top of page
  • れな

早発閉経は悲しいこととは限らないです。

女性の閉経は、通常は45歳~55歳くらいの間に起こります。

それに対して、40歳未満で閉経になることを早発閉経といいます。


一般的に、早発閉経は悲しいこと、大変なことだと認知されていますが、実はそうとは限りません。



ピンクのオーラの高い人は早発閉経になることが。

ピンクのオーラの非常に高い人は、早発閉経になることがあります。

ピンクのオーラが高いとはつまり、「性的魅力を提供する能力に長ける人」です。

セックスやセクシーな格好・言動で人を喜ばせるのが上手い人、という意味です。


性的魅力を提供することがこの人の重要な役割となったため、妊娠や月経のリスクが軽減されたのです。「セックスばかりしているから罰があたったのではない」です。



そうでない要因の人もいる!

もちろん、早発閉経になる人には、「ピンクのスキルが高いから」という要因ではない人もいます。

セックスや快楽に溺れすぎたために、カルマの制裁として早期閉経になることもあります。真逆ですね。


この記事では、ピンクのオーラが高いゆえに早発閉経になるケースについて言及していきます。



妊娠や出産を望んでいるか、自分に問うてみて。

早発閉経だとわかったとき、多くの女性は落ち込むでしょう。

でも、あなたは本当に落ち込む必要があるでしょうか?

「私は妊娠や出産を望んでいるだろうか?」と考えてみてください。

出産をしたい、子供を育てたいと強く望んでいるなら、早発閉経は辛い出来事と言えるでしょう。

しかし、あなたが妊娠も出産も望んでいないなら、早発閉経は不幸ではなさそうです。むしろ、あなたにとってメリットが多いと言えます。

セックスを楽しんでも妊娠のリスクがないですし、月経の煩わしさから解放されるからです。



女性ホルモンの分泌は、補うことが出来る。

閉経は、いわゆる更年期障害と呼ばれる様々な症状を引き起こします。肌の衰えなど、老化を促進します。そのため、やはり早発閉経は辛いものだと感じる人は多いでしょう。

たしかに、閉経を迎えることで女性ホルモンの分泌は減るのですが、女性ホルモンは月経以外でも分泌します。セックスやオナニーで女性ホルモンが分泌することは今や広く認知されるようになりました。豆乳や大豆製品の摂取が女性ホルモンを豊かにします。


つまり、早発閉経による女性ホルモン減少のリスクは、意識的な女性ホルモンの分泌習慣によってカバーが出来るのです。

ピンクのオーラの高い女性というのは、セックスやオナニーを抑圧しない傾向で、自分で女性ホルモンの分泌が出来るのです。



更年期障害の諸症状は、やがて落ち着く。

早発閉経によって更年期障害の諸症状が出てきても、それはやがて落ち着くでしょう。更年期障害とはそういうものです。

更年期障害の一つに、「気分の落ち込み」というものがあります。

しかし、この気分の落ち込みは、「閉経してしまった、更年期障害になってしまった」という事実を悲観するがために落ち込んでしまっていることも多く、「私にとっては閉経は悲しいことではないわ」と腑に落ちているならば、あまり落ち込まずに済むでしょう。


閉経しても、更年期障害がほとんど出ない人もいるのです。

「生理がなくなってすっきりしたわ」と喜んでばかりいる人もいるのです。



老化の要因のほとんどは、筋力低下と女性ホルモン低下。

「閉経すると急速に老化する」と言う人がいます。

それゆえに早発閉経が悲しいものだと思う人も多いでしょう。

しかし、これもまたカバーが可能なのです。


「老化」と言われる現象のほとんどは、閉経というよりも「筋力の低下」や「女性らしい振る舞いの低下」から起きます。

閉経したかしないかではなく、30歳、40歳、50歳と年をとるにつれて人々は体を動かさなくなっていくのです。そして筋力が低下し、やせこけたり背中が曲がったりします。胸が垂れるのも筋力低下が大きく関連します。

年をとるにつれて女性たちは、「女性らしい振る舞い」をしなくなっていきます。セックスやオナニーをやめていきますし、乙女らしいしゃべり方をしなくなります。美容をしなくなります。ピンクの服を着なくなります。


すると、閉経したとしても、体をよく動かし続け、女性らしい振る舞いを行い続けるなら、老化はそんなに進まないのです。

閉経してもなお、乙女らしく暮らせばよいのです。

もう年だなどと言い訳せず、体をしっかり動かせばよいのです。



ホルモン補充の治療をしてもらうのもよい。

早発閉経が疑われるとき、つまり生理が数か月も来ないとき、どのみち病院で診てもらうことになるでしょう。

お医者さんは基本的に、「早発閉経は良くないことだから治療をすべき」と言います。妊娠出来なくなるだけでなく、老化を速めると思っているからです。


早発閉経の治療は、ホルモン補充療法になるはずです。

女性ホルモンを意図的に補充して、生理を促すのです。

このとき、妊娠や月経を望んでいないとしても、ホルモン補充治療をしてもらうのもよいです。減少しがちな女性ホルモンを、投薬でカバーしてもらうのです。

このとき、出来れば「妊娠は望んでいない。女性ホルモンの減少で体調が崩れるので、女性ホルモンを補充したい」と伝えられればベストです。

すると、月経を再開させずに女性ホルモンの分泌だけを増やすことが出来ます。


あなたが妊娠を望んでいないなら、「妊娠は望んでいない。むしろしたくない」とはっきり意思を伝えることで、お医者さんは必要以上に悲観的な見解をせず、あなたに好ましい状態を保てるようにアドバイスや診察をくれるでしょう。



二十代ですら早発閉経になることがある。

三十代で早発閉経になるだけでも、かなり驚かれるようです。が、二十代ですら早発閉経になることがあります。

統計として、三十代で早発閉経になる人は100人に1人、二十代で早発閉経になる人も1,000人に1人はいるようです。

そして、私のコラムを読む方は、もっと多い割合で早発閉経になるでしょう。ピンクのオーラの高い人が多いはずだからです。


早発閉経に関する冷静な事実を知っておけば、いざそのときが来ても無用に落ち込んだり慌てたりしないで済むでしょう。



「オールドソウル」男性に恋する女性なども。

「オールドソウル」やそれっぽい精神性の高い男性、奉仕的な男性などに好意を抱いて恋愛する女性も、早発閉経になりやすいです。

あなたたちは、妊娠というリスク(カルマ)を背負う必要性が低いからです。

「精神性の高い男性を癒してあげなさい」と、あなたのガイド霊はあなたを早発閉経にするのです。


また、風俗嬢やアダルトビデオ女優などする女性も、早発閉経になりやすいです。



通常の閉経についても同じことが言えます!潤い続けることは出来る。

早発閉経ではない、通常の閉経についても同じことが言えます。

45歳や50歳で閉経が来たとき、「私はもう女として終わってしまったのね」と大きく落ち込む女性がいるでしょう。美貌が急速に衰えるのではないか、セックスはもう楽しめないのではないか、と。

しかし、それは勘違いです!


上述したように、閉経は、女性ホルモンの分泌を減退させるだけです。

女性ホルモンを分泌する方法は、他にもあるのです。高額なエステや高額な美容液にすがらなくても平気なのです。

閉経を迎えたとしても、パートナーとのセックスを楽しみ続けましょう。パートナーがいないならオナニーを楽しみ続けましょう。パートナーがいても、もっと頻繁にオナニーを楽しみ続けましょう。

豆乳や大豆製品を豊富に摂取しましょう。ピンクの服を着たり、乙女のようなお洒落を楽しんだり、乙女のような気持ちで趣味を楽しんだり、若々しい振る舞いをしましょう。素敵な人を見つけたら、ドキドキすればよいです。その彼とのセックスを想像したってよいのです。

同級生が急速に老け込んでいくとしても、あなたはまだまだ、若々しさを保てるでしょう。肌は潤い続け、膣は潤い続けます。恋愛やセックスを楽しむことは出来ます。


閉経に対して正しい認識を持てば、笑顔で暮らせるでしょう。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page