top of page
  • れな

最近の若者は恋愛に興味がないって本当?

「若者の〇〇離れ」といった言葉ばあちこちで叫ばれています。

そのうちの1つに、「最近の若者は恋愛をしなくなった」といったものもあります。恋愛ドラマの視聴率が下がったと言われています。

このような報道を見て、「私も恋愛はやめようかな」と考えてしまう女性も少なくないかもしれません。しかし、最近の若者が恋愛に興味がないというのは、本当なのでしょうか?



恋愛に興味がないわけではない。恋愛に慎重な人が増えた。

「最近の若者は恋愛をしなくなった」という説は、正しいとは言えません。

最近の若者は恋愛に興味がないわけではなく、「恋愛に慎重な人が増えた」と言えます。

2つの理由から、恋愛に慎重な人が増えています。


雰囲気を乱したくないから恋愛に慎重になる。

恋愛すると同性友達と気まずくなる、恋愛すると教室や職場が気まずくなる、恋愛すると彼と気まずくなる、といった事情から、恋愛することをためらう人が増えています。調和を重んじる日本人らしい性質です。

グリーンのオーラが60点を超えるような誠実な人に多いです。

こうした人々は、恋愛欲求自体は強く抱いています。そのため、皆が見えない他の場所で恋人を作ったり、SNSや出会い系サイトで相手を探したりします。そして誰にも言わずに恋愛やセックスを交わすのです。


男性に振り回されたくないから恋愛を控える。

恋愛に積極的な人とそうでない人の差が広がっています。積極的に女性を口説くのは、欲深くて身勝手な感じの男性が多いのです。すると、女性たちが恋愛をしようと思うと、どうしても身勝手な男性とばかり引き合うことになります。

これを経験すると、リアルな恋愛はうっとおしく感じるようになります。

そのため、「イケメンの芸能人を眺めていればいいや」「えっちなコミックスを読んで興奮すればいいや」といった観念になります。

恋愛欲求も性欲も旺盛なのですが、それを2次元で代用しようとするのです。

男性も、同じような傾向があります。女性と付き合うとわずらわしいので、セクシーなアニメキャラなどでオナニーするのです。または風俗に行きます。

男性たちは恋愛に興味がないのではなく、わがままな女性に振り回されるのが嫌なのです。



男性の選び方を変えればよい。

「自分勝手な男性の身勝手さに振り回されるのがわずらわしい」と感じるのは自然なことでしょう。実際、身勝手な男性が多いからです。

しかし、そこで「男性は身勝手だ」と結論付けるのは間違っています。優しい男性もいるのです。

優しくいたわりあい、微笑み合う本来の恋愛を交わすためには、男性の選び方を変えましょう。

優しくて誠実な男性を、選べばよいのです。

セックスが好きですか?それなら、優しくて誠実な、かつえっちな男性を選べばよいのです。そのような男性はとても少ないですが。


しかし、優しくて誠実な男性というのは、恋愛にガツガツしていないです。あまり女性を口説きません。そのため、こうした男性と恋愛やセックスがしたいなら、あなたのほうから積極的にアプローチをすることが必要不可欠です。

星占いを読んで待っていて、都合よく出会えるようなものではないのです。星占いを読んでいても意味はないです。



出会いの場を漁るより、趣味を通して仲良くなるほうがよい。

恋愛を求めるとき、出会い系サイトのようなものを使う人は増えています。手っ取り早いように思えますが、恋愛の「質」を重視するなら、そうした場所の男性は選ばないほうがよいです。

出会い系アプリ、婚活アプリ、出会い系SNS、合コン、街コン、飲み会、といったものは使わないほうがよいです。

それよりも、何かあなたの趣味を通して、男性と仲良くなりましょう。旅行が好きなら旅行の好きな男性と、旅行の話をしながら仲を深めます。

あなたがスピリチュアルなことへの興味が強いなら、スピリチュアルな男性でないと、気が合わないでしょう。

そうして、心から深く語り合えるような男性を選びましょう。

デートが派手で楽しいだけでは、良い恋愛にならないです。



お酒に誘ってくる男性はすべてパスしましょう。

優しい男性を選ぶべきですが、男性の優しさを勘違いしている女性が多いです。

お酒に誘ってくるような男性は、優しくはないです。そのような男性はお断りしましょう。「お酒をおごるよ」というのは優しさではありません。あなたを酔わせて強引にセックスがしたいのです。または、自分が酔えば、押し倒す口実になるのです。

女性をお酒に誘う男性は「いやしい人」で、不誠実です。気前がよいように見えても、性格は悪いです。お酒だけでなく、フランス料理やイタリアン、食事に誘ってくる男性も同じです。要は酒を飲ませて酔わせたいのです。

高価なプレゼントを贈ってくる男性も、優しい人ではありません。それはあなたの気を引くための「戦略」です。「わいろ」なのです。

プレゼントや食事、お酒につられているうちは、良い恋愛をするのは難しいです。そうしたものをちらつかせてくる男性は、軒並み不誠実だからです。



恋愛やセックスを求めるのは自然なことです。

「最近の若者は恋愛に興味がない」といった報道に対して、恋愛に興味が強い自分を不安に思うでしょうか。しかし、その心配はいりません。

女性もほとんど皆、性欲が強く、セックスを求めています。女性は裏表の激しい人が多く、セックスへの欲求を友人知人にあまり見せないのです。

そして女性は、男性よりも性欲が強いです。

安全に「えっちがしたいな」と言える男性を見つけることが大切です。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page