現代の風俗嬢には高次元が多い ~ピュアインディゴや高次天使~

風俗嬢の女性は、人生を楽しんでいる反面、自分に劣等感や罪悪感を抱いていたりするかもしれませんね。

しかしあなたは、ひょっとして高次元の魂の持ち主かもしれません。そして高次元なりの博愛の使命を、したたかに果たしているのかもしれません。



バブル時代には、風俗嬢は落ちこぼれが多かった。

たしかにバブル時代、または1990年代末くらいまでは、風俗嬢には落ちこぼれな女性が多かったです。勉強も出来ず仕事をこなす社会性もなく、それゆえに仕方なくセックスの仕事をしていた、そんな女性が多いものでした。

しかし、時代は変わってきています。



現代、他の仕事でも活躍できるのに敢えて風俗業界を選ぶ女性が増えている。

現代、クリスタルチルドレンたちが大人になってきた世代において、風俗嬢たちの気質は変化してきています。

落ちこぼれたので仕方なく、ではなく、他の業種でも立派に活躍できるほどの優秀さや社会性を持ちながらも、敢えて風俗業界を選んでいるのです。そのような女性が増えています。



お金が儲かるから?それだけではないみたい。

敢えて風俗業界を選ぶのは、お金がとても儲かるから、そんな人もいることでしょう。

しかし、そんな人ばかりでもないようです。

風俗嬢になる女性の中には、自らの体を使って男性たちに性的な幸福感を提供することに強いやりがいや気持ちよさを感じる、そんな人が増えています。

彼女たちは仕事だから仕方なく脱ぐのではなく、仕方なくペニスを咥えるのではなく、積極的にセクシーな仕草をしようと献身する人が多いです。相手の恍惚する表情を見るのが好きなために、丹念にペニスを咥え、上質な愛撫を研究し続ける人が多いです。

ひと昔前まで、セクシーな格好や愛撫は、「男性に望まれ仕方なくやるもの」でしたが、今では、「慈愛に基づいて積極的に披露するもの」に代わってきています。

彼女たちはセックスが楽しそうで、仕事が楽しそうです。



体を犠牲にしてでも幸福を与えるのは、精神性が高いから。

セックスの仕事はたくさんのリスクを伴います。それでも、体やプライドを犠牲にしてでも性で幸福を与えようとするのは、精神性が高いゆえ、である女性も多いのです。

思いやりの気持ちがとても強いのです。「人を幸せにしたい」「人を助けたい」という慈愛が強く、そしてセックスが最も人を恍惚させることをよく理解しているので、性業界でがんばろうとするのです。そこにやりがいを感じます。

彼女たちは愛撫や自分主導の騎乗位の中で、丁寧で深い慈愛を見せます。



性を提供するのは、悪いことではないです。

風俗業は一般的に、低俗な人種と思われています。

しかし霊的な観点から言って、性を提供するのは悪いことではないです。

一周回って、崇高なことなのです。

性の喜びは、多くの人が欲しています。とても欲しています。しかしなかなか手に入らないものです。男性たちは、女性の乳房に触れれば捕まってしまいます。女性の裸を見れば捕まってしまいます。

そんな性の喜びを積極的に提供することは、崇高なことなのです。



遠い昔、風俗嬢は、聖なる巫女の一部が担っていました。

神に仕える献身性のある女性たちの中で、性的な行為を厭(いと)わない人たちが、風俗嬢のようなこともしていたのです。彼女たちは彼氏以外の男性にも、深い慈愛を持ってセクシーな仕草や愛撫、セックスを提供していました。



お金のためだけでなく、深い慈愛を持って性的快楽を提供している人もいるのです。