top of page
  • れな

父親が厳しかったことを、いつまでも嘆かないことです。

過保護な家庭がとても増えている反面、厳しい父親にしつけられ閉塞感を抱いて生きてきた人もいるでしょう。

そして女性は特に、父親の厳しさを恨みがちです。



父親が厳しかったことを、いつまでも嘆かないことです。

人は皆、自分の育つ環境を自分で決めてきています。

その厳しい父親を、あなたは自分で選んでその家庭に生まれました。

いいえ、父親は生前のあなたが想定していたよりも厳しく容赦なかったのかもしれません。とても辛い思いをしたのでしょうか。

であるとしても、どうかいつまでも厳しい父親を嘆かないでください。


あなたはなぜ厳しい父親を選んできたのでしょう?

「なんとしても自立をしたかったから」です。

親に頼らず、男にもすがらずに自分で生計を立てて生きる、そんな強さを身に付けたいと意気込んで生まれてきました。ブループリントとはそういうものです。


父親が憎くて親から離れて暮らしているなら、あなたの計画は成功なのです。

父親に追い出され、無理やりでも一人暮らしが出来るようになったなら、あなたの計画は成功なのです。



感謝をする必要はない。憎まないことです。

あなたを追い出した父親に、感謝する必要はありません。彼は意地悪や刹那の衝動からあなたを追い出した可能性もあり、感謝すべきことであるとはかぎりません。

感謝の念を抱く必要はないです。あなたを追い出した父親に恩返しをする必要もないです。

とにかく、憎まないことです。

結果的に得られたその自立的な状況は、あなたの人生設計にとって正しいものです。前を向いていきましょう。父親のことはもう放っておいて、前を向いていきましょう。


憎んで思い出して、悲しみにふけることが不毛なのです。悲しみにふけるだけであなたは不幸になってしまいますから。むやみに悲しみを増やすべきでありません。



親から離れた生き方は、あなたのブループリントにとって都合が良いはず。

父親から追い出され、絶縁のような状態にあるでしょうか?

憎しみや不安があるかもしれませんが、その状態はあなたのブループリントにとって、プラスであるはずなのです。


親に干渉されずにやりたいことが、何かあるのではないでしょうか?


  • 芸能界の夢を追いたい。

  • 風変わりな男性と仲良く暮らしたい。

  • 芸術に没頭しながら生きたい。

  • 風俗や水商売の仕事で生きたい。

  • セックスを楽しんで生きたい。

  • 旅多き人生を生きたい。


といったことです。

アセンション並みに浮世離れして暮らしたい、という人もいるでしょう。


一人暮らしのお金を稼ぐの

は大変ですが、父親に干渉されない暮らしはあなたのやりたいことにとって都合が良いはずです。恵まれた状況にあることに気づいてください。



生計能力は高いはずです。

あなたは今、上手くお金が稼げないから親への憎しみや将来不安を感じているのでしょうか。

しかし、本来のあなたは生計能力が高いはずです。

そのポテンシャルがあるからこそ、親と絶縁するようなブループリントを設計できたのです。


  • 非常に体力がある。

  • 高収入になりそうな特殊技能がある。

  • 美しいルックスを持ち、ひいきされやすい。

  • 風俗や水商売に興味がある。


などの長所を持っているのではないでしょうか?

セクシーな仕事でお金を稼ぐことは、悪いことではありません。

ただし、年をとって美貌が衰えた後のことも考えておく必要はあります。水商売の接客が得意なら、年を取っても働けるかもしれませんが。



努力をしましょう。

楽にお金を得ようと企むと、あなたの人生はとん挫しかねません。

楽をしようとして体力を失うと、とん挫してしまいます。

美貌を保つには体を動かしていたほうがよいです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

bottom of page