top of page
  • れな

愛撫して官能する、という感覚。

セックスを好きになるためにたくさん愛撫を受けたい、たくさん気持ちよくしてもらいたい、と誰しも願います。

しかしセックスが好きな人というのは、愛撫「する」ことに官能を感じていることが多いです。

愛撫することに官能を感じると、自分が受けていても施していても官能できるため、四六時中幸せなのです。



いわゆる「S」というもの。

テレビの深夜番組など見ていると、セクシー系のタレントが、「Sなの?Mなの?」と聞かれていたりします。ここで「Sの気があります」と答える女性は、「愛撫する官能」を知っている人です。


ハードSMにおけるSは、この感覚とは違います。ハードSMの場合、相手が痛がっている、怖がっているのを見て官能する感覚で、凶暴で危険なものです。



愛撫する悦びに目覚めるには?

愛撫して官能する、という感覚に目覚めるには、「追いかける恋愛」をすることがとても重要です。

強い好意を感じている男性に対しては、愛撫してあげたいという気持ちになるからです。そうして丹念に愛撫をすることで、彼の恍惚の表情など見ていて、愛撫する悦びに目覚めます。

あまり好きでない男性とセックスしても、愛撫することが義務・強要にしか感じられず、苦痛です。興奮しないです。

日本人女性は受け身な恋愛をする人ばかりなので、愛撫する悦びに目覚めている人はほんの1割程度です。クリスタルチルドレン世代(1990年以降の生まれ)には特に少ないです。



愛撫している側なのに、膣が濡れるのです。

「愛撫して官能する」という感覚を、自分が知っているのかどうかよくわからない、という女性もいることでしょう。

わかりやすい基準があります。

あなたは、男性を愛撫している最中に膣が濡れますか?愛撫「する」側であるにもかかわらず膣がじわじわと濡れてくるなら、あなたはこの感覚を知っているのでしょう。

愛撫するだけで膣がうるおうため、彼に愛撫してもらわなくても挿入に進むことができます。



彼がノーリアクションだと、この感覚を理解するのは難しい。

たとえあなたに献身精神があるとしても、愛撫する悦びに目覚められないこともあります。

それは、彼がノーリアクションな人である場合です。

女性からフェラチオされたり乳首を舐められたりしても、表情を変えない男性がいます。吐息も漏らさず、あまり気持ちよさそうでもありません。プライドの高い管理職の男性や、生真面目な人に多いです。

彼が官能のリアクションをしてくれない場合、あなたが献身的でもこの感覚に目覚めることは難しいです。

その場合、他のセックスパートナーを探すほうがよいです。



「可愛くなりたい」と願うようになる。

愛撫して官能する感覚に目覚めると、「もっと可愛くなりたい」という美意識も強まります。可愛らしさ、セクシーさもまた、男性を恍惚させるからです。

脱いだときのスタイル維持やムダ毛処理、ピーリングによるなめらかな肌作りなどにも意欲が強まります。

自分のために可愛く着飾るのではなく、彼のために可愛くなりたいと感じます。


そこから派生して、コスプレに興味を持ったり、騎乗位で激しく躍動することに興味を持ったりもします。


わがままな美人ではなく、思いやりにあふれる質の高い美人になっていきます。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page