top of page
  • れな

最高の幸せは裏側にある。

「幸せになりたい」

「大きな恍惚を得たい」

人はそう望みます。それは自然なことだと言えます。

アルバイトが出来る年齢になってから20年が経ち、興味ある様々なものにお金を注いできたというのに、いまだに幸福願望が満たされていない人が、特に女性には大勢います。生活必需品でないものにあれこれお金を使っているなら、あなたもその一人です。

「私は幸せだ!」と痛感できるような幸せは、一体どこにあるのでしょうか?



高額品の中に最高の幸せはないのです。

あなたは、大きな幸せを得るためには高額品・高級品を手にしなければ叶わないと思っているのではないでしょうか?しかし、それは勘違いなのです。

高額品はまぁ上質ですが、人を満足させるにあたって「無難な幸せ」でしかありません。そこに飛びぬけた喜びはないのです。

このことに気づくと、「お金持ちになりたい」という欲求は減退するでしょう。すると仕事は楽になるでしょう。男性選びの観点が変わり、恋愛の質がずっと向上するでしょう。



最高の美人は芸能人の中にはいない。

あなたは男性ですか?

美人の芸能人との恋愛に憧れているのではないでしょうか?

しかし、「最高の美人」は芸能界にはいないのです。

芸能人に美人は多いです。が、芸能人というのはごちそうばかり食べていて、お酒ばかり飲んでいて、体が淀んでいます。だから濃い化粧と濃い香水でそれを隠します。

透明感のある真の美人は、食事がヘルシーでお酒も好まず、本当に透明感にあふれます。口臭がなく、体臭もなく、清らかなのです。

芸能界は競争社会なので、芸能人には我が強くて自分勝手な人ばかりです。美人ですが性格はあまり良くないのです。ぜいたくで、高飛車です。

世の中には、芸能人のように美人なのに、ぜいたくでもなく高飛車でもない性格のよい女性もいるのです。

男性にとって最高の恋愛とは、このような女性とのセックスの中にあるでしょう。


・・・これは男性向けなだけではなく、女性向けのトピックでもあります。

あなたは美人を目指しているでしょう。しかしその究極のお手本は芸能人ではないのです。芸能人の美人よりももっと、透明感あふれる洗練された美人がいるのです。そのような人を見つけるのは難しいですが、「芸能人がお手本」という考えは手放したほうがよいです。芸能人を真似ていても、そうはなれません。



旅行雑誌をなぞっても最高の旅行にはならない。

旅行に大きな感動を求める人は多いです。そして旅行雑誌を読み漁り、その勧めのとおりに有名ホテルに泊まり、ラグジュアリーなエステを受け、話題の店でお土産を買って帰ってきます。

テレビのCMで、それをするタレントさんは満面の笑顔で幸せそうですが、実際にそれをなぞってみても、あなたは最高の思い出にはならないでしょう。せいぜい80点程度の満足度にすぎないものなのです。

映画のような、ドラマのような感動的な体験は、高級旅行の中にはないのです。

海外旅行に30万円を払っても、80点程度の喜びしかないのです。


このコラムではよく言うことですが、バックパッカー的な質素な、冒険的な旅の中に、一生忘れられないような大きな喜びはあります。

5万円の高級ホテルのポーターに親切に荷物を運んでもらったところで、あなたに大きな喜びはないのです。

しかし、旅行者が誰もいないような僻地の村を一人、がたがたのあぜ道をスーツケースを引きずって歩いているときに、トラクターに乗った見知らぬ地元民が、「大変そうだね。乗せていってあげるよ」とあなたをピックアップしてくれたとき、あなたは涙が出るほど感動するでしょう!映画の主人公になったような気持ちになります。

高級なリムジンよりも、ボロボロのトラクターのほうが幸せな乗り物なのです。



まずはセレブな欲求を満たせばよいです。

「幸せな体験がほしい」そう願ったときに目についた、セレブ旅行や高級ショッピング、富裕者やイケメンとの恋愛、そういったものを、まずは体験すればよいです。

そこそこの喜びと、そして少々の落胆を感じるでしょう。「これは80点の幸せにすぎないな」と感じるでしょう。

そうなったなら、新たな喜びを、新たな幸せを、それの裏側に探すのです。

ダンスのコンテストで1位を獲ってもいまいち幸せでなかったなら、近所の子供たちとわいわい踊ればよいのです。

ステキな恋愛がしたいと願うなら、最高のセックスがしたいと願うなら、富裕者や有名人を追いかけるのではなく、淡々と控えめに暮らす人の中から相手を探しましょう。



芸能界やビジネスは卒業すればよいのです。

芸能界に憧れる人は多いでしょう。

ビジネスをしてお金や名声を得ることに憧れる人は多いでしょう。

その夢を追ったらよいです。その業界で快楽や体験を楽しんだらよいです。

しかし、そこに違和感や物足りなさを感じたなら、方向転換をすべきなのです。

芸能界や実業家の肩書気にしがみつく必要はありません。

そこでのしがらみは手放して、そして、穏やかな暮らし、穏やかなものの中に新たな幸せを探してみましょう。

目立たない人の中から、魅力的な異性を探してみましょう。

最初から仙人である必要はなく、最初から隠居である必要はありません。華やかなものに憧れるなら、それを追いかけ、その欲求を満たせばよいのです。

その次に、違う方向を模索すればよいのです。



最高の幸せは、最も上質なものは、裏側にあるのです。

これに気づくのは、ロイヤルブルーのオーラの感性です。

ロイヤルブルーのオーラの高い人は、お金をかけずとも、大きな幸せを味わっているのです。

流行に振り回されることはなく、友人をうらやむこともなく、その人は幸せに微笑みながら暮らしているのです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page