top of page
  • れな

日焼けに弱い。何か霊的な意味があるの?

日光に当たると、日焼けするのではなく赤く炎症を起こしてしまう。

日差しに弱く、外に出たくなくなってしまう。このような体質に霊的な意味はあるのでしょうか?



ある。スポーツをすべきでないブループリントの人に多い。

日焼けに弱い体質の人は、スポーツをすべきでないブループリントの人に多いです。

逆説的に言って、スポーツに対するセンスや活動的な気質を幼少時代から見せることもあります。



上級天使のクリスタルチルドレンに多い。

日焼けに弱い体質は、上級天使のクリスタルチルドレンに多いです。「オールドソウル」やピュア・インディゴにも多いです。

魂的には運動・屋外活動への意欲やセンスを持ちあわせていますが、今生ではそちらに特化すべきでないのです。

芸術や学問に特化すべき、ということです。


スポーツは、啓蒙の面から言えばあまり良いものとは言えません。

スポーツに熱中するとどうしても攻撃的になったり人との競争を好んだりしやすくなってしまうからです。言動が粗野になってしまいやすいです。

体を動かす習慣を培ったり、体力を培ったりするのはとても良いことです。



芸術的なスポーツに流れたり、中学生くらいでスポーツを辞めたり。

日焼けに弱い、という体質を持つことで、幼少時代にスポーツに熱中するとしても、自然とバレエやフィギュアスケートなどの芸術的なスポーツに流れていきやすいです。それでよいです。

または、競技や練習が本格化していく中学生くらいでそのスポーツを辞め、他の趣味・特技に力を入れるようになるでしょう。それでよいです。


たとえば子供の頃に、水泳とバレエの両方に興味を抱いたとしても、日焼けに弱い体質を自覚することで屋内競技であるバレエのほうに流れていくでしょう。そうした進路決定を見込んで日焼けに弱い体質を携えているわけです。



バックパッカー放浪をしてもよいです。

日焼けに弱い体質を持つ人の中には、バックパッカー放浪に憧れるような感性を持つ人が少なくないはずです。総合力が高いため、旅をして見識を広めたり冒険に挑んだりしたいでしょう。

バックパッカー放浪は強い日差しの中を歩いていくイメージがあり、屋外運動と同じように日焼けに弱い体質の人には不向きに思えます。


しかしこの人のブループリントは、バックパッカー放浪を拒んではいません。

興味があるなら、バックパッカー放浪をしてもよいです。

日焼けに弱い体質を持っていても、バックパッカー放浪をする人はいるそうです。長袖のTシャツを着て、日差しから身を守りながら旅します。

薄手のラッシュガードを着ると良いようです。



スポーツよりも芸術を好む感性を身につけたほうがよい。

日焼けに弱い体質を持つなら、あなたのブループリントのためにはスポーツよりも芸術を好む感性を身につけたほうがよいです。

あまりワイルドな性格にならないほうがよいです。芸術の機微がわかるような大人になったほうがよいです。

芸術を好む感性の人と親しくなるほうがよいです。


たとえば、親がサッカーの大ファンで3歳からサッカーを始めるとします。日焼けに弱いことを理解したとき、競技を断念する代わりに地元のJリーグのチームを熱狂的に応援したりするかもしれませんが、それもあまり良くないです。

ファン活動としてもスポーツに熱狂せず、芸術や他の好みに向いたほうがよいです。


スポーツ選手と恋愛したり推し活したりすることも、あなたには向いていないはずです。

最新記事

すべて表示

生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。

人を羨ましいと思うことがあるでしょう。 物心つくくらいの年頃からもう、とても頭の良い人や、とてもスポーツの出来る人や、とても芸術の出来る人や、とても可愛らしい人がいます。世の中は平等ではないようで、嘆きたくもなります。 しかし、人の生というものを今生だけと短絡的に考えず、「輪廻転生を通して1つの生」と考えるならば、やはり人は平等です。 生まれ持った才能は、過去世で努力したものです。 物心つく頃には

物事の感じ方は変わっていくものです。

人は、成長していくものです。成長しないとしても、変化していくものです。 そして自分が「変化」だと思っているものも、後から客観視してみれば「成長していたな」と感じたりするものです。 求めるものは、ずっと同じではないのです。 「私は何々が好き」「私は何々をしたい」は変化していく。 自分を表現することは、大切なことです。SNSのプロフィールにせよ、学校や職場での自己紹介にせよ、自分がどのような趣味を持っ

社会性に自信があれば、自由に生きてよいです。

「個性の時代」と言われるようになって久しいですが、しかし他国に比べればまだまだ、日本は「隣にならえ」の文化です。 大学に入るべき、一流企業に勤めるべき、正社員になるべき、結婚して子を持つべき、マイホームを手に入れるべき、といった「普通の立派な人」であることを求められます。 こうした社会的観念は、グリーンの高い人を育てるうえで、ある程度役に立ってもいます。協調性や社会への協力精神、勤勉さは、とても大

Comments


bottom of page