top of page
  • れな

欧米人はなぜ美人が多いのか?

日本人女性にとって、欧米人女性は永遠の憧れでしょう。

欧米人女性は美人が多いですよね。はっきりとした二重まぶたに長いまつげ、すっとした鼻立ち、ブロンドに輝く髪、そして大きくにこやかに開く唇・・・

欧米では、女性の半数以上は美人と感じられます。なぜ欧米人女性は、顔立ちが美しいのでしょうか?



優遇されているわけではない。培った遺伝のたまもの。

「欧米人は体格的に恵まれているのだろう」と思っている人は多いことでしょう。しかし、それは違います。

欧米人が美しいのは、「努力のたまもの」です。

欧米人も、最初から美しかったわけではないのです。人類の祖先として、私たちは原始人のことを学びましたが、現代欧米人のように美しい原始人はいませんよね。欧米地域に住む人々も、最初は武骨な顔立ちをしていました。


欧米、といいますかヨーロッパでは、外見美を当たり前のものと考えました。

日本にも「身だしなみ」という言葉がありますが、髪をとかしパリッとしたシャツを着るのと同じように、顔を美しく整えようという気概を持ったのです。

どのような顔が異性を喜ばせるか考え、どのような服装が異性を喜ばせるか考えました。そして誰もが、おしゃれ、おめかしに毎日時間をかけるようになったのです。


「美意識」という観念も、運動神経や知性と同じように、子に遺伝します。親の顔の造詣があまり美しくないとしても、しかし高い美意識を持っているなら、子の顔は美しくなります。

そうして美意識の高い子供を増やしていき、美意識の精度を高めていったのです。

その結果として、ヨーロッパ人は顔立ちの美しい人が多くなったのです。

アメリカに関しては、もともとはインディアン部族の土地でした。ヨーロッパから無数の移民が訪れたことで、ヨーロッパ人と同じような顔立ちの人種となっていきました。



日本人にも美人は増えているが・・・

日本人の場合、美人は特殊という感じがします。

1970年代ころまでは、美人と言えるのは女性の10パーセントくらいのものでした。しかし、80年代頃からは、バブルという感性やアイドルブームに牽引され、多くの女性がおしゃれにこだわるようになりました。

その結果として、1990年代生まれくらいから、生まれつきの美人がとても増えました。平成世代は、女性の3割くらいが生まれながらに美しい顔立ちをしています。

たった数十年の間に1割から3割に増えましたが、これは大人女性たちの美意識の変化(成長)ゆえのものなのです。


ただし、日本人の美人は欧米人の美人とは少し違います。

日本人の場合、顔立ちの美しい人の多くは美容にばかり夢中です。外見は美しいのですが、勉強やスポーツ、仕事、社会性、家事などをがんばる気概が低い傾向にあります。そのため、「美人は性格がよくない」「美人はわがままが多い」「美人は欲深い人が多い」という傾向にあります。

日本人の場合、顔が美しいならそれだけでOKだろう、というおごりが感じられます。顔が美しい人は、調子に乗ってしまいがちなのです。



欧米人の美人は、自立的だし性格も良い。

欧米人の美人は、そうではありません。

欧米の美人は、顔が美しいからといってそれだけで人生を渡っていこうとは考えません。

自分の外見美のことなど忘れて、精一杯に勉強しますし精一杯に仕事をします。「美人だから貢いでもらえるだろう」などとおごった考えはしないのです。


美人であっても、美人でない人々と同じように地道に生きようとします。愛想よく微笑み、男性に尽くそうとします。

そのため、「顔も性格も良い」というふうになるのです。

海外旅行などで欧米人と交流したことのある人は知っていることでしょうが、欧米人美人はとても気さくに笑い、優しいです。つけあがった感じはありません。



日本人は、精神的な成熟がまだ遅れているということ。

つまり日本人という人種は、精神的な成熟が欧米人よりも遅れているのです。

次元の観点から言っても、欧米人女性は4~5次元程度の平均を持ちますが、日本人女性は1~2次元です。


日本人女性にも美人が増えていますが、まだ、「美しくなって快楽や金品をむさぼろう」という観念にすぎないのです。これは2次元の低次の側面で、美と言ってもあまり褒められる精神ではありません。


「この美しさで大金を得よう」「この美しさでチヤホヤされよう」という欲を超えて、人のために社会のために美しくあろうと思えるようになったとき、日本人女性も2次元を超越するでしょう。


「私は可愛いから男に貢いでもらう権利がある」などと考えずに、外見美を磨きつつも、謙虚でありましょう。美人でありつつ仕事や勉強も優等生になり、美人でありつつ人に尽くしましょう。


まずは、「美人なら貢いでもらえる」という欲深い考えを手放すことです。



精神性が高いなら、外見美も磨きましょう。

可愛く着飾ることよりも、誠実勤勉な生き方を重視して生きてきた女性もいることと思います。

あなたは、美容はくだらないことと思っているかもしれませんが、その観念は手放してください。あなたの普段の誠実勤勉さをキープしつつ、外見美も磨きましょう。ピンクやパステルカラーの女の子らしい服を着て、スキンケアをして、メイクもしましょう。美人であろうとする美意識を持ってください。


顔の造詣を急激に美人にすることは難しいでしょうが、そんな美意識の高いあなたには、美人のお子さんが生まれてきます。お子さんには、美容と精神性の両方をしつけてあげてください。あなたの娘さんは、欧米人のような成熟した美人に育つでしょう。


そうした遺伝子の受け渡しによって、やがては日本も、欧米のように美人の多い国になっていきます。


最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page