経血が、膣内の精液を外に押し流すからです。

誠実なカップルは、生理中に中出しをしても妊娠をしないでしょう。



生理中の中出しでも妊娠することはある!

「誠実なカップルは、生理中に中出しをしても妊娠をしないでしょう。」

と上に書きました。

生理中の射精によって妊娠するかどうかは、自然の流れだけが左右するものではないのです。

不誠実な男女が「生理中だから大丈夫だよ」と企んで生理中に中出しをするなら、守護存在はその際の精子を子宮内に留めて受精に結びつけようと懸命に働きます。そのようなことは不可能ではないのです。


一般的に、生理中に膣内で射精をしても妊娠はしないのですが、不誠実な人のカルマの制裁のために、妊娠を起こすことがあります。



「不誠実な男女」とはどんな人のこと?

カルマの制裁で妊娠させられてしまう「不誠実な男女」とは、どのような人のことなのでしょうか。


  • ギャンブルやドラッグ、お酒やタバコの激しい人。

  • だらしない人。

  • 男性を顔や収入で選んでしまう女性。

  • 男性に貢いでもらおうとする女性。

  • 飲み会、合コンに積極的に参加する人。

  • ずるい方法で恋愛をする人。


あなたがおおむね誠実に生きている人であっても、ギャンブル癖の人や裕福な事業者、お酒好きな人などをセックスの相手として選び交わってしまうなら、妊娠の憂き目に遭ってしまうことがありうるのです!

飲み会や合コンなどあまり参加しないほうがよいです。チャラい感じの人に誘われてもついていかないほうがよいです。



生理中の中出しを望むのは男性だけではない。

生理中のセックスで膣内射精を望むのは、男性だけではありません。

女性側にとっても、コンドームを着けないセックスは気持ちいいですし、膣内に射精されると気持ちいいのです。射精が膣奥のポルチオ性感帯を刺激し、非常に大きな恍惚を感じます。

そのため、ふとしたきっかけで膣内射精を経験した女性は、自ら、「生理中だから中出しセックスをして」と望むようになったりもします。

あなたが誠実にナチュラルに暮らしており、彼も誠実な人であるなら、それは必ずしも悪くはないでしょう。

グリーンもオレンジも70点以上に達しており、セックス以外の快楽に大して興味がない、という感じのカップルであれば、生理時に膣内射精をしても妊娠はしないでしょう。


しかし、女性の側から中出しセックスを請う場合、「万が一妊娠に至ってしまったとしても彼に責任を問わない」という姿勢をとることが筋です。あなたが望んだのですから、それで妊娠してしまったとしても、「責任をとって結婚して」「堕胎の費用を払って」「産婦人科に付き添って」などと望むのはお門違いです。横暴です。



彼があなたに中毒する懸念がある!

あなたが誠実かつナチュラルなら、生理のときに膣内射精(中出しセックス)をしても大丈夫なのです。

しかし、もう1つ配慮すべきリスクがあります。

あなたが中出しセックスを彼に請うと、彼はあなたとのセックスに中毒にしてしまう恐れがあります!あなたに中毒してまう恐れがあります!

男性にとって、生挿入(コンドームを着けない挿入)や中出しは非常に魅力的なことなのです。とても気持ち良く、とても幸せなことです。

そのため、あなたが中出しセックスを請うと、あなたのことを手放したくないと強く感じる可能性が高いです。そうして、あなたが別れないように強引に食い止めたり、卑怯な手段を使ってあなたをつなぎ留めたり、する恐れがあります。

ある程度誠実な男性であっても、中出しセックスの魅力に負け、卑しくなってしまう恐れがあります。


恋愛経験の少ない男性は特に、一人の女性に中毒しやすいです。



私れなの体験談をお話します。

私はある尊敬する男性に、セックスをお願いしたことがありました。

生理の周期ははずしていたはずなのに、奇しくも生理に重なってしまいました。

私の守護存在は「それでも大丈夫だ」と言うので、ものすごい恥ずかしい気持ちを抑えながらセックスを請いました。

ホテルについてから「実は生理が始まっちゃって・・・」と話したのですが、その彼はまるで嫌な顔をしませんでした。

彼は私を浴室へ連れていき、「ここなら汚れても大丈夫だよ」と微笑みました。ラブホテルのオプションのエアマットレスを注文して、それを浴室の床に敷きました。これなら背中も痛くありません。

私は、自分の衣服が汚れることだけでなく、ホテルの寝具など汚してしまうことも気後れを感じていました。彼はそんな私のデリケートな心情すらも察して、ラブホテルのシーツすら汚さずにセックスをしてくれたのです。


セックスは快楽と同時に、諸々の苦痛や問題をはらみます。しかし女性にとってセックスは、「いかに適した男性を選ぶか」それさえ気を付ければ、幸福なものになるのです。



優しい男性を選ぶなら、生理のときでもセックスが楽しめるのです。

生理中のセックスで中出しを求めるなら、よほど誠実な男性を厳選する必要があります。あなた自身も誠実である必要があります。

最新記事

すべて表示

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

bottom of page