top of page
  • れな

未来世とは?~過去世よりもたくさんのバリエーションが起こりうる~

「今生が終わった後はどこで何をするのだろう?」

「次の人生では幸せな恋愛がしたい。」

などと、輪廻転生の次の人生に対して考えることがあるでしょうか。



未来世とは?魂が経験する次の人生のこと。

未来生とは、今回の人生を終えたあとに、魂が経験する次の人生のことをいいます。来世、後世などということもありますが、それらの場合は「次の人生」ではなく死後の世界のことを意味していることもあります。



未来世は、時系列的には前の時代に生まれることもある。2020年に死んだ人が1800年に生まれたり。

人間の魂は、霊的な成長とそれに伴う様々な経験を目的に輪廻転生をしています。そのため、今回の人生が終わってもほとんどの人は再び肉体をまとって地球もしくは他の惑星に生まれます。

未来世といっても、必ずしも時系列的に未来の時代に生まれるとは限りません。たとえば私が2020年に肉体の死を迎えたとして、次は1800年の日本に生まれるかもしれないのです。これは、この人生を終えたあと、その反省と次のレッスンの内容を考えたときに、最も適していると感じられる時代背景を選びます。



ビジュアライズ瞑想で未来世を垣間見れることがある。

ヒプノセラピーやビジュアライズを伴う誘導瞑想を活用すれば、自分の未来世を垣間見ることは可能です。しかし、あなたの守護存在がそれを視せないこともあります。

しかし、上述のように、未来世が地球歴として過去の時代であることもあるのです。そのため、未来世を視たのに過去世だと思い込んでしまうこともあるでしょう。

未来世を知ることにあまり意味はない。今生の参考にはならない。

未来世を知ることにあまり意味はなく、好奇心を満たしてくれるだけです。未来世で就いていた職業に今回の人生でも就けるわけではなく、その適性があるとも限りません。未来世で結婚している異性が今回の人生での結婚や恋愛の相手であるとも限らず、それが叶うとも限りません。



未来世が他の惑星であることも。人間以外の姿であることも。

未来世が他の惑星であることもありますし、人間ではない姿の生き物であることもありえます。植物や鉱物であることはまずありえません。(過去世が植物や鉱物であることはありえます。)

しかし、地球人の魂の人が、他の惑星での未来世の姿を視せられる・告げられることはまずありません。混乱するからです。自分をスターパーソンだとカンチガイしてしまうでしょう。



未来世の自分からチャネリングでメッセージをもらうことも出来るが・・・

チャネリングを使えるならば、未来世の自分とコンタクトを取り、未来世の自分からメッセージを貰うことも可能ではあります。しかし、未来世の自分が今よりも高い次元の意識で生きているとは限らず、また、今のあなたの仕事やライフワークを得意としているとも限りません。そのため、あまり意味はないかもしれません。



13次元を達成すると、次の人生の選択肢は非常に多岐にわたる。

アセンション(7次元達成)の段階を超え、さらに13次元をも達成すると、次の人生は自分で自由に決めることができます。さらに次のレッスン課題を決めて険しい人生を生きても良いですし、箱庭のような小さな世界を作って花を愛でながらのんびり骨休めすることもできます。または、神となり大きな惑星をプロデュースすることもできます。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

コメント


bottom of page