top of page
  • れな

抱きしめられたい、と感じることがあるでしょう。

女性は、セックスしたいという感覚とは別に、「抱きしめられたい」と感じることがあるでしょう。ぬくもりに包まれたい、包容力に包まれたい、という感じです。



女性と男性で感覚が食い違っている。

抱きしめてくれる男性は多いものです。

しかし、そのぬくもりがあなたのイメージしているものとはやや違って、げんなりしたり物足りなさを感じたり、不快にすら感じたりすることばかりなのではないでしょうか?

女性は、「包容力に包まれたい」と感じます。

しかし男性は、「触りたい」のです。女性の体に触ることはセクシーな興奮があるため、自分のエゴのために女性を抱きしめます。それは乱暴で身勝手で、だからあなたにとって、「なんか違う」と感じるわけです。



「包容力で包んでくれる」のはグリーンの高い男性。

女性たちが望む、「セックスじゃなくて優しく抱きしめて」を叶えてくれるのは、グリーンの高い男性です。グリーンのオーラが70点以上もあるような男性です。

彼らは、自分の性欲ではなく女性のぬくもり欲求のために、抱きしめようとしてくれます。


しかし、そのようなグリーンの高い男性は、恋愛関係に至っていない女性を抱きしめるようなことはしません。「それはいけないことだ」と自制します。

あなたが彼に悩みを打ち明けたりして、涙を流しているとき、「そっと抱きしめてくれたらいいのにな」と期待していても、そういう男性はあなたに触れようとしないでしょう。抱きしめてあげたい、と思っているのですが、それを自制します。あなたを傷つけないため、あなたに失礼にならないようにするためです。


弱い自分を見せて、抱きしめてほしいとき、あなたは自分から、「抱きしめて」と言うとよいです。そうすれば彼は抱きしめてくれるでしょう。


漫画や映画などで、人情に長けたカウンセラーや医師などは、弱っている女の子を優しく抱きしめてあげたりします。そしてヒロインは感動します。しかし、現代日本ではこのようなことは起こらないでしょう。日本はセクハラに非常にうるさい国であり、男性嫌悪の強い女性が多いため、誠実な医師や真面目なカウンセラーは、患者さんを抱きしめたりしないです。セクハラだと訴えられたら困りますし、「患者に手を出した!」と叩かれたら困るのです。

しかしあなたが「抱きしめて」と言えば抱きしめてくれるでしょう。



あなたの内面を褒めてくれる男性は、温かい。

そう落ち込んでいなくても、抱きしめてほしいときがあるでしょう。誰にお願いすればよいのでしょうか?

やはりグリーンが70点以上はある男性が良いです。あなたのために、抱きしめてくれるでしょう。


もう1つの基準として、彼の言動を見てください。

あなたの内面の良さに気づき、褒めてくれるような男性は、スキンシップを求める相手として適しています。「〇〇ちゃんって優しいよね」「いつもひたむきにがんばってるよね」といった褒め言葉をくれる人です。

可愛いと言う際に、ただ可愛いではなく、「笑顔が素敵だよ」などと褒めてくれる人です。


彼は、あなたの外見だけでなく、内面も見てくれています。女としてだけでなく「人」として見てくれていて、あなたに親しみや尊敬を感じてくれています。仮に彼と恋愛関係になり、それが終わるときがくるとしても、彼はあなたに親切にし続けてくれるでしょう。あなたがえっちをしてあげなくても、彼はあなたに優しいでしょう。


ほとんどの男性は現金です。あなたとセックスがしたいから優しくします。しかし中には、純粋な気持ちからあなたに優しくしてくれる男性もいるのです。ごく少数、そのような男性がいます。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page