top of page
  • れな

恋愛への罪悪感にさいなまれる。どうすれば解消できる?

21世紀の現代、恋愛観はすっかり多様化しました。

インディゴチルドレンの多くは地球人とは異なる恋愛観をしていますし、クリスタルチルドレンの多くは体質的に膣が濡れやすいため、それも自然なことです。

一途に思い合い添い遂げることを美徳だと考える人がいる反面、複数の異性に興味を抱き、体を交わす人もいるでしょう。

しかし、自分で選んだ自由な恋愛に対して、罪悪感や複雑な感情を抱く人は少なくないようです。

罪悪感は、大きなストレスとなり、それが病気やミス、トラブルにもなって当人を苦しめます。恋愛への罪悪感を解消するにはどうすればよいのでしょうか?



一途でなければならないわけではない。

地球人本来の考え方として、「人は一途でなければならない」と思っている人が多いです。愛した人と早いうちに結婚を交わし、そして死ぬまで相手に忠誠し続けるべきだ、というものです。

今の時代、このような一途で貞淑的な人生を生きる人は少なくなってはいますが、「本当はそうしなければならないのではないか」と思ってはいて、自分の恋愛がそれと食い違うために罪悪感を抱えていたりします。


霊的真理の観念から言って、人は別に、一途である必要はありません。

本来、複数の異性に恋愛感情や性欲、性的興味を抱くのは自然なことで、昔の人間はそのような自由な恋愛を交わしていました。自由なセックスを交わしていました。

人々がセックスに中毒したり、独占欲で争いが起こったりしたために、時の権力者は「一夫一婦制の恋愛をせよ」という法律や道徳を発令したのです。

それは表面的に社会を平和にしましたが、人の心はそれに混乱をしました。混乱をし続けてきました。



しかし、アンモラルな恋愛をしてはいけない。

人は、一途でなければならないわけではありません。

しかし、アンモラルな恋愛をしてはいけないのです。


複数の異性と同時期にセックスを交わすこと自体はかまわないのですが、旦那さんや彼氏を裏切ってセックスをすることは、それはいけないことです。カルマの罪です。


複数恋愛を交わすこと自体はかまわないのですが、実情として、複数恋愛を交わす人のほとんどが、自分のパートナーや恋人の一人を裏切り、だまし、傷つけながら自由恋愛に溺れています。それは罪悪なことなのです。

そのような恋愛をすべきではありません。



混乱するクリスタルチルドレン。

平成世代の日本人のほとんどがクリスタルチルドレンです。

クリスタルチルドレンの女性は、恋愛やセックスにおいて混乱する人が多いでしょう。

「教わったとおりに真面目に生きなければ」と思う反面、膣が濡れやすく、性欲が強いからです。


バブル世代の女性などは浮気性なところがありましたが、性欲が強いだけでなく、誠実であるべきという観念も薄い人たちばかりでした。

しかしクリスタルチルドレンは、バブル世代のように性欲が強いのですが、精神は真面目だったりピュアだったりするのです。彼氏を巧みにだまして浮気をするような狡猾な頭脳を持っていないでしょう。


「浮気はだめだ」「誠実に恋愛をしなければ」と思うのですが、体はセックスの誘惑に負けてしまうのです。男性に誘われたときにふらふらとついていってしまうのです。不誠実に押し倒されても、そのままセックスをしてしまったりします。そのような女性が多いです。


また、複数の男性にトキメキや愛情を感じたりするでしょう。それをどうすればよいかわからなくなります。


クリスタルチルドレンたちは、地球人の恋愛観に従って生きることが向いていないのです。「自由恋愛をすることが自然だ」と体が本能的に知っているからです。


クリスタルチルドレンは、結婚をすることが向いていませんし、「恋人」を作る、ということがそもそも向いていないのです。

「尽くす愛」に目覚めれば目覚めるほど、普通の恋愛が向かなくなっていきます。



複数恋愛をしようとするとき、相手は大抵、不誠実な男性になる。

女性が「私は自分の感情に素直になって複数恋愛をしよう、自由恋愛を生きよう」と思ったとき、複数恋愛の相手となる男性は大抵、不誠実で精神性の低い男性です。

複数恋愛に興味がありそうなあなたに近づいてくる男性は大抵、不誠実で軽薄な男性なのです。モラルがない人なのです。

またはあなた自身が、彼の信頼性や安全性など考えず、「かっこいいから」「セクシーだから」といった快楽的な動機で、男性を選んで近づくでしょう。

そうして不誠実な相手を選んでしまったなら、恋愛がトラブル模様になるのは当然なことです。そしてあなたは、たくさんの迷惑をたくさんの人にかけ、余計に罪悪感に苦しむのです。



複数恋愛の罪悪感は、スピリチュアルでは溶かせない。

複数恋愛に手を出したり、誘われた不倫に応じたりしたことで抱えた罪悪感を、ヒーリング、レメディ、ヒプノセラピー、厄払いなどスピリチュアルなもので解消しようと考える女性は多いです。「罪悪感を溶かす」と謳うセラピーやアイテムはあちこちに見られ、飛びつきたくなるでしょう。

しかし、そのようなスピリチュアルの類で、あなたの罪悪感が解消されることはありません。どのようなヒーリングにもレメディにも、罪悪感を溶かし消すような力はないのです。

「この〇〇には罪悪感を溶かす強大なパワーがあります」と誰かが胸を張って断言しているとしても、それは嘘なのです。

そうしてスピリチュアルジプシーに陥り、散財を深めてしまう女性は多いものです。気を付けてください。



人を傷つけるような恋愛をやめましょう。

罪悪感を解消するには、アンモラルな行動を改める必要があります。

人を傷つけるような自由恋愛は、やめましょう。

不倫をするのはやめましょう。

浮気をするのはやめましょう。

愛してもいないのに、デートをおごってくれるからと男性に体を開くのはやめましょう。



女性にとって、自由恋愛は難しいことを理解してください。

男性が自由恋愛をしたいと思ったとき、恋人を作らずに風俗に行けば、それは簡単に叶います。誰も傷つけることなく、毎月のように複数の美人とセックスを楽しむことが可能です。セックスではなくデートのドキドキが楽しいなら、そういう種類の風俗やサービスを選べば叶います。


しかし、女性にとって、自由恋愛を行うのは難しいです。

自由な恋愛観を持っていつつ、精神性が高くて誠実・安全な男性は少ないからです。

そのような男性は、都合よくあなたの会社にいたりはしません。あなたのクラスにいたりもしません。

自由恋愛を誠実に行える男性は10万人に1人、というようなごく少数で、それはあなたが草の根をかき分けて探すような慎重さが必要です。



実情として、理想の恋愛相手は1人くらいしか見つからないでしょう。

実情として、あなたが自由恋愛をするための理想の恋愛相手は、人生の中で1人くらいしか見つからないでしょう。または一時期に1人くらいしか見つからないでしょう。

「一途な恋愛観に囚われず、自由な恋愛を生きよう」とあなたが決めたとしても、実際のところはあなたが安心して恋愛を楽しめる男性は1人か2人しか見つからない、というふうになるでしょう。一人も出会えないかもしれません。

それくらい、男性探しは難しいです。


かといって、妥協をして出会い系サイトで適当な男性と会っても、あなたはまるで満たされず、傷とトラブルと罪悪感ばかりが増えるでしょう。



誠実な男性を選ぶことが大切です。

あなたが自由恋愛をしたいと願うなら、誠実な男性を選ぶことが何よりも大切です。

快楽的な男性を選ぶのではなく、お酒を気前よくおごってくれそうな男性を選ぶのではなく、「誠実さ」を第一に選ぶことが大切です。

誠実な男性の中から、あなたの好みに合う男性を選んでください。そのような男性は、本当に本当に少ないのです。

あなたにおごってくれる男性は優しいのではなく、あなたとワンナイトラブがしたくてあなたのご機嫌をとっているだけです。



自制心の強い男性を選ぶことが大切です。

あなたはセックスが好きでしょう。そして、性欲を上手くセーブてきなくてトラブルに見舞われることがあるでしょう。

セックスがしたいなら、「あなたよりも自制心の強い男性」を選ぶことが大切です。

「今日はもうえっちは終わりにしようね」とあなたに歯止めをかけてくれるような人です。

「その日はデートよりも仕事を尊重したほうが良いんじゃない?」とあなたに警告してくれるような男性です。


「えっちしようよ!」とあなたをラブホテルに連れ込むような男性は、すべてだめなのです。そのような男性が、受け身なあなたにとって都合が良いかもしれませんが、そのような男性とセックスをしても後悔が増えるだけです。



あなたからアプローチしないと良い恋愛は始まらないです。

「その日はデートよりも仕事を尊重したほうが良いんじゃない?」と女性に警告するような男性は、何にせよ人に迷惑をかけることを嫌い、人を不快にすることを嫌います。

そのような男性は、あまり女性を口説きません。

すると、あなたが「安全で幸福なセックスを楽しみたい」と願ったとき、あなた(女性)のほうからアプローチをするようにならないと、それは実現しないのです。

あなたが男性からのアプローチを待ち続けるなら、幸せなセックスにはならないのです。あなたに言い寄る男性は、誰もかれもが不誠実で、自制心の乏しい人だからです。


こうした理屈がわかりますか?

これはスピリチュアルではなく、ものの道理です。

女性は知性が発達すると、自分から積極的にならなければならないのだと、理解するでしょう。そして、そう生きるようになります。


最新記事

すべて表示

性感帯が敏感な人とそうでない人の差はどうして出るの?

もっと性感帯が敏感になったらいいのに、と願うでしょうか。 アダルトビデオなど垣間見ると、女性器や乳房などがものすごく敏感な女性がいて驚くことがあります。 性感帯の敏感さは、体質ではなく経験の差。 体質だからと諦める必要はありません。 性感帯の敏感さは基本的に、性的快感の経験によって感度が増します。 セックス体験の多いほど性感帯が敏感になりやすいです。しかしセックスの相手がいなくても落ち込む必要はあ

セックスの記事を誠実に書ける人の世代交代が必要です。

時代に合わせて微調整された解説が必要です。 「セックスは、スピリチュアルな視点から見るとどういうものか」ということについてれなはたくさんの記事を書いてきました。 しかしその役割についても、いつかは世代交代が必要です。 より若い人が、より若い人に親しみのある文章で、こうしたことを書けるようにならなくてはいけません。 セックスが好きである 霊的真理について一通りの理解がある 霊感がある セックスが人間

豊胸手術、整形手術はカルマではないが、心の充実も大切です。

美容整形に関心を抱く女性は多いでしょう。 社会がそういう風潮ですから、それは自然な流れと言えます。 豊胸手術、美容整形は、負のカルマではない。 豊胸手術や美容整形で体の形を変えることは、負のカルマにはなりません。 霊的な視点から言って、悪いことなわけではありません。 それ自体に罪悪感を抱く必要はないです。 「親からもらった体にメスを入れるなんて!」と叫ぶ人がいますが、それに影響される必要はありませ

bottom of page