top of page
  • れな

本当に誠実な男性は、唇を奪ってはこないのです。

私のコラムを読んで、行動を改めたり新しいことに取り組んだりしてくださった人は大勢いるようです。

しかし、これだけ何度も書いていても、まだ理解してもらえていないことがあるようです・・・。

「女性は恋愛で受け身にならないほうがよい」ということです。



誠実な男性と恋愛したい、と願っているのでしょう?

多くの女性は、「誠実な男性と恋愛したい」と願っています。あなたもそうなのではないでしょうか?

それなのに、誠実な男性と結ばれる行動をとらないのです・・・。


「誠実な男性と恋愛したい」と願っているなら、恋愛のスタンスをこれまでとはがらっと変える必要があります。「あります」と断言できます。

何十人の男性に口説かれるのを待ち、その中から選り好みをしても、あなたの望むような誠実な男性は当たらないでしょう。



本当に誠実な男性は、唇を奪ってはこないのです。

映画やドラマ、少女漫画などの中で、素敵な男性がヒロインの女性の唇を奪って恋愛をカッコよくリードしてくれる描写をよく見かけます。だから女性たちはそういう恋愛を待ち続けます。あなたもそうなのではないでしょうか?

しかし、それに憧れていてもあなたの恋愛は上手くいかないのです!


本当に誠実な男性というのは、女性の唇を強引に奪ったりはしないのです。それはレイプのようなものですから!

女性から見て、気になっている男性からキスされたらうれしいですが、そうでない男性にキスされたら、「気持ち悪いわ!」または「失礼な人ね!」と嫌気がさすでしょう。

ですから、本当に誠実な男性というのは、目の前の女性と恋愛したくてたまらないとしても、強引に唇を奪ったりはしないのです。


壁ドンもしませんし、あごクイもしません。

お酒に誘いませんし、フレンチや高級イタリアンに誘ったりもしません。

女性を危険な目に遭わせたくないですし、不愉快な思いをさせたくない、と思いやり深く考えているからです。


誠実な男性は、女性に恋愛的なアプローチをしないのです。

「〇〇ちゃんは彼氏いるの?」とすら聞かないでしょう。



すると、あなたの側から動かないと、絶対に成立しない。

誠実な男性は、女性に恋愛的なアプローチをしないのです。

すると、あなたが本当に誠実な男性と恋愛をしたいと願っているならば、あなたのほうから男性にアプローチをしないかぎり、絶対に恋仲にはなれないわけです。「絶対に」とほとんど言い切れます。


ある程度知性があれば、この道理が理解できるでしょう。

しかし、ほとんどの女性はこれが理解できないようです・・・。

私の恋愛コラムを10本読んでもなお、男性からのアプローチを待ち続けてしまいます。何度も食事に誘ってくる男性を、「彼は善い人なのかしら」と思ってしまいます。


自分の都合で恋愛を押し進めようとする男性は、自分の都合でセックスを押し進めるのです。自分の都合で乳房をまさぐり、自分の都合でペニスをねじり込むのです。女性にとって不快な恋愛になるのは、当然のことです!

この理屈が、理解できませんか?



勇気が足りない?その解決方法も書いているはずです。

「女性から誘うべきってことはわかっている。でも勇気が出なくて・・・」と反論する女性もいるでしょう。

告白するのが恥ずかしい、勇気が出ない、という気持ちもよくわかります。れなも人生の大半はそういう内気な乙女でした。

でも、「だからしょうがないよね」で済むことではないでしょう。

女性にとって恋愛は一大事なはずで、その大きなカギを握っているのですから。

人生で最も、一大決心をすべき場所なのです。


そして、恥ずかしさを和らげるためのアドバイスも、私は頻繁に書いているはずです。

面と向かって口頭で言わずに、メールなどに書けばよいのです。LINEでも良いですし、SNSでも良いです。

男性は、メールで告白されても「軽いなぁ」などと卑下したりはしません。手紙がレシートの裏であっても、怒ったりしません。男性たちは、そうした細かいことを全然気にしないです。贈り物や花束を添える必要もないのです。


何て書けばよいかわからないですか?

「好きです♡」

「あなたのことが気になっています♡」

「二人きりで会いたいです♡」

など、どれでも良いです。

可愛い顔文字を添えましょう。


ただし、「尊敬しています」「相談をしたいです」では恋愛的好意は伝わらないので、ご注意を。もっと直接的な言葉を使いましょう。



手も握ってはこないです。

好意を伝えたなら、もうひとがんばりする必要がありそうです。

誠実な男性は、両想いになった女性に対してすら、いきなり手を握ってきたりはしないです。「男に触れられると不愉快に思うかもしれないな」と考えるのです。彼はあなたに触れたくてたまらないのですが、自制心を働かせているのです。


あなたに男性恐怖症も性的嫌悪もなく、その彼とスキンシップがしたいなら、あなたのほうから手をつないだり、「手をつなごう♡」と伝えましょう。

あなたが手をつなぎたがっていることを一度伝えれば、それからは彼のほうからも手をつないでくれるでしょう。


腕組みも、キスも、ハグも全部そうです。

誠実な男性は、「キスしたら〇〇ちゃんは不愉快かな」と不安に思っています。あなたがキスを望んでいるなら、「キスしたい♡」と伝えるか、あなたのほうから口づけをしましょう。

一度すれば、次からは彼のほうからしてくれるはずです。



セックスも同様です。

「彼がセックスしてきてくれないの」と悩む女友達が、これまで一人くらいはいたのではないでしょうか?

誠実な男性は、恋人関係になった女性に対してさえも、自分から押し倒したりしません。「彼女はセックスは望んでいないかもしれない」と考えます。「今は彼女はセックスを望んでいるタイミングではないかもしれない」と考えます。

女性の性欲がデリケートであることをよくわかっていますし、それに対して配慮をしようとするのです。それが本当の誠実さです。


彼とセックスをしたいと望んでいるなら、「えっちしたいな♡」と伝えましょう。それも口頭でなく、メールなどで伝えればよいです。メモ紙に書いて見せてもよいです。喫茶店のコースターの裏でもよいのです。


あなたがセックスをしたいのかしたくないのか、彼はわからないのです。彼はしたいと思っていますが、自分の欲求を身勝手にぶつけるようなことはしたくないのです。誠実な男性は自制心があり、そして女性への思いやりがあります。


だから、本当に誠実な男性とセックスを交わしたいなら、女性の側から望みを伝えないと、それは実現しないのです。

その理屈がわかりましたか?



恋愛に興味がないのならそれでよいのですが、恋愛をしたい、セックスをしたいと考えているなら、行動をしましょう。自分から、男性に思いを伝えましょう。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page