top of page
  • れな

根はピュアな「ヴィーナスの誕生」。

「オールドソウル」「キリスト」などの魂のコードネームの1つに、「ヴィーナスの誕生」というものがあります。

天使のクリスタルチルドレンです。ピンクとターコイズのソウルカラーを持ちます。



ギリシャ神話の過去世を持ち、セクシーで大胆。

「ヴィーナスの誕生」は多くの場合、1つ前の過去世にギリシャ神話文化の生を持ちます。

ルネサンス絵画で見る通りです。一枚布をさらりと身にまとい、お花で髪を飾ったりします。シンプルな社会の中でシンプルな暮らしをしています。

彼女たちは歌や踊りをこよなく愛し、そして裸で戯れ合うことを好みます。


転生した今生でも似たような気質を見せるでしょう。

歌や踊りを好み、芸能界に進みたがったりTik Tokで自己表現することを楽しんでいたりしそうです。美意識がとても高く、いつも可愛らしくありたいと思っています。

ミニスカートをはいたり、水商売や風俗で働くことをいとわないこともあります。セックスが好きでしょう。



小悪魔っぽいイメージを持たれやすい。

可愛くメイクしてセクシーな服装で街を歩くので、「小悪魔っぽい人かな」という印象を持たれやすいです。

「ルックスを使ってお金を稼いでいるのだろう」「水商売のセンスがありそうだ」「男をたぶらかしていそうだ」といった印象を持たれやすいです。


半分は当たっているでしょう。

セクシーな仕事への抵抗が薄くそれを楽しんでいたり、恋愛好きでどんどん自己アピールしているのではないでしょうか。



しかし、根はピュアな「ヴィーナスの誕生」。

しかし、根はピュアであるはずです。バブル世代のお立ち台の女性たちと、似ているようで違うのです。

セクシーな仕事に抵抗がないとしても、たとえば水商売の客と巧みな駆け引きをするようなことを嫌うでしょう。

芸能界の華やかさに憧れますが、芸能界の人々の腹黒さにはついていけず、すぐ辞めたくなってしまいます。

ギャル男っぽい男性たちに好かれますが、彼らとはあまり合わないと感じているのではないでしょうか。


芸能界、合コン、ブランド志向、セレブ、といった華やかな人たちに親近感を感じるものの、入ってみると「なんだか違う」と感じそうです。

あなたは、彼らよりも天真爛漫なのです。



「真面目で楽しい人」の庇護にいたい。

歌いたい、踊りたい、おしゃれしたい、笑顔でいたい、そのような衝動を認めてくれる場所にいたいはずです。だから芸能界など目指すのですが、そこにいる人々は腹黒くて参ってしまいます。

あなたは、芸能界や水商売ではなくて、「真面目だけど楽しい」「楽しいけれど真面目」そのような人の庇護にいたいのではないでしょうか?

そのような彼氏に抱きしめられたいのではないでしょうか?


近年は、芸能界を目指さずにTik TokやYoutubeで自己表現を楽しむ女の子が増えていますが、そのようなスタンスは彼女たちに合っています。



プライドが高いでしょうが、付き合う人は自分で決めるべき。

自分のルックスや女性的魅力には自信があり、恋愛においてプライドが高いでしょう。

男性に口説かれたいと思っているでしょう。

しかし、そのスタンスでいると、腹黒い男性にばかり口説かれてしまうのです!そして嫌な恋愛ばかりを繰り返すことになってしまいます。

「真面目で楽しい人」を見極めて、自分からアプローチをしましょう。


芸能活動などしたい場合も、「真面目で楽しい人」を見極めて手伝ってもらいましょう。



あなたと合う人は、意外と少ないのです。

楽しい人など街に大勢いるように見えますが、楽しくて誠実な人は、なかなかいません。

そのような彼氏は、なかなかいません。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page