top of page
  • れな

東北生まれの若い人は、引越しできる強さを培っておきましょう。

宮城県を中心とした東北地方生まれの若い人は、一人ででも移住できるたくましさを培っておいたほうがよいです。

ここで言う若い人とは、平成世代、令和世代の人を指します。



移住するブループリントを持ちます。

東北地方の平成世代の人々は、大人になったら移住して異なる地域で生きるブループリントを持ちます。親と離れて暮らします。


2011年の東北大震災や福島原発事故は、実は霊界ではあらかじめ予測されていた災害でした。

それにより東北地方の生活インフラが貧弱になったり、放射能汚染によって健康への不安の大きな地域になることは、あらかじめ予測のうちでした。


東北地方には古くから、「イタコ」という霊能文化があります。東北生まれの人の多くは、霊的な視点を幼いうちから身につけます。そして東北地方はとても寒さが厳しく、自給自足を行うのは困難です。

こうした環境で育った東北地方の若い人々は、2012年の前後にアセンション的なスピリチュアリズムを学んだとき、「移住しなければ」と考えるはずなのです。



保守的な価値観に育ちがち。自分で旅行のスキルを磨いて。

東北地方の生まれでは、保守的な価値観に育ちがちです。海外旅行や大きな旅行をたしなむ人も少なく、大きな移動を恐れる人が多いです。それでは移住が難しくなってしまいます。

親から旅行のスキルを学ぶのは難しいので、高校生くらいにもなったら自分で旅行の練習を始めましょう。まずは近所の観光地にでも行けばよいです。慣れたら夜行バスに乗って東京に出てみたり、自分でホテルを予約してみたり、飛行機に乗って沖縄を見に行ったりしてみましょう。

若い体力のあるうちに、夜行バスに適応しておくとよいです。



労働や転職に慣れておきましょう。

住み慣れた町から移住して暮らすには、立派な労働力を培う必要があります。

保守的の大人の多い地域では、母親が専業主婦をしていることも多いです。そんな母親を見て育つと、女性は「私も働きたくない」と思ってしまいがちです。それでは移住が出来なくなってしまいますから、やはり高校生のうちから働くことに挑戦していきましょう。楽しそうなアルバイトから始めれば充分です。


また、保守的な地域では、知り合いの農家を手伝うなど保守的な人間関係の中で安住してしまいやすい傾向があります。それでは移住が難しくなります。最初の労働は知り合いの伝手などでもよいですが、知っている人のいない会社で働いてみたり、上司や客が殺伐としているチェーン店で働いてみたりもしてみましょう。東京や他の移住先にはそうした仕事しか得られないこともあります。

全国チェーンの店・会社で働くと、移住先でもすぐに仕事を得やすいです。移住する前から他支店への就労をあっせんしてもらえることもあるでしょう。



自給自足や農業をしたいなら、移住したほうがよい。

自給自足や農業への関心が強いなら、やはり移住をしたほうがよいです。

東北地方は寒すぎて、家電に依存しないシンプルな自給自足が困難です。

また、福島原発の放射能汚染の影響が残ります。健康的な野菜を作るための自給自足なのに、放射能で汚染された食材ばかり食べていくのでは本末転倒です。


東北地方は、TOKIOのDASH村の影響で自給自足や農業の機運が高い地域でもあります。

しかし、自然環境的には自給自足に向いた地域ではありません。



過疎してもよいのです。

社会では一般的に、地方の過疎を悪いことと考え、それを懸命に食い止めようとします。

しかし、あなたはそうした正義感から生まれ町を守る必要はありません。あなたの親はそれを行ってもよいですが、あなたがそれを追従する必要はないのです。これは、時代の違いの問題です。

21世紀以降、東北地方の田舎の村々は、過疎して滅びてもよいのです。

もっと住みやすい地域に人が集まればよいです。そして、住み慣れた田舎の村にこだわり続けたい高齢者は、そっとしてあげればよいです。



シェアハウスを活用するとよいです。

家族から離れて一人暮らしをするのは、経済的に難易度の高いものです。

その場合、シェアハウスを活用するとよいです。

近年どんどん増えているシェアハウスでは、敷金礼金がかからずに家賃5万円で個室に暮らすことが出来ます。家具家電が付き、インターネットも付きます。光熱費もそこに含まれるか、安く済みます。

引越しの費用も毎月の生活費も安くあがるのです。


リビングなどでは他者と交流しなければななりませんが、地方は大家族が多いですから、あなたは人との距離の近い暮らしには慣れているのではないでしょうか?


シェアハウスへの恐れが強いなら、ゲストハウスを泊まる旅行などを経験しておくとよいです。これも沖縄旅行を楽しむ中で行うことができます。京都にもゲストハウスはたくさんあります。



イタコに言われたことを真に受けないで!

霊視、霊聴、霊感、霊能力、口寄せといった現象は本当にあります。

しかし、イタコの言うこと(チャネリングする事柄)がすべて正しいわけではありません。本当にチャネリングを行えてはいても、低級霊とつながっている人もいます。有名なイタコだから正しいというわけでもありません。(むしろ大金を稼いでいるイタコほど低級霊とつながっています)

もしあなたがイタコの類に「家族を大切にしなさい」「生まれた町を守りなさい」「同じ町の男と結婚しなさい」などと言われたことがあるとしても、それを真に受けないでください。それが正しい啓示である可能性は限りなく低いです。



真面目で誠実な高齢者たちが「生まれた町を守るべき!」とがんばっているかもしれませんが、その取り組みが正しいとはかぎらないのです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

댓글


bottom of page