top of page
  • れな

旦那の不倫・彼氏の浮気とどう向き合うべきか。

霊的真理から言えば、人々は複数の異性とセックスを交わしても良い生き物です。

しかし、私たちの社会の道徳や法律から言えば、人は不倫をすべきではありません。浮気をすべきではありません。

パートナーに対して一途であることを誓ったのに、それを裏切って他の異性とセックスを交わすことは、とても不誠実なことです。


しかし実情として、多くの男性は不倫や浮気をします。または風俗に行きます。

彼が不倫や風俗をすることに大きなショックや憤りを感じ、悩んでいる女性は少なくないでしょう。

この問題と、どう向き合っていけばよいのでしょうか?



不倫をしていなくても、風俗に行っている男性が多いのが実情。

「彼は社交的な人で、不倫をしているような気がする」と感じている女性は多いでしょう。それを思うと憂鬱になり、しかしどうしていいかわからず悶々とします。


「私の彼は不倫が出来るようなタイプではない」と感じている女性も多いでしょう。しかし、実情として、女性を口説くようなことを苦手とする男性も、風俗でセックスをしていることが多いです。既婚男性の9割以上が、風俗遊びをするのだそうです。

「妻を裏切りたくないから不倫はしない」という倫理観を持っていても、「風俗は不倫じゃないからいい」と考えて風俗に行く男性は多いです。



不平等で抑圧される女性たち。

実情として、ほとんどの男性たちは不倫や浮気をするのです。風俗という抜け道がありますから。

それに対して女性たちは、「交際」や「結婚」の契りを交わしたあとは、他の男性とデートすることは許されません。

男性は、自分が風俗遊びをしているとしても、妻や彼女に対して、他の男性とのデートを許さないでしょう。厳しく叱ってくるでしょう。

女性たちはセックスに対して、圧倒的に不平等な立場にあり、抑圧されてしまいます。



誰もがセックスをしたい、という実情。

あなたは、「交際や結婚の契りを交わす人々は、パートナーとのセックスだけで満足しているのだろう」と思っているでしょうか。

しかし、そんなことはないのです。

現代においてはほとんどすべての男女が、たくさんのセックスをしたい欲求を抱いているのです。

「一途でなければいけない」という交際や結婚の契りを交わす人々も、他の異性とのセックスに憧れています。「機会があればしてしまえ!」と思っているくせに、誰かの恋人になったり結婚をしたりするのです。

多くの人々は、不誠実なのです。

そして、実情として、ほとんど誰もが、多くのセックスを欲しがっています。

「彼氏以外の男性とセックスしたい欲求は無い」という女性もいるのですが、彼とのセックスの回数が少ないならば、他の男性ともセックスしたくなります。



ほとんどの男性は、一途でいようと思っていない。

ほとんどの男性は、「恋人に対して一途でいよう」と端から思っていないです。

セックスしたいと感じる女性を口説いて恋人にしますが、しかし機会があれば他の女性ともセックスしようと思っています。そういう機会を作るのが苦手な人は、風俗でセックスしようと思っています。

一途を誓う気がないのに、恋人になってと言ったり結婚を決めたりします。

一途を誓う気がないのに、「君だけを愛しているよ」と言うのです。

ほとんどの男性は不誠実です。しかし、それをあなたに見せないようにしています。


本当に誠実な男性は、結婚をしようとしないです。

結婚しない男性のすべてが誠実という意味ではなく、「誠実さを貫くために結婚をしないようにしている」というような男性が、世の中にはいるのです。


普通の恋愛をしている男性は、ほとんどが誠実でないです。



女性は、「恋人を作らない」という方法で対処するしかない。

では女性たちは、どうやって恋愛の自由を獲得すればよいのでしょうか?

「死ぬまで一人の男性としかセックスできないなんて嫌だ」とあなたが感じるなら(ほとんどの女性はそう感じるでしょう)、特定の恋人を作らないほうが良いです。

結婚しないほうが良いというだけでなく、「恋人」も作らないほうがよいです。


旦那だけでなく彼氏も、あなたを裏切って浮気か風俗をするでしょうから。

しかしあなたは、彼氏がいるなら他の男性とデートが出来ません。

他の男性とデートしたくなったとき、その彼と別れればいいと思っても、簡単には別れられないでしょう。恋愛とはそういうものです。



恋人にならずに、「デートして」と誘う。

男性と「恋人」という関係になろうとせずに、自由恋愛を生きればよいのです。

興味深い男性を見つけたら、コンタクトをとりましょう。メールなどでおしゃべりすると良いです。ますます気になったなら、「お茶でも行きましょうよ」と誘います。そして、恋人同士のように二人で楽しい時間を過ごします。

彼のことを「大好き!」と感じても、そこで「恋人になって」とは言わないようにするのです。

そして、またあなたが会いたくなったときに、彼をお茶やデートに誘います。

彼とセックスしたいと感じるなら、彼をセックスに誘います。


あなたは彼と「恋人」になったわけではないので、あなたは他の男性に興味を抱いた際には他の男性とデートすることも出来ます。


フランスやオランダなどヨーロッパでは、こうした恋愛観を持つ人が増えています。ニュースでもよく見るようになってきましたね。


オーラが平均70点くらいもある達観した女性は、このように恋人を作らずに生きるでしょう。

誠実にしたたかに恋愛を楽しみつつ、自由に身軽に生きます。

霊的真理など知らなくても、こうした価値観に達するでしょう。


これはプレイガールというものでもなく、このような自由恋愛を生きていても、実際にセックスする男性は1人か2人しかいないでしょう。精神性の高い女性は男性への理想が高く、セックスしたいと感じる男性がとても少ないです。たくさんセックスがしたいというよりは、「拘束されたくない」のです。


私は、プレイガールを勧めているのではありません!



あなたの恋愛観を、彼には正直に伝えるべきです!

ただし、その恋愛観について、親密になる男性には正直に伝えるべきです。

「あなたのことが好きだけど、恋人になる気はないの。他に魅力的な男性を見つけたら、その人ともセックスするかもしれないわ」と。

自分を口説いてきた女性がこのような恋愛観をしていても、大抵の男性は受け入れるでしょう。その女性とセックスを交わすでしょう。

男性は女性ほど相手を束縛したいとは思っていません。中には独占欲の強い男性もいますが。


また、あなたが好感を抱いた男性が既婚者であったり彼女持ちであったりするなら、慎重になるべきです。基本的には深入りしないほうが良いです。



男性の場合はそうすべきではない!

これは、あくまで女性向けの記事です!

男性の場合、自由恋愛主義に生きると決めても、無暗に女性を口説くべきでないです。

男性が自由恋愛主義を生きる場合、女性から口説かれるのを待ちましょう。口説かれるような魅力的な男性になる努力をして過ごしましょう。

あちこち口説きたいなら、「俺はナンパ師だよ」と開き直るべきです。そんな軽い男性でもいいと言う女性だけと、セックスすべきです。


基本的に、受け身な男性に対して積極的に口説いてくる女性はほとんどいません。すると、男性が自由恋愛主義に生きたい場合、実情としては風俗で様々な女性とセックスをするしかない、という感じです。

または外国人女性と仲良くなる努力をするならば、外国人女性は日本人女性よりは積極的です。



あなたの恋愛をあまり人に話さないほうが良いです。

自由恋愛を生きるなら、あなたの恋愛観や恋愛は、あまり人に話さないほうがよいです。同性の友人にも、です。あまり理解されないでしょうし、批判を受けやすいです!嫌われてしまいやすいです!


男性にはなおのこと、話さないほうが良いです。男性に話しても、大抵はあなたのポリシーは理解されず、「この女はすぐヤレそうだな!」と思われて、しつこく口説かれたり、強引に押し倒されてしまったりするでしょう。

「誠実に自由恋愛をしたい」あなたのポリシーを理解できるのは、非常に達観した「オールドソウル」くらいのものです。



常に、あなたのほうから口説くこと。

女性が自由恋愛を生きたいなら、「常にあなたのほうから口説く」ということを心がけるべきです。

男性からの誘いにあちこち応じると、不誠実な男性とばかり交わることになってしまうでしょう。

その都度、誠実で魅力的な男性を慎重に見極めて、そしてあなたのほうからアプローチして進めるべきです。


お酒を飲む男性を選ばないほうがよいです。


たくさんの性的快感を味わいたいですか?その場合、男性からの口説きにほいほいと応じるのではなく、オナニーライフを充実させると良いです。毎日してもよいですし、丈の長いバイブレーターを買うなど、充実度を上げましょう。オナニーで妥協をしましょう。



セックスしたい男性はそう多くはないでしょう。

「誠実に自由恋愛を生きたい」と感じる女性にとって、セックスしたいと思える男性はそう多くないでしょう。誠実な男性を好むはずです。

同時期に多重恋愛する相手は、多くても2人、という程度ではないでしょうか。


たくさんの男性とセックスをする、というよりも、「セックスの自由がある」という感じです。

しかし、それでも気持ち的にはすっきりするはずです。不平等感がないからです。誠実さを保てるからです。したいときには出来るからです。


「結婚を目指さず、恋人を作らずに自由恋愛を生きるの」というポリシーを抱いても、以降の人生で一人の男性としか親密にならなかった、ということもあるでしょう。

あなたのお眼鏡にかなう男性がいなければ恋愛する気にはなれないはずで、そしてあなたの理想はそれくらいに高いかもしれませんね。


男性は多くの女性とセックスしたいと感じますが、女性はセックスしたい男性がそう多くはないでしょう。こうした意識の違いがあります。



ガイド霊が不倫を許可しても、あなたは慎重になって!

ガイド霊が、あなたの不倫恋愛を許可することもあります。ペールコーラルのソウルカラーを持つ人、「オールドソウル」「キリスト」「ソフィア」「ドルフィン」あたりの女性にはまれにあります。それ以外の人にも起こりえます。

しかし、ガイド霊が許可をしたとしても、くれぐれも慎重になってください!

ガイド霊が許可した相手でも、その不倫によってトラブルが起きる可能性はあります!それが訴訟問題にまで発展する可能性もあります!

ガイド霊は、そのような現実的なトラブルから守ってくれるわけではありません。多少は守ろうとしますが、ガイド霊の介入はそう確実なものでないため、ほとんど何も期待できません。


ガイド霊が許可したとしても、その彼がルーズそうに感じるなら、深入りするのはやめましょう。

ガイド霊が許可したとしても、旦那さんにばれないように慎重に行動するべきです。

相手の男性のことも慎重に気遣いましょう。たとえば、香水を付けずにデートする、といったことです。長時間のデートをねだらない、といったことです。



ライトなデートに留める、というアイデアもあります。

「旦那が浮気しているのに自分に恋愛の自由がないのは不服だ!」と感じて我慢が出来ない女性もいるでしょう(それは自然な感情です)。

そうは言っても私は不倫など出来そうにない、ということも多いはずです。

その場合、「ライトなデートに留める」というアイデアもあります。

気になった男性と、セックスをするのではなく、お茶や食事などを軽く楽しむのです。それだけでもドキドキと興奮して、恋愛の恍惚を楽しめるでしょう。色々と得るものはあるはずです。どうしても触れたいなら、さりげなく握手でもしてもらいましょう。握手は不倫にはなりません。

かっこいい美容師さんと、カットの際におしゃべりを楽しむ、といったアイデアもあります。(かっこいい美容師さんには技術のイマイチな人が多いですが・・・)



「なんとなく欲求不満」なら、ラブホテルを使ってみると良いです。

「旦那の不倫を心配しているわけではないが、なんとなくセックスに欲求不満・・・」とフラストレーションを溜めているなら、旦那さんを誘ってラブホテルに行ってみると良いです。

あなたは、家のベッドでしかセックスをしたことがないのではないでしょうか?

または、ここ数年は家のベッドでしかしていなかったのではないでしょうか?


寝室でのセックスでは、「子供に気づかれないように」「お隣さんに気づかれないように」と、あえぎ声を我慢したり、会話を我慢したり、激しく動くことをセーブしたりしがちです。

しかし、特に女性は、セックスにおいて大きな喘ぎ声を出したりしたいものです。そのほうが深く官能できるからですね。「こんなプレイをして」と彼におねだりしたり、ベッドが動くほど激しく律動したりしたいときがあるのですが、家ではそれが自由に行えません。そして、フラストレーションが溜まるのです。


ラブホテルは、これを解消してくれます。

周りを気にせず大きなえっちなあえぎ声を出せますし、おしゃべりしながらセックスをすることが出来ます。大胆な格好をしたり、シーツが汚れてしまうような激しいプレイも出来ます。

カップルたちがラブホテルに行く理由には、このようなこともあるのです。


お金を節約するためにホームデートをする、というのは良い考えなのですが、たまにはラブホテルで思いきり発散するのも良いでしょう。



この記事が、あばずれな快楽主義を勧めているわけではないことは、おわかりいただけるでしょうか?

あまり意味がわからないなら、表面だけの自由恋愛主義を採用しないほうが良いです。あなたは無造作にセックスを漁るだけになり、女性の場合それは劣悪な男性ばかりと交わって辛い人生になってしまうでしょう。

多くの男性とのセックスに憧れたりするかもしれませんが、不誠実な男性と大勢セックスしても、不幸にしかなりません。気を付けてください。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page