top of page
  • れな

愛について悟りたいなら、「真実の愛」を体験する必要がある。

愛とは何だろう?

真実の愛とは何だろう?

「愛する」ってどんな感覚なんだろう?

愛されるにはどうしたらよいのだろうか?


こうしたことに興味のある人は少なくないでしょう。

こうしたテーマで描かれた映画や文学は古今東西に山ほどあり、たくさんの視聴者やファンを持っています。皆、「愛とは何だろう」と興味があり、その答えを知りたいから見るのでしょう。

愛をテーマにした映画や文学のすべてに、その真実の答えが表現されているわけではありません。

そして、愛について多角的に、深く、その真実を悟りたいと願うなら、「自ら体験する」ことが必要不可欠です。



文を読むだけでは悟れない。

「真理を知りたい」「愛を知りたい」そう哲学的な興味を抱く人々が陥りがちな過ちがあります。それは、「本や映画を読めばわかるのではないか」と文学やエンタメなどを漁り続けてしまうことです。今の時代であれば、インターネットの記事を読み漁る、ということもあるでしょう。

それらの中には、真理について、愛について、その断片を語っているものもあるにはあります。しかし、あなたがそれを深く理解するためには、結局、文を読むだけでは足りません。

結局人は、悟りたいものごとに対して、自ら体を投じて、どっぷりと体験をしてみる必要があります。酸いも甘いも経験する覚悟で。


・・・私がこのことに気づいたのもほんの10年ほど前のことで、それまではやはり、本や映画を見漁るような頭でっかちで臆病な人間でした。



愛について、真実の愛について悟りたいなら。

愛について悟りたいですか?

深い深い愛の喜びを知りたいですか?

愛される方法を知りたいですか?

それなら、無難なぬるま湯のような恋愛を繰り返すのではなく、下記のような恋愛をあなた自ら体験してみる必要があります。


・口説かれたものに応じるのではなく、自ら気になった男性を追いかける。

・高嶺の花と感じられるような、無理そうな感じの男性を追いかける。

・口説かせるように仕向けるのではなく、自ら愛の告白をする。

・彼の収入や肩書を気にせず、感性に惚れた男性に恋愛をする。

・誠実で、優しく、安全な男性を選ぶ。

・愛情深い、にこやかな、ポジティブな男性を選ぶ。

・「愛してる」「手をつなごう」「キスして」「セックスしよう」など素直に愛情表現をする。

・彼の住んでいるところまで自ら会いに行く。

・好かれるための努力をする(おしゃれ、美容など)

・彼に尽くす。

・彼を助けたり、金品を工面したりする。

・痛みを背負ってでも彼のためになってみる。

・セックスを思いきり楽しむ。

・セックスであなたを思いきりさらけ出す。

・セックスで彼に献身する。

・わがままを言わないようにがんばる。

・性格の良い女であろうとがんばる。

・会えない寂しさを我慢する。会えない寂しさに絶望を感じないように乗り越える。


これらの「すべて」を体験する必要があります。

1つも体験したことのない女性も多いのではないでしょうか?

愛に興味があるのなら、恋愛に対して真剣に、思いきり、深く飛び込む必要があるのです。それは勇気が要りますし、行動力が要ります。

感情をさらけ出して、素直に思いきり楽しむ必要があります。

愛はまるで、バックパッカー冒険のようです!


なお、男性の場合は少し違います。

「好きだ!セックスしよう!」と性欲をぶつけるようなことはするべきでなく、女性があなたにくっつきたいときにそれを優しく受け入れる、「受容的な愛」が重要です。機が来るまで性欲を我慢することが大切です。

男性の場合、女性にセックスの怖さ・男性の怖さを感じさせないことが大切です。



普通の恋愛を体験するのも悪くはない。

普通の、無難な、皆と同じような恋愛を体験するのも、悪いことではありません。

若いうちに1つ2つは、そういう恋をするのも良いでしょう。

貢がれ尽くされそれに喜び、しかしどこか虚しさを感じると、そのときに人は、「本物はどこだろう?」と強く感じるようになったりするものでしょう。

15歳のうちから真実の愛を求める人もいますが。


普通の無難な恋愛を体験すると、真実の愛を体験したとき、真実の愛のすばらしさがよくわかります。自分が、周りの女性たちよりも圧倒的に幸せなのだとよくわかります。

その比較を理解することも重要です。それもまた、知識だけでは悟れないもので、体験する必要があります。



尽くすことが幸せだと感じるでしょう。

愛について、多くのメディアは、「愛されることが幸せ」とばかり書きます。

しかし、真実の愛の喜びとは、「愛する喜び」です。

その目安としては、「彼に尽くすことが幸せ!」と感じられることです。


これは、あなたが愛情深い人でないと感じられませんし、彼が誠実で素晴らしい男性でないと感じられません。あなたの愛情表現に対して、喜んでくれて、同じように優しくしてくれるような男性でないと感じられません。

「尽くす恋愛は不幸」と言う女性たちは、ダメンズに尽くしてしまっているのです。愛想の悪い男性や嘘つきな男性を愛してしまっているのです。(ルックスやお金に目がくらんでしまったのでしょう)


あなたに献身的な愛情があり、彼が優しくて魅力的な人であるなら、尽くすことに大きな幸せを感じるでしょう。彼に携わっているだけで快感なのです。


愛されることなど期待せずにあなたが全力で愛し、そして彼が素敵な人であるなら、結果的にあなたは深く愛されるでしょう。愛され、献身され、たくさん愛撫され、たくさん官能させてもらえ、「とても尽くされた!」と感じるでしょう。

素晴らしい男性を選ぶなら、与えたものは還ってきます。与えた以上の喜びが、還ってきます。与えた以上の悦びが。彼は、何が何でも還そうとするでしょうから。



「結婚」「恋人」が愛の幸せではないとわかるでしょう。

こうした恋愛を体験したなら、結婚が愛の究極の喜びなどではないことがわかるでしょう。彼の「恋人」の座に座ることが幸せなわけではないことが、わかるでしょう。



クリスタルチルドレンたちは、本当は愛することが得意。

ピンクのソウルカラーを持つ天使系クリスタルチルドレンたちは、本当は「愛すること」が得意です。

日本に生きる天使系クリスタルチルドレンのほとんどは、日本社会の価値観に染められて、尽くされることを期待してばかりですが、彼女たちの魂は生まれてくる前、とても愛情深く、尽くし気質だったのです。素敵な人を素直に追いかけ、抱きしめてもらうことが大好きだったのです。

なにしろ、そのような人がピンクのソウルカラーを持つのです。


また、「オールドソウル」や「ドルフィン」「ソフィア」の女性も同様です。彼女たちは、過去世でピンクのオーラを80点以上にまで達した実績を持ちます。尽くす恋愛が好きな人たちなのです。「真実の愛」を体験したことのある人たちなのです。



少女マンガが好きですか?少女マンガが好きでしたか?

あなたも、真実の愛に憧れているはずです。

最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page